•  
  • メール
最終更新日 2020年11月25日
ページID 029391印刷

【正答・解説掲載】ごみのんクイズに挑戦しよう!(プレゼント応募期間は終了しました)

区報(10月5日号)連動企画で「ごみのんクイズ」を実施しました

 中野区では、10月の3R推進月間・食品ロス削減月間にちなんで、資源とごみの分け方や出し方に関する「ごみのんクイズ」を区報、区ホームページ等で出題しました。

 回答期間が11月13日(金曜日)で終了したので、すべての問題とその正答及び解説を掲載します。
 なお、分別方法については、中野区でのルールを正答としています(自治体により異なる場合があります)。

【プレゼント企画について】
 たくさんのご応募ありがとうございました。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。なお、エコポイント及びプレゼントの発送は12月下旬までに行う予定です。

初級編 問題と正答・解説

第1問

飲料用の「空き缶」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.陶器・ガラス・金属ごみ

B.燃やすごみ

C.びん・缶・ペットボトル

正答

C.びん・缶・ペットボトル

【解説】

大切な資源として回収し、リサイクルします。

飲んだ後は中身を空にして、軽くすすぎ、「びん・缶・ペットボトル集積所」に設置するケースに直接入れましょう。

第2問

「ピザの箱」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.雑がみ

B.燃やすごみ

C.段ボール

正答

B.燃やすごみ

【解説】

ピザの箱など汚れているものは、資源化できません。「燃やすごみ」に出しましょう。

他にも石けんの箱のように、においの付いた紙は、資源化できないのでご注意ください。

第3問

使い終えた「電池」のうち、中野区で拠点回収しているものとして、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.充電式電池

B.乾電池

C.ボタン電池

正答

B.乾電池

【解説】

乾電池は、貴重な資源として有効活用しています。区役所、区民活動センターや学校などにある回収ボックスへ入れてください。

ただし、「電池」の仲間でも充電式やボタン電池などは回収できないのでご注意を。

回収ボックスの設置場所などについて詳しくは、「乾電池の拠点回収」のページをご覧ください。

第4問

使用済みの「マスク」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.雑がみ

B.古布

C.燃やすごみ

正答

C.燃やすごみ

【解説】

マスクを捨てる時は、次のポイントに気をつけて、新型コロナウイルス感染症等の拡大を防ぎましょう。

1.ごみ袋の空気を抜く

2.しっかり封をする

3.ごみ捨て後は石けんを使って手を洗う

第5問

次の「3R(スリーアール)」の中で、最も大切なものは何でしょう。正しいものを一つ選んでください。

A.リデュース(ごみを出さない)

B.リユース(再使用)

C.リサイクル(再生利用)

正答

A.リデュース(ごみを出さない)
【解説】
3Rの優先順位は、「リデュース」「リユース」「リサイクル」の順番です。

まずは、不用なものは家に持ち込まないようにして、ごみを出さないことが大切です。

中級編 問題と正答・解説

第1問

「圧着ハガキ」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.雑がみ

B.燃やすごみ

C.新聞紙

正答

B.燃やすごみ

【解説】

粘着物の付いた紙は、機械に詰まるなど、故障の原因になるため、リサイクルできません。

その他にも、感熱紙、裏カーボン紙・ノーカーボン紙、金紙・銀紙、写真、アイロンプリント紙、防水加工紙、アルミやビニールでコーティングされた紙、汚れた紙、においのついた紙、かばんや靴の詰め物も、リサイクルできないので、「燃やすごみ」に出しましょう。

第2問

「プラスチック製ハンガー」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.プラスチック製容器包装

B.陶器・ガラス・金属ごみ

C.燃やすごみ

正答

C.燃やすごみ

【解説】

「プラスチック製ハンガー」は、容器や包装ではなく、「プラスチック製品」です。

中野区では「燃やすごみ」として分別します。

第3問

「緩衝材(発泡スチロールなど)」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.プラスチック製容器包装

B.陶器・ガラス・金属ごみ

C.燃やすごみ

正答

A.プラスチック製容器包装

【解説】

プラスチック製の「容器(入れ物)」や「包装(包み、袋)」で中身の商品を取り出した(使用した)後に不要になるものは、「プラスチック製容器包装」として回収します。

プラマーク「プラマーク」が目印です。

第4問

「傘」の分別として、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.粗大ごみ

B.陶器・ガラス・金属ごみ

C.燃やすごみ

正答

B.陶器・ガラス・金属ごみ

【解説】

傘は30センチメートルを超えていても、粗大ごみではなく、陶器・ガラス・金属ごみとして出してください。

中野区では、陶器・ガラス・金属類、割れた蛍光管・電球、小型の家電製品(一辺30センチメートル以下)、金属部分が外せないプラスチック製品も「陶器・ガラス・金属ごみ」として収集します。

第5問

中野区で「燃やすごみ」として出されるものの中で一番多いものは何でしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.生ごみ

B.紙類

C.布などの繊維類

正答

A.生ごみ

【解説】

「燃やすごみ」のうち、生ごみは約40%、次いで紙類が約23%を占めています。布などの繊維類は約5%でした。

(2019年度中野区ごみ組成分析調査より)

第6問

2018年度の1年間に、中野区のごみ処理とリサイクルにかかった費用を、区民一人あたりで計算すると、いくらになるでしょう。一番近いものを次の中から一つ選んでください。

A.約1,000円

B.約15,000円

C.約120,000円

正答

B.約15,000円

【解説】

2018年度は、ごみ処理とリサイクルに一人あたり約15,000円、全体では45億円以上の経費がかかりました。

ちなみに、同年度の中野区のごみと資源の排出量を区民一人あたりで計算すると、1日約651グラムに。これを少しでも減らすことができれば、経費の節約につながります。一人ひとりの心がけでごみを減量していきましょう。

(2019年度中野区小学生向け冊子「減らそうごみ」より)

第7問

トイレットペーパー1巻を作るために必要な牛乳パック(1リットル)は何枚でしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.6枚

B.36枚

C.106枚

正答

A.6枚

【解説】

牛乳パックなどの紙パックは、それだけで集めるとより品質の高いリサイクルを行うことができます。

紙パックを集団回収(古紙回収)やリサイクル展示室での拠点回収に出す際は、中身を空にして、軽くすすぎ、切り開いて乾かしたものをお出しください。

スーパーマーケットなどで紙パック単独での回収を行っている場合もありますので、近隣の店舗もご確認ください。

食品ロス編 問題と正答・解説

第1問

日本で発生している食品ロスの年間量を、国民一人1日あたりに換算すると、どれくらいになるでしょう。一番近いものを次の中から一つ選んでください。

A.スプーン1杯分

B.お茶碗1杯分

C.バケツ1杯分

正答

B.お茶碗1杯分(約132グラム)

【解説】

1年間では、一人あたり約48キログラムも捨てていることになります。

ちなみに、金額に換算すると、4人世帯では年間約6万円もの食品を捨てているともいわれています。

もったいない食品ロス、みんなで減らしたいですね。

(農林水産省及び環境省「食品ロス量(平成29年度推計値)」より)

第2問

「消費期限」や「賞味期限」を過ぎた食べ物について、正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.どちらも期限を過ぎたら食べられない

B.「消費期限」を過ぎたら、安全のために食べない方がいい

C.「賞味期限」を過ぎたら、見た目や匂いに問題がなくても食べてはいけない

正答

B.「消費期限」を過ぎたら、安全のために食べない方がいい

【解説】

「賞味期限」は「おいしいめやす」であるため、見た目やにおいでも判断しましょう。

最近では販売者側も、期限間近な食品を値引き販売するなど、食品ロス削減の努力をしています。消費者側も、すぐ使う食品は期限の近いものを買うなど、協力する必要があります。

第3問

中野区の学校給食(小学校・中学校)の食べ残し等で生じる「生ごみ」は、どのように処理されているでしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.処理施設に運んで、肥料化等をしている

B.清掃工場で燃やして、燃やした後の焼却灰はセメント化している

C.海に捨てている

正答

A.処理施設に運んで、肥料化等をしている

【解説】

食品ロスを防ぐため、まずは、好き嫌いをなくすなど食べ残し等の発生を抑制することが重要ですが、第二段階として発生してしまった廃棄物はできる限り再利用し、ごみとなるものを減量していかなければなりません。

学校給食の調理施設も、食品ロスが発生している施設の一つであり、国の定めている食品リサイクル法基本方針において、食品資源循環の再利用等を促進すべきものと位置付けられています。

第4問

「フードドライブ」とは何のことでしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.食べ物を持って、ドライブに行くこと

B.家庭であまっている食材を持ち寄り、調理して、パーティーを開くこと

C.家庭であまっている食材を持ち寄り、福祉団体などに寄付すること

正答

C.家庭であまっている食材を持ち寄り、福祉団体などに寄付すること

【解説】

中野区では、リサイクル展示室と区役所でフードドライブを受け付け、こども食堂等に寄付しています。

ちなみに、「B.家庭であまっている食材を持ち寄り、調理して、パーティーを開くこと」は「サルベージパーティー」の説明です。

第5問

中野区が登録制度を設けている「食品ロス削減協力店」の愛称は何でしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.もったいなかのんパートナーズ

B.ごみのんパートナーズ

C.なかの もったいない ぱくぱくパートナーズ

正答

C.なかの もったいない ぱくぱくパートナーズ

【解説】

現在、100店舗を超えて続々と登録申請を受け付けています。

協力店として登録されたお店は、「食品ロス削減協力店(ぱくぱくパートナーズ)一覧」のページに順次掲載しているので、ぜひご活用ください。

第6問

食品ロス削減についても具体的な目標として記載されている、持続可能なより良い世界を2030年までに目指す国際目標「持続可能な開発目標」の略語は何でしょう。正しいものを次の中から一つ選んでください。

A.SDGs(エスディージーズ)

B.PDCA(ピーディーシーエー)

C.ASAP(エーエスエーピー)

正答

A.SDGs(エスディージーズ)

【解説】

持続可能な開発目標(SDGs)は、貧困や不平等・格差、気候変動などのさまざまな問題を根本的に解決することを目指す、世界共通の17の国際目標で、2015年9月、国連サミットで採択されました。

食品ロスの関連では、「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人あたりの食料の廃棄を半減させる」などが目標になっています。

ちなみに、「B.PDCA(ピーディーシーエー)」は、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のこと。区政運営もこのPDCAの工程を継続的に繰り返すことで、より良い内容へ結び付け、目標の達成を目指しています。

なお、「C.ASAP(エーエスエーピー)」は、英語「as soon as possible」の省略語で「できるだけ早く」という意味です。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 ごみゼロ推進課 ごみ減量推進係

中野区松が丘一丁目6番3号 リサイクル展示室内

電話番号 03-3228-5563
ファクス番号 03-3228-5634
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート