•  
  • メール
最終更新日 2018年11月28日
ページID 025907印刷

ごみはどこに行くのかな(その一)

中野区で出たごみがどこに行くのか、きみは知っているかな?

じつは、中野区にはごみのせいそう工場がないんだ。
中野区で出たごみは、おとなりの練馬区(ねりまく)や杉並区(すぎなみく)などのせいそう工場でかたづけられているんだよ。

じゃあ、ほかの区にはせいそう工場があるのに、どうして中野区にはないんだろう?

ごみのん画像1

中野区にせいそう工場がない理由

1990年代の終わりごろ。
東京都(とうきょうと)と東京二十三区の話し合いで、
「しょうらいはすべての区にせいそう工場を作ろう」
ということが決められていたんだ。

中野区でも、今の「中野四季の森公園(なかのしきのもりこうえん)」がある場所に、せいそう工場を作る計画をしていたんだよ。

ところが、時間がたつにつれて、それぞれの区で出されるごみの量がだんだん少なくなってきたんだ。
そして2003年には23の区が協力すれば、今ある工場だけでごみを十分かたづけられることがわかったんだ。

このときに新しいせいそう工場を作らないことが決まったから、中野区にはせいそう工場がないんだよ。

ごみのん画像1

中野区の取り組み

せいそう工場を作る計画は中止になったけれど、工場がない中野区も東京二十三区のせいそうの仕事の中で、なにかの役割をする必要があるよね。
工場がある区だけが大変になってしまうことがないように、ごみを出さない工夫をしなくちゃいけないんだ。

中野区ではごみをへらすために、

  • びん、かん、ペットボトル
  • 古紙、古着、古ぬの
  • プラスチックせいようきほうそう

など、しげんのかいしゅうに取り組んでいるよ。

中野区のごみやしげんのゆくえ

中野区で出たごみが、中野区の外に運ばれているお話しはさっきしたとおりだね。
それじゃあ、中野区で集めたごみやしげんはその後どうなるんだろう?

中野区では、ごみやしげんをそれぞれの種類に合わせた方法でかたづけているんだ。
おうちの近くのかいしゅう場所に出したごみやしげんがどうなるのか、下の表でしょうかいするね。

しげんの流れ(その一)

もやすごみ

もやすごみ

せいそう工場

もやして灰にするよ

清掃工場

セメントスラグという

建物を建てるときの材料

になるよ

一部はうめたてしょぶん場

うめたてるよ

最終処分場

とうき

ガラス

きんぞくごみ

陶器・ガラス・金属ごみ

ふねんごみしょりしせつ

くだいて小さくするよ

不燃ごみ処理センター

うめたてしょぶん場

うめたてるよ

最終処分場

一部はしげんとして

もう一度使うよ

一部はリサイクル工場に運ぶよ

リサイクル工場

しげんとして

もう一度使うよ

そだいごみ

粗大ごみ

はさいしょりしせつ

くだいて小さくするよ

粗大ごみ破砕処理センター

もえるものは

せいそう工場

もやして灰にするよ

清掃工場

きんぞくが多いものは

きんぞくを取り出して

しげんとして

もう一度使うよ

一部はうめたてしょぶん場

うめたてるよ

最終処分場

まだ使えるものの一部は

リサイクル展示室(りさいくるてんじしつ)

ほしい人にちゅうせんでプレゼントしているよ

粗大ごみ

しげんの流れ(その二)

古紙

古新聞など

 →

古紙の問屋に運ぶよ

古紙問屋

せいし工場

もう一度になるよ

トイレットペーパー

紙パック

紙パック

古着古ぬの

古着・ふるぬの

古着・古ぬのの問屋に運ぶよ

古紙問屋

海外古着・古ぬのとして

使われるよ

 古着・ふるぬの 

一部はウエスという

工業用のぞうきんになるよ

びん

 びん

リサイクル工場に運ぶよ

リサイクル工場

中をあらって

びんとしてもう一度使うよ

びん

小さくくだいて

新しいガラスせいひんの材料

になるよ

かん

 新しい缶

リサイクル工場に運ぶよ

リサイクル工場

新しいかんの材料

新しい鉄せいひんになるよ

 新しい缶

ペットボトル

ペットボトル

リサイクル工場に運ぶよ

リサイクル工場

新しいプラスチックの材料

服などのせんいになるよ

プラスチックせい

ようきほうそう

プラスチックようきほうそう

リサイクル工場に運ぶよ

リサイクル工場

新しいプラスチックの材料

になるよ

 

おうちの近くのかいしゅう場所に出したごみやしげんがどうなるのか、わかったかな?

次は、中野区で行っているしげんのきょてんかいしゅうのお話をするよ!
はたを持ったごみのんの絵か、下線のついた文字をクリックしてね。

ごみのん画像4
次のページへ

きっずぺーじトップにもどる

このページについてのお問い合わせ先

環境部 ごみゼロ推進課 ごみ減量推進係

中野区松が丘一丁目6番3号 リサイクル展示室内

電話番号 03-3228-5563
ファクス番号 03-3228-5634
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート