•  
  • メール
最終更新日 2018年9月20日
ページID 026014印刷

平成30年度 なかのみどりの貢献賞 審査結果

中野区では、毎年「なかのみどりの貢献賞」を実施しています。 花や緑を大切に育て、街の景観づくりや緑化の推進に貢献している個人や団体を、活動内容により部門に分け、表彰しています。

平成30年5月7日から6月19日まで募集を行った、平成30年度「なかのみどりの貢献賞」では、 厳正な審査の結果、各部門の受賞者が決定しました。おめでとうございます。

各部門の受賞者

平成30年度「なかのみどりの貢献賞」を受賞された方は、下記の通りです。

緑の保護育成活動部門 貢献賞

赤平 千春 様

赤平千春様1
一年中色鮮やかな玄関脇
赤平千春様2
ブルーベリーも収穫できるそう

 

審査員講評 

広々とした敷地全体にバランスよく緑が配置された、他の見本となる理想的な庭園でした。デザインのコンセプトが明確な点も印象的でした。何よりも、行き届いた手入れにより、美しい空間が維持されていました。

学校法人 織田学園 様

学校法人織田学園様1
可愛らしい植栽とテラコッタの鉢
学校法人織田学園様2
ハーブ類を用いた「エディブルガーデン」

 

 

 

 

 

 

審査員講評 

校舎ごと異なるコンセプトで植栽された花壇が道路際に続き、生徒だけでなく、通行人の目も心も楽しめる空間になっていました。また植物の選び方や組み合わせ方、配置の仕方は、他の模範となるものでした。例えば、花壇の中に大きな鉢を入れ、高低差を設けるなど、配置に工夫がみられました。

鈴木 孝雄 様

鈴木孝雄様2
部屋の中からの眺め
鈴木孝雄様1
12年間継続されています

審査員講評

熱意と愛着が感じられるゴーヤの壁面緑化は地域の見本となっており、近くの小学校の壁面緑化にもその成果が活かされています。自宅を含め、地域を活動拠点としていることは素晴らしいと思います。長い間、ご苦労さまです。余力がありましたら、ゴーヤ以外にも是非挑戦してみてください。

緑の保護育成活動部門 奨励賞

草間 福治 様

草間福治様2
エントランスの多種多様な植物
草間福治様1
手づくりのお風呂と屋上緑化

審査員講評

植物の種類が豊富なだけでなく、盆栽なども取り入れ、緑を楽しんでいる様子や草花への愛着がよく伝わってきました。周囲も綺麗に清掃し、防火にも配慮されるなど、近隣への心遣いも伺えました。
さらに、「見せる緑」を意識して工夫されるとよいかと感じました。

子ども緑化活動部門 貢献賞

 環境井戸端会議 様 ( 西中野小学校における壁面緑化の設置・管理指導 )

環境井戸端会議様1
苗床づくりから指導
環境井戸端会議様2
秋、枯れた葉の処理を行う生徒たち

審査員講評

壁面緑化のモデル校として、地域のサポートも受け校舎(2面)の壁面緑化をしていました。子どもたちはこの活動に積極的に参加しており、喜んで水を与えている姿などを見ると、教育上の効果という点で多大な貢献をしていることが確認できました。みどりの大切さ、楽しさを学んでもらうことは、環境学習の点で有効な取組みであり、次世代に繋がる活動と評価できます。

地域緑化活動部門 貢献賞

第四中学校区に在住の区民有志 様 ( 第四中学校外周の花壇における植栽・管理活動 )

第四中学区在住の区民有志様1
色彩見事な春の花壇
第四中学区在住の区民有志様2
採種や株分けにより花を増やします










審査員講評 

季節ごとに様々な花を植えており、通行人の目を楽しませています。今花屋では売られていないオシロイバナやホウセンカも植えられ、学校教材にもなる植物として活用できる点も評価できます。自分たちの取組みをアピールすることなく、黙々と世話をされていた情熱がきちんと息づいていると感じられました。

地域緑化活動部門 奨励賞

白鷺町会防犯パトロール隊 様 ( 白鷺ふれあい公園内花壇の植栽・管理活動 ) 

白鷺町会防犯パトロール隊様1
白鷺町会防犯部を中心に多くの人が係わる
白鷺町会防犯パトロール隊様2
ベコニアとマリーゴールドの植え付け

 

 

 

 

 


 

審査員講評

スペースはそれほど広くありませんが、長きにわたり、地道に世話を継続されていることは素晴らしいと思います。すっきりしていてよかったですが、花壇としては少し地味な点も感じられるので、その点を工夫されるとよいかと思います。防犯活動の一環として緑化に取り組まれる貴重な事例として、今後も是非継続されることを願っています。

東日本大震災のひまわりを中野で咲かす会 様 ( 大和区民活動センター内花壇の植栽・管理活動 ) 

東中野大震災のひまわりを中野で咲かす会様1
宮古市の種を育てる
東中野大震災のひまわりを中野で咲かす会様2
約500本のチューリップ

 

 

 

 

 

 

 

 

審査員講評

ひまわりを育てる背景としての、震災への思いが形となり、震災復興に協力する気持ちが伝わってきました。またとてもきれいに植栽されており、ひまわりを植えようとしている方には参考になる花壇でした。道路拡幅により、この場所での継続は残念ながらできないとのことですが、他の場所で、是非活動を続けていただきたいと思います。

緑化貢献企業等部門 貢献賞

学校法人 実践学園  様 (校舎の屋上庭園における植栽、管理及び各種理科教育)

学校法人実践学園様2
「実践の森」のビオトープ
学校法人実践学園様1
野菜、果樹、水田のある「実践農園」

審査員講評

武蔵野の森を再現し、ビオトープの水は雨水を循環させるなど環境への配慮も行き届き、生態系の考え方も大変優れていました。農園は生徒の環境学習の場として積極的に活用されており、地球温暖化対策、学生への教育の視点、様々な視点でよく考えられた素晴らしい取組みでした。もし可能でしたら、区民への公開の機会についてのご検討をお願いいたします。

 

※今年度は、緑化活動サポート部門の該当者はいませんでした。

表彰式・活動内容の展示

「中野区花と緑の祭典2018秋」会場内で、「なかのみどりの貢献賞」の表彰式を行います。また祭典の期間中、受賞された方の活動内容に関する展示を行います。
「中野区花と緑の祭典2018秋」についてはこちら ≪中野区花と緑の祭典2018秋≫を開催します(第42回全国育樹祭記念行事)

 表彰式

【日時】平成30年10月20日(土曜日)午前10時半~
【場所】中野四季の森公園管理棟(B教室)

展示

【日時】平成30年10月20日(土曜日)  正午 から午後4時まで
    平成30年10月21日(日曜日)午前10時から午後3時まで
【場所】花と緑の祭典会場内西側 区民交流コーナー(Cテント)

開催日カレンダー

開催日情報をカレンダー形式で掲載しています。カレンダーの終了位置へ
  開催日
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

このページについてのお問い合わせ先

環境部 地球温暖化対策分野 緑化推進担当

区役所8階 8-12番窓口

電話番号 03-3228-5554
ファクス番号 03-3228-5673
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート