•  
  • メール
最終更新日 2016年6月1日
ページID 001277印刷

区はアスベスト対策に取り組んでいます

区は、区民のみなさんの安全と健康を守るため、平成17(2005)年9月27日「中野区のアスベスト対策に係る基本方針に基づく取り組み」を策定しました。
これに基づき、アスベストに関する相談窓口や情報提供の体制を整備し、区有施設や民間建築物のアスベスト対策に取り組んでいます。

  1. アスベストに係る相談、情報提供体制の整備 
  2. 区有施設のアスベスト対策の推進
  3. 準公共施設のアスベスト対策の推進
  4. 民間建築物のアスベスト対策の指導強化

1 アスベストに係る相談、情報提供体制の整備

アスベスト相談等窓口の整備

区は、アスベストに関するみなさんの疑問や不安を解消するため、相談窓口を開設し、相談の受け付けや情報の提供を行っています。
アスベスト相談窓口

アスベストQ&Aの作成・公表

よくある質問や疑問を冊子「アスベストQ&A」にまとめました。冊子は地域センターや各相談窓口でご覧になれます。
また、区ホームページにも冊子と同じ内容の「アスベストよくある質問」を掲載しています。
アスベスト よくある質問(目次)

2 区有施設のアスベスト対策の推進

区は、今回の取り組みに先立ち、昨年度「既存区有施設等のアスベスト対策について」を策定し、区有施設などのアスベスト対策に取り組んできました。
アスベストの健康に及ぼす影響が問題となり始めた、昭和56(1981)年度以前に建築したすべての区有施設については、アスベスト吹き付け材の使用実態調査を、昨年度すでに終了しています。
今回、アスベストによる健康被害が大きな社会問題となったことをふまえ、改めて対策の見直しを行いました。
この結果、当初の区有施設の改修計画を前倒して実施することとしました。

アスベスト改修計画の早期実施

昭和56(1981)年度以前に建築した区有施設150施設について行ったアスベスト吹き付け材の使用実態調査の結果、現段階では10の施設で改修等の対応が必要とされています。この施設のアスベスト除去などの対策は、平成18年度中に実施します。

昭和57年度以降に建築された区有施設の実態把握等

比較的安全と思われる昭和57(1982)年度以降に建築した区有施設についても、平成18年度中にアスベストの使用実態を把握し、すみやかに対応します。

アスベスト使用施設の管理の徹底

既にアスベストの封じ込めなどを行った施設については、当該施設の管理者等に対して、その使用実態や残存アスベストの管理上の留意点について、周知徹底を図ります。

3 準公共施設のアスベスト対策の推進

私立の幼稚園、保育園、学校、福祉施設、病院等の準公共施設に対して、区は国や東京都の対応をふまえ、次のような取り組みを進めます。

公共施設のアスベストの使用状況等の情報収集

アスベストの使用状況やアスベスト対策の実施状況の情報を収集し、把握します。

準公共施設に対するアスベスト対策の働きかけ等

  1. 「既存区有施設等のアスベスト対策について」に準じて、または、国や東京都の方針等に基づいて、適切にアスベスト対策を推進するよう働きかけます。
  2. アスベスト対策にかかる情報の提供や研修会の開催など、技術的支援を行います。

4 民間建築物のアスベスト対策の指導強化

区は一般の民間建築物について、アスベストの安全化対策を進め、すべての建物について、解体時に届け出を求めるなど、指導を強化します。

吹き付けアスベストの使用実態把握と指導等

区は、昭和31年頃~平成元年に施工された民間の鉄骨造建築物については、露出吹き付けアスベストの使用実態の把握と指導などを、次のように行います。

  1. 500平方メートル以上の鉄骨造建築物の所有者または管理者に対して、建築物の露出吹き付けのアスベスト使用の調査・確認を求めます。
    調査の結果、吹き付けアスベストを使用し、飛散のおそれがあるものについて、除去、封じ込めの措置を取るよう指導します。
  2. 100平方メートル以上500平方メートル未満の鉄骨造建築物所有者または管理者に対して、建築物の露出吹き付けアスベストの使用の確認及びアスベストの飛散防止対策について平成18年1月から周知徹底を図ります。

建築物解体時のアスベスト対策の指導強化

民間建築物の解体にともなう指導は、次のように行います。

  1. 大気汚染防止法、東京都環境確保条例に基づく解体工事にともなう、アスベスト対策の指導の強化・徹底を図ります。
  2. すべての建築物の解体工事について、工事の届け出を求めます。吹き付けアスベスト含有建築物の解体工事にあっては、アスベスト除去工事計画の提出を求め、法令に定める作業上のじゅん守事項に準じた施工などの指導を行います。

【追記】平成18年4月1日に大気汚染防止法が改正され、特定粉じん排出等作業実施届について規模要件が無くなったことから、アスベスト除去工事にともなう要綱における届け出に関する条項は削除されました。現在の関係要綱については、下記のリンク先のページをご覧ください。 
中野区の要綱に基づく解体工事などのアスベスト飛散防止対策について 

このページについてのお問い合わせ先

環境部 環境課 環境公害係

区役所8階 8-11番窓口

電話番号 03-3228-5799
ファクス番号 03-3228-5673
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート