•  
  • メール
最終更新日 2022年7月26日
ページID 001691印刷

夏風邪に気をつけましょう

新型コロナ感染者が急増しています いろいろな場面での感染防止対策 

 夏風邪は発熱、のどの痛み、鼻水のほかに下痢や発疹など症状はさまざま。
 夏風邪の原因のほとんどはウイルスによるもので、私たちの体力(免疫力)が落ちたときに体内に侵入します。ウイルスの型によってはときに「髄膜炎」を引き起こすこともあります。

 髄膜炎は、とくに抵抗力の少ない子どもや高齢者に多く見られ、症状が重い場合には、意識がなくなったり、けいれんを起こしたりし、入院が必要になります。発熱、頭痛、おう吐の症状があるときは髄膜炎の可能性がありますので、早めに医療機関で受診することが必要です。

 夏風邪の原因のほとんどはウイルスであるため、抗生物質は治療の効果がありません。細菌による合併症の可能性がある場合などを除き、不必要な抗生物質の使用は耐性菌を作る原因にもなります。抗生物質の使用については医師とよく相談しましょう。

 夏風邪の原因となる主なウイルスには、現在流行している新型コロナウイルスだけでなく、コクサッキー、エコーなどのエンテロウイルスエンテロウイルスの電子顕微鏡写真やアデノウイルスアデノウイルスの電子顕微鏡写真などがあります。エンテロウイルスは手足口病ヘルパンギーナを、アデノウイルスは咽頭結膜熱(プール熱)をおこします。夏、子どもはこれらによくかかります。

 夏の暑さのため食欲がなくなる、汗をたくさんかくなど、体力を落とす原因がいろいろあります。エアコンのかけすぎ、冷たいもののとりすぎ、寝冷えなどに注意し、睡眠を十分にとりましょう。また感染を防ぐため手洗い、うがいも大事です。
 また風邪を引いたら体力が決め手となりますので、安静にして栄養と水分をとり体力をつけましょう。

 「たかが風邪」とあまく見ないで、夏風邪に注意して、健康な夏を過ごしましょう。

お問合せ先

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防課 結核・感染症予防係

中野区保健所2階5番窓口

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート