•  
  • メール
最終更新日 2021年11月30日
ページID 031658印刷

新高額障害福祉サービス等給付費のご案内

新高額障害福祉サービス等給付費について

 65歳になるまでに5年以上、特定の障害福祉サービスを利用していた方で、下記の要件に全て該当する場合には、介護保険に移行した後の自己負担額が新高額障害福祉サービス等給付費として償還(支給)されます。

対象者要件

 支給対象になるには、以下の要件を全て満たす必要があります。

対象者要件
1

 65歳になる前5年間継続して、特定の障害福祉サービス(居宅介護、重度訪問介護、生活介護、短期入所 )の支給決定を受けていたこと。

2

 介護保険移行後に、1に相当する特定の介護保険サービス(訪問介護、通所介護、短期入所生活介護、地域密着型通所介護、小規模多機能型居宅介護 )を利用すること。

3

 65歳に達する日の前日の属する年度(65歳に達する日の前日が4月から6月までの場合は前年度 )において、本人及び同一世帯に属する配偶者が「特別区民税非課税」または「生活保護」に該当していたこと。

4

 65歳に到達した後、特定の介護保険サービスを利用した月が属する年度(当該サービスを利用した月が4月から6月までの場合は、前年度 )に、本人及び同一世帯に属する配偶者が「特別区民税非課税」または「生活保護」に該当していること。

5  65歳に達する日の前日において、障害支援区分が区分2以上であったこと。
6  40歳から65歳になるまでの間に特定疾病により介護保険サービスを利用していないこと。

 

手続きについて

 対象となる方にはご案内と支給申請書類が区から送付されます。申請の際には以下の書類の提出が必要となります。

提出書類
提出書類 備考
(1) 支給申請書(ワード97-2003形式:26KB)

・電話番号を居住地欄に記入してください。

・申請者提出者欄の記入をしてください。

(2) 債権者登録兼口座振替依頼書

・申請者名義の口座を記入してください。

・朱肉を使う印鑑で押印してください。

 スタンプ印(シャチハタ印など)は使用できません。

支給に関する注意点

(1)支給の対象となるのは、介護保険サービスでの自己負担額です。自費サービス利用料は含まれません。

(2)介護保険サービスの自己負担額は、「高額介護(予防)サービス費」「高額医療合算介護サービス費」適用後の金額です。適用後の金額が確定するまでに、自己負担額を支払ってから2年ほどかかる場合があります。適用の有無は、8月から翌年7月を単位として計算されます。そのため、新高額障害福祉サービス等給付費の支給は、8月から翌年7月分までの利用分をまとめて支給することになります。

(3)指定された口座に支給する際に、支給決定通知書を送付します。口座への入金までに1か月ほどかかる場合があります。

関連ファイル

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 障害福祉課 認定給付係

区役所1階 23番窓口

電話番号 03-3228-8916
ファクス番号 03-3228-5660
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート