•  
  • メール
最終更新日 2020年12月24日
ページID 029548印刷

井端弘和さん出演のトークショーイベントを区公式YouTubeでご覧になれます

開催報告

12月19日土曜日、中野区立総合体育館で「ONE NAKANO BASEBALL MEETING」を開催し、YouTubeの中野区公式チャンネルでライブ配信しました。
中日ドラゴンズなどで活躍し、現在はコーチ業の傍ら野球評論家として活躍している井端弘和さんと、「神スイング」でおなじみのタレント・稲村亜美さんをゲストに、井端さんの堀越高校時代の話や2013年WBC(ワールドベースボールクラシック)の台湾戦で同点タイムリーを打った時の心境などを聞くことができました。
また、井端さんはいずれは高校野球の監督をやりたいとのことで、「堀越高校の監督になったら、中野区民になろうと思っています」という嬉しいコメントもありました。

写真1
(トークショーの様子)
写真2
(スイングする井端さん)
写真3
(稲村さんの神スイング)

動画視聴

今回のイベントは、以下の中野区公式YouTubeチャンネルで視聴できます。
視聴可能期間は2021年3月31日までです。ぜひご覧ください。

視聴はこちらから(新しいウィンドウで開きます。)

チラシ

チラシ
 (クリックで拡大表示

ゲストプロフィール

井端弘和さん

井端弘和氏写真
(井端弘和さん)

生まれ:1975年5月12日
出身地:神奈川県
経歴:堀越高校(中野区)ー亜細亜大ー中日(1998年から2013年)ー巨人(2014年から2015年)
通算成績:1896試合出場 1912安打 ベストナイン5回 ゴールデングラブ賞7回
1997年にドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。鉄壁の守備力と巧打は中日黄金時代の象徴的存在だった。2013年のWBC東京ラウンドの台湾戦では9回2死から日本を救う同点打を放つなど、抜群の勝負強さを発揮。東京ラウンドのMVPを受賞するとともに指名打者としてWBCベストナインにも輝いた。2014年に読売ジャイアンツに移籍後もユーティリティぶりを発揮。2015年に現役を引退後、その卓越した野球理論から、2017年9月には侍ジャパンの内野守備走塁コーチにも就任。現在はコーチ業の傍ら、野球評論家としても活躍中。

稲村亜美さん

稲村亜美氏写真
(稲村亜美さん)

生まれ:1996年1月13日
出身地:東京都
小・中学校の9年間野球に打ち込む。
某自動車メーカーのwebCMで披露した豪快なバッティングが“神スイング”として話題になる。
現在、バラエティ、スポーツ番組、CM出演など幅広く活躍中。

古田優児さん(MC)

古田優児氏写真
(古田優児さん)

生まれ:1974年10月5日
出身地:広島県
東北楽天ゴールデンイーグルスのスタジアムDJを球団創設から8年間務める。
現在はナレーター・声優として活躍中。
 

関連ファイル

  • チラシ(PDF形式 425キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

開催日カレンダー

開催日情報をカレンダー形式で掲載しています。カレンダーの終了位置へ
  開催日
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 スポーツ振興課 オリンピック・パラリンピック推進係

中野区中野四丁目8番1号 6階3番窓口

電話番号 03-3228-8988
ファクス番号 03-3228-5626
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート