•  
  • メール
最終更新日 2020年6月1日
ページID 028980印刷

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期予防接種の期間延長について

 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、接種のための受診による新型コロナウイルス感染症への罹患のリスクが、予防接種を延期することによるリスクよりも高いと考えられる場合等の理由で、定期予防接種(インフルエンザを除く)を対象期間内に実施できない時は、接種期限の延長が認められる場合があります。期限延長となった場合、対象期間を過ぎても定期予防接種として公費助成により実施することができます。

なお、すでに自己負担にて接種した予防接種については対象となりませんので、ご了承ください。

 

対象となる予防接種

1.子どもの定期予防接種

定期予防接種は、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を防止する観点から非常に重要であり、感染しやすい年齢を考慮して感染症ごとに接種年齢を定めて実施していますので、基本的には引き続き既定の予防接種スケジュールに沿って実施してください。

ただし、やむを得ず規定の接種時期を延期して予防接種を行う場合は、期限延長の対象となります。

 

【実施方法】

(1)予防接種の延期につきましては、かかりつけ医ともご相談のうえ、ご検討ください。

(延長可能と考えられる場合は医療機関から保健所へ連絡があります。)

(2)接種可能となりましたら、すみやかに予防接種予診票を医療機関へお持ちのうえ、接種を受けてください。

 

※予防接種によっては以下の年齢制限があります。

〇Hib(ヒブ)・・・10歳未満

〇小児用肺炎球菌・・・6歳未満

〇四種混合・・・15歳未満

〇BCG・・・4歳未満

 

2.高齢者肺炎球菌予防接種

令和元年度対象者が期限延長の対象となります。

(過去に23価肺炎球菌ワクチンを受けたことがある方は、費用助成の対象になりません。)

 

 

【実施方法】

(1)接種につきましては、かかりつけ医ともご相談のうえ、ご検討ください。

(延長可能と考えられる場合は医療機関から保健所へ連絡があります。)

(2)区内の指定医療機関に事前に連絡し、接種日やワクチンの在庫状況などをご確認のうえ、「2019年度高齢者肺炎球菌予防接種予診票」をお持ちください。

※予防接種予診票がお手元にない方で接種をご希望される場合は、中野区保健所保健予防課までご連絡ください。

 

令和元年度対象者早見表

令和元年度に迎えた年齢生年月日

65歳 昭和29年4⽉2⽇生〜昭和30年4⽉1⽇生の方

70歳 昭和24年4⽉2⽇生〜昭和25年4⽉1⽇生の方

75歳 昭和19年4⽉2⽇生〜昭和20年4⽉1⽇生の方

80歳 昭和14年4⽉2⽇生〜昭和15年4⽉1⽇生の方

85歳 昭和9年4⽉2⽇生〜昭和10年4⽉1⽇生の方

90歳 昭和4年4⽉2⽇生〜昭和5年4⽉1⽇生の方

95歳 大正13年4⽉2⽇生〜大正14年4⽉1⽇生の方

100歳 大正8年4⽉2⽇生〜大正9年4⽉1⽇生の方

101歳以上 大正8年4⽉1⽇以前の生まれの方 

関連情報

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防課 

〒164-0001 東京都中野区中野二丁目17番4号

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート