•  
  • メール
最終更新日 2018年3月5日
ページID 024711印刷

たばこ・アルコール

たばこ

たばこを吸う人は、吸わない人と比べてがんになるリスクが約1.5倍高まることがわかっています。日本の研究では、 がんになった人のうち、男性で30%、女性で5%はたばこが原因であると考えられています。さらに、がんによる死亡のうち、男性で34%、女性で6%はたばこが原因であると考えられています。がんを予防するためには、たばこを吸わないことが最も効果的です。
また、たばこを吸うことは、心疾患、呼吸器疾患、糖尿病などさまざまな生活習慣病のリスクになるほか、周りの人にも健康の悪影響を与える可能性があります。

中野区では、たばこによる健康影響の防止を図るため、禁煙希望者の支援や禁煙キャンペーンに取り組んでいます。禁煙を希望する方は禁煙支援プログラムをご覧ください。

喫煙による健康への影響は以下のページをクリックしてご覧ください。

国立がん研究センターがん情報サービス「たばことがん まず、知っておきたいこと」(新しいウィンドウで開きます。)

e-ヘルスネット「喫煙の健康影響(概要)」(新しいウィンドウで開きます。)

厚生労働省「健康日本21(たばこ)」(新しいウィンドウで開きます。)

とうきょう健康ステーション「喫煙」(新しいウィンドウで開きます。)

アルコール

アルコールには少量なら気持ちをリラックスさせる作用があります。
しかし、過度な飲酒が続くと肝障害、糖尿病、心疾患、高血圧、がんなどの発症につながることがあります。適量飲酒を心がけましょう。

e-ヘルスネット「アルコールと癌」(新しいウィンドウで開きます。)

アルコールの発がん性について説明しています。

とうきょう健康ステーション「飲酒」(新しいウィンドウで開きます。)

飲酒による健康への影響や、適切な飲酒量に関する情報が掲載されています。

厚生労働省「アルコール健康障害対策」(新しいウィンドウで開きます。)

アルコール健康障害対策基本法や、アルコール健康障害に関する相談機関等が紹介されています。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健企画課 保健企画係

東京都中野区中野二丁目17番4号

電話番号 03-3382-2428
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート