•  
  • メール
最終更新日 2021年9月1日
ページID 031200印刷

白鷺保育園 教育・保育活動紹介「皮の中からトウモロコシがでてきたよ!」

 保育園では、子どもたちが様々な教育・保育活動を通して、健やかに成長しています。こちらは、8月の子どもたちの活動の紹介です。

「皮の中からトウモロコシがでてきたよ!」

 給食で食べるトウモロコシの皮を白鷺保育園の年長クラスがむきました。1枚1枚皮をむいていくと「あっ。実がでてきた。」「糸みたいなひげがある。」と喜んでいました。栄養士より「このひげは1つ1つトウモロコシの実につながっているよ。」との話を聞くと「へえ。じゃあ、このひげくらい実があるんだね。」と友だち同士で話しています。すっかり皮がむけ、最後に軸を折るには力が必要です。でもそこは一番大きな年長さん。腕に力をこめて折ると「ポキン」と音がして、「できた。いい音だね」と喜んでいました。
 テーブルや床に落ちたトウモロコシの皮やひげも皆で協力してお片付け。ゴミ拾いの後は床を雑巾がけしてぴかぴかにしました。
 昼食にトウモロコシが出てくると「今日むいたのだね。」「甘くておいしい。」と言っていました。自分でむいた味はまた格別のようです。

白鷺2
「皮むきって楽しいね。」 
「ひげもきれいにむこう。」
白鷺1

「あっ!実がでてきたよ。」

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 保育園・幼稚園課 運営支援係

区役所3階 15番窓口

電話番号 03-3228-8940
ファクス番号 03-3228-5667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート