•  
  • メール
最終更新日 2020年6月9日
ページID 029011印刷

中野保育園 教育・保育活動紹介「新型コロナウイルスってなあに」

 保育園では、子どもたちが様々な教育・保育活動を通して、健やかに成長しています。こちらは、5月の子どもたちの活動の紹介です。

「新型コロナウイルスってなあに」

 これまで経験したことのない非常事態。世の中のただならぬ雰囲気を感じて戸惑っている子どもたちに、新型コロナウイルスとどのように向き合っていけば良いのか、正しい知識を教えなければなりません。
中野保育園では、新型コロナウイルスはどんな病気なのか、どのように感染するのか、どうすれば予防できるのか。
伝えるべきポイントを整理して絞り、子どもたちへのメッセージとして心を込めて作った紙芝居が「新型コロナウイルスってなあに?」です。
恐怖心ばかりを植えつけないように絵の具を淡い色合いでやわらげ、感染の恐怖はきちんと伝える内容にしました。
この紙芝居を子どもたちに読み、健康教育を行ことによって、新しい生活の仕方を理解し、パーテーションの利用やマスクの扱い方など、すんなりと実行できている子どもたちです。
今後も保育の工夫に取り組んで行きたいと思います。

            

紙芝居を読む
子どもたちに聞かれて
困っていませんか?
下のURLをクリック
してください

                    

https://www.youtube.com/watch?v=C49ig4Qi2fQ(新しいウィンドウで開きます。)                                                                                                                                                                                                         

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 保育園・幼稚園課 

〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8833
ファクス番号 03-3228-5667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート