•  
  • メール
最終更新日 2020年7月15日
ページID 029151印刷

同居児童の届出(同居児童に関する届出書・同居児童の解消に関する届出書)

児童福祉法第30条第1項に基づき、同居を始めた日から3か月以内(乳児については1か月以内)に、市区町村長を経て都道府県知事に届け出る必要があります。
届出を行う方は、事前に子ども家庭支援センター分室(電話番号03-3228-7867)へご連絡ください(郵送での受付はできません)。

届出対象者

四親等内の児童以外の児童を、その親権を行う者または未成年後見人から離して、自己の家庭に3か月(乳児については1か月)を超えて同居させる意思をもって同居させた者または継続して2か月(乳児については、20日以上)同居させた者

届出期間

同居を始めた日から3か月以内(乳児については、1か月以内)

届出人

児童を同居させているもの

届出に必要なもの

・印鑑(届出人のもの)
・住民票(世帯全員、続き柄が記載のもの)
・本人確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)

同居児童の解消に関する届出

上記の届出をした者が、その同居をやめたときは、同居をやめた日から一月以内に、市区町村長を経て、都道府県知事に届け出る必要があります。

様式

提出書類に関しては、下記関連ファイルからダウンロードできます。

関連ファイル

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子育て支援課 子ども家庭相談係

中野区新井一丁目9番1号(旧中野区商工会館の1階)

電話番号 03-3228-7867
ファクス番号 03-3228-7870
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート