•  
  • メール
最終更新日 2021年2月17日
ページID 028485印刷

確定申告・住民税の申告期限の延長に伴う令和3年度後期高齢者医療保険料等への影響について(お知らせ)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、所得税の確定申告の期限及び住民税の申告期限について令和3年4月15日(木曜日)まで延長となりました。その影響により住民税情報(所得情報を含みます。以下同じ。)を利用する次の後期高齢者医療保険の業務について、住民税情報の反映が遅くなり影響が出る可能性があります。
 そのため、区では、住民税の申告について3月15日(月曜日)までに郵送でご提出いただくことをお勧めしています。住民税の申告については、「住民税の申告期間を延長しました」をご参照ください。

1.令和3年度後期高齢者医療保険料の算定について

 後期高齢者医療保険料の決定通知書は毎年7月中旬にお送りしています。
 保険料は、加入者に一律にかかる「均等割」と住民税情報をもとに算定する「所得割」があります。住民税情報が一定以下の場合は、「均等割」を減額することがあります。
 令和3年度の保険料算定時に住民税情報が間に合わない場合、いったん「所得割」を算定せずに先に均等割額だけを算定して通知している場合があります。その場合には住民税情報が反映され次第、再計算した保険料額変更通知書を送付します。

2.令和3年8月1日以降の一部負担金割合(医療費等の自己負担割合)について

 みなさまが医療機関の窓口で支払う医療費は、所得に応じて一部負担金割合が1割または3割と決まっており毎年見直しを行っています。一部負担金割合の判定時点で住民税情報が間に合わない場合にはいったん一部負担金割合が1割の保険証を交付します。住民税情報が反映され次第一部負担金割合を判定し直しその結果一部負担金割合に変更があった場合には後日3割の保険証を交付します。

3.限度額適用認定証等について

 後期高齢者医療保険に加入している方のうち一部負担金割合が1割の方で世帯全員が非課税の場合は申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けることができます。また、一部負担金割合が3割の方で同じ世帯の後期高齢者医療被保険者全員の住民税課税所得がいずれも690万円未満の場合は、申請により「限度額適用認定証」の交付を受けることができます。それぞれ医療機関の窓口で提示することにより同じ月内の窓口での自己負担額を所得区分に応じた限度額までとすることができます。
 交付を受けるには申請が必要です。すでに限度額適用認定証等をお持ちの方で令和3年8月以降も引き続き対象の方には新しい有効期限の限度額適用認定証等を7月中に郵送します。
 ただし、限度額適用認定証等の新規申請・更新には住民税情報が必要です。限度額認定証等の新規申請・更新時点で住民税情報が間に合わない場合には審査を進められず決定が遅くなることがあります。その場合には住民税情報が反映され次第、限度額適用認定証等の申請受付・審査等を行いますのでご了承下さい。新規申請が承認された場合には原則、申請日の属する月の初日にさかのぼって認定します。
 なお、限度額適用認定証等を交付したあと、後日判明した住民税情報により所得区分が変更となった場合にはいったん交付した限度額適用認定証等の返還・差替等をお願いすることがございます。

4.高額療養費等の支給額の計算について

 医療機関の窓口等で自己負担限度額以上に医療費をお支払いになった場合高額療養費が支給されます。高額療養費が支給される場合は、事前に申請しなくても診療月から最短で4か月後に広域連合から申請書が送付されます。すでに一度申請済みの場合、振込口座が登録されますので次回以降は申請しなくても口座に振り込まれます。
 住民税情報がない場合支給額が計算できず高額療養費の支給が遅れる場合があります。また、いったん支給額が発生したあと、後日判明した住民税情報に基づき高い所得区分に変更されると支給した額を返還していただくことがあります。また、食事療養費については、後日判明した住民税情報に基づき非課税世帯となった場合差額の支給申請が必要となることがあります。

このページについてのお問い合わせ先

区民部 保険医療課 後期高齢者医療係

区役所2階 6番窓口

電話番号 03-3228-8944
ファクス番号 03-3228-5661
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート