•  
  • メール
最終更新日 2022年4月20日
ページID 031511印刷

2022年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられました

2022年4月1日に、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

成人になると、様々な場面で様々な契約をしていくことになります。未成年の時とは違い、契約にあたって親の同意は必要なく、自分の意思で自由に契約することができます。しかし、自由に契約ができるようになる反面、契約でトラブルになった場合の責任は自分自身で負うことになります。

成人になったばかりのみなさんを狙い打ちする悪質な業者による消費者トラブルが増える恐れがあります。特に、ネット通販でトラブルになったり、SNSで知り合った人にマルチ取引や儲け話の勧誘をされてトラブルに発展することが多いです。

こうした若い人の消費者トラブルを未然に防ぐため、契約上の注意点や巻き込まれやすいトラブル事例と対処法をご紹介します。ぜひ参考にしていただき、悪質な勧誘やうまい儲け話に惑わされない術を身に付けましょう!

「令和4年度消費者月間 保護者向け消費者被害防止セミナー」の開催について

消費者庁のホームページにて、保護者向け消費者被害防止セミナーを動画配信形式で開催します。

【タイトル】
「18歳から大人」ってどうゆうこと? ー菊間弁護士に聞いてみようー

【出演者】
弁護士 菊間 千乃
18歳前後の子を持つ保護者
消費者庁審議官 片岡 進(司会)

【主な内容】

  1. 「成年年齢引下げ」ってそもそもどういうこと?
  2. 懸念される新成人の消費者トラブル
  3. もしトラブルに巻き込まれたら
  4. 正しい知識に基づく日頃からの注意が一番の対策


【視聴方法】
事前収録済みの動画を消費者庁YouTube公式チャンネルにて配信。
配信開始は令和4年5月中旬を予定。

消費生活被害防止画像


詳細は下記のリンク先より、ご覧ください。
「令和4年度消費者月間 保護者向け消費者被害防止セミナー」の開催について(新しいウィンドウで開きます。)

「成年年齢引下げ」の政府広報キャンペーン

成年年齢引下げによる変更点の周知や消費者トラブル等への注意喚起を行うため、大人気アニメ「東京リベンジャーズ」(©和久井健・講談社/アニメ 「東京リベンジャーズ」製作委員会)とタイアップした政府広報キャンペーンを行っています。
以下のリンク先より、ご覧ください。

消費者庁「ゆりやんレトリィバァのラップ動画」

消費者庁のホームページにて、消費者トラブルへの対処方法等について、気軽に知ることができます。
以下のリンク先より、ご覧ください。

「消費者庁 若者ナビ!」公式LINE

若者の消費者トラブルの防止に向けた情報発信を行っています。最新の情報収集にお役立てください。
以下のリンク先より、ご覧ください。

国民生活センター公式LINE(新成人からのトラブル診断ができます)

あなたの興味・関心をもとに、注意してほしい消費者トラブルを国民生活センターがアドバイスします。
以下のリンク先より、ご覧ください。

新成人からのトラブル診断

消費者トラブルの相談窓口

中野区消費生活センターでは、消費生活に関わる苦情・相談を受け、消費者被害の救済・被害の未然防止、また拡大防止を図るため、消費生活相談員による相談を実施しています。契約上のトラブル、商品・サービスに関するトラブル等についてお困りのことがありましたらご相談ください。

相談受付日時・方法・対象者
相談受付日時 月曜日から金曜日 午前9時30分から午後4時まで
(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)
相談方法 消費生活センターにまずはお電話ください。
相談受付電話番号 03-3389-1191
相談対象者

中野区在住・在勤・在学の方

上記以外の方は、お住いの消費生活センターにご相談ください。

さっと読める話「消費生活センターってどんなところ?」

画像をクリックのうえ、ご覧ください。

 スライド1

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民文化国際課 消費生活センター

区役所1階 24番窓口

電話番号 03-3389-1191
ファクス番号 03-3389-1199
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート