•  
  • メール
最終更新日 2019年5月8日
ページID 026944印刷

お試しのつもりが定期購入に!(消費者相談の現場から 2019年4月号)

 ホームページやSNS等で、「1回目90%OFF」「初回実質0円(送料のみ)」などの広告を見て、「お試し」「1回だけ」のつもりで健康食品や化粧品等を注文したところ、数カ月間の定期購入が条件だったというトラブルが増えています。

 事業者のホームページ等では、「1回目の商品を低価格で購入できる」などと強調して表示されていても、定期購入が条件であることや、その期間中は解約できないことが、強調表示に比べて文字が小さいなど分かりにくい表示がみられます。「定期購入とは知らなかった」「からだに合わない」「効果がない」などの理由で解約したくても、「定期購入期間中は解約できない」と断られるケースがほとんどです。
 
 2回目以降は通常価格に近い価格のため、定期購入期間中に支払う総額は数万円になることもあります。解約の電話がつながらず、条件となっている定期購入期間後も商品が届くケースもみられます。

相談事例1

 600円のダイエット飲料を「お試し」のつもりで購入したが、効果がない。解約したいが「4回の購入が条件」と断られた。定期購入であること、総額が1万円になることなどの表示には気づかなかった。

相談事例2

 送料負担のみの化粧品を、サンプルと思い注文した。使ってみると肌がチクチクしたのでやめたかったが「3回(1回4,000円)の購入が条件」と言われた。3回受け取った後に解約の電話をかけたがつながらず、4回目の商品が届いた。

消費生活センターからのアドバイス

 インターネット通販などの通信販売には、一定の期間内であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる、クーリング・オフ制度がありません。
 商品を注文する前に、広告ページや申し込みの最終確認画面等で、定期購入が条件となっていないか、条件となっている場合は、その期間や支払うことになる総額などの契約内容をしっかり確認しましょう。
 また、定期購入期間内に解約や返品が可能か、解約の申し出先や方法などの解約条件についても表示を確認し、慎重に判断しましょう。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください
相談受付    相談直通電話  03-3389-1196
相談時間    月曜日から金曜日 午前9時半から午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民生活課 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-5568
ファクス番号 03-3228-5456
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート