•  
  • メール
最終更新日 2019年1月4日
ページID 026489印刷

悪質商法にご注意を!(消費者相談の現場から 2018年12月号)

 詐欺や悪質商法の手口には限りがなく、日々新たに巧妙な手口が登場します。だまされないように気をつけようと思っていても、いつも他人を疑って生活することには無理があります。だまされないためには、まず自分の判断を注意深く疑ってみることが大切です。また、消費生活センター等が発信する情報で最新の手口を知ることや、契約前には慎重に調べ、信頼できる人や機関に相談することも大切です。

悪質商法の手口の一例

 【架空請求】実際には利用していないのに、「サービスを提供した」と称して代金を請求し、お金をだましとる手口

   【ネット通販の詐欺的サイト】インターネットによる通信販売で、商品を発送せずお金をだまし取ったり、偽物や粗悪品を送る手口

 【ワンクリック請求】アダルトサイトなどの無料動画を見ようとして、記載事項をよく読まずに画像をクリックした利用者に対し、サイト運営者が利用者の意思に反して「会員登録」を行い、料金を請求するなどの手口

 【還付金詐欺】役所や金融機関の職員のふりをして、「健康保険料を返金する」「医療費の払い戻しがある」などと言い、還付金の受取手続きのためにATMに行くよう誘導し、実際には消費者に振り込みをさせてお金をだまし取る手口

 【悪質な訪問買い取り(押し買い)】「不用品を買い取る」「いらない服や靴はないか」などと電話で勧誘して消費者宅を訪問し、実際には消費者が売ろうとしていたものではなく、宝石や貴金属などを強引に買い取っていく手口

 【SF商法】閉め切った会場に人を集め、日用品などをただ同然で配って雰囲気を盛り上げた後、冷静な判断ができなくなった来場者に高額な商品を契約させる手口

 【送りつけ商法】注文していない商品を送りつけ、受け取ったことで支払い義務があると消費者に勘違いさせて支払わせようとする手口

消費生活センターとは

 消費生活センターは、商品やサービスを購入して不満を持ったり、被害にあったりした消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、解決のための助言やあっせん、情報提供などを行う機関です。相談は無料です。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください
相談受付    相談直通電話  03-3389-1196
相談時間    月曜日から金曜日 午前9時半から午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民文化国際課 消費生活センター

区役所1階 24番窓口

電話番号 03-3389-1191
ファクス番号 03-3389-1199
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート