•  
  • メール
最終更新日 2018年11月1日
ページID 026231印刷

タレント・モデル契約のトラブルにご注意を!(消費者相談の現場から 2018年10月号)

 オーディションのために出向いた芸能事務所で思いもよらない高額なレッスン契約をしてしまったという相談が数多く寄せられています。
 特に最近は、エキストラのアルバイト募集広告がきっかけのケースが増えています。

相談事例1

 エキストラのアルバイトに登録するため芸能事務所に出向いたところ「オーディションを受けてみないか」と言われ、受けたら合格した。すると、「今のままでは実力が不足しているので、レッスンに通ってもらいたい。30万円かかる」と言われた。支払えないと伝えると、「クレジット払いにすればよい」とカードを作らされ、月5万円ずつリボ払いする契約をしてしまった。

相談事例2

 求人サイトを見て、映画に出演できるオーディションに申し込み、事務所に行き簡単な演技をしたところ、後日、合格と連絡があったので、再び事務所に出向いた。すると、映画に出るためには半年50万円のレッスンを受ける必要があると言われた。「そのような大金は持っていない」と断ったが、「いつでもやめられるから」と説得され、受講した分だけ支払えばよいと思いクレジット30回払い、月2万円の支払いでの契約をした。契約した3週間後、「やめたい」と伝えると、「解約はできるが、入学金の約35万円は支払ってもらう」と言われた。

消費生活センターからのアドバイス

 レッスン契約をさせることが目的であることを知らされずに、事務所に呼ばれて契約した場合は、アポイントメントセールスと認められることが多く、契約後8日以内ならば、クーリング・オフができます。また、未成年者の場合は、未成年者契約の取消をすることができます。
 クーリング・オフ期間経過後でも、中途解約は可能ですが、解約料などの条件を事業者が設けている場合がありますので、契約前に必ず契約書をよく読んで、中途解約の条件を確認しておきましょう。

 「あなたは合格した。将来有名タレントになれるかもしれない」と言われると、うれしくなってしまうものですが、高額な費用を払ってレッスンを受けたとしても、芸能界で成功するのはほんの一握りの人であるという厳しい現実に目を向け、冷静に対応しましょう。その場ですぐに契約せず、家族等に相談するなどして、慎重に検討することが大事です。
 勧誘や契約等に関して、事業者の対応に不審な点や納得できない点がある場合は、消費生活センターにご相談ください。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください
相談受付    相談直通電話  03-3389-1196
相談時間    月曜日から金曜日 午前9時半から午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民文化国際課 消費生活センター

区役所1階 24番窓口

電話番号 03-3389-1191
ファクス番号 03-3389-1199
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート