•  
  • メール
最終更新日 2015年8月7日
ページID 021140印刷

気を付けたい自転車に関するトラブル(消費者相談の現場から 2015年7月号)

相談事例

  半年前に、インターネット通販のセールで、電動アシスト自転車を3万円で購入したが、急に動かなくなり転倒してしまった。幸いケガは無かったものの、修理のために持ち込んだ近所の自転車店で、外国製の古いタイプの品物なので修理できないと断られてしまい困っている。

  日頃から、頻繁に利用している方も多い自転車ですが、最近では、上記事例のようにインターネットなどの通信販売での注文が普及し、未試乗はもちろんのこと、実物を見ずに購入する人が増え、トラブルに巻き込まれるケースが全国で多数報告されており、当センターでも昨年4月から今年6月末迄の間に10件以上の自転車に関するご相談をお受けしています。

安全で安心な自転車のマーク

BAAマーク (自転車協会認証を意味する英語の略)
 自転車協会制定の自転車安全基準に適合した自転車に貼付されるもの。
SGマーク (安全な製品を意味する英語の略)
 製品安全協会の基準に適合した自転車に貼付されるもの。
TSマーク(交通安全を意味する英語の略)
 自転車安全整備士が点検整備した自転車に貼付されるもの。賠償責任保険、障害保険付(保障期間は、点検整備後1年間)

消費生活センターからアドバイス

  1.  自転車を購入する際は、できるだけ販売店で試乗し、必要に応じて最終調整をしてもらいましょう。また、通信販売で購入する場合は、自転車のサイズや仕様等を十分に確認しましょう。
  2.   自転車は、一定の基準を満たしたものに貼付されているマーク(上記参照)を目安に選びましょう。
  3. 2015年6月1日から道路交通法が改正され、危険行為を繰り返した14歳以上の自転車運転者には、安全講習受講が義務付けられ、従わない場合は罰金が科せられることになりました。自転車の選び方以外にも、自分自身及び周りの安全の為に、乗り方についても見直してみてください。
  4.  事故を防ぐ為に、取扱説明書に従って乗車前の点検や定期点検を行い、交通ルールを守って乗りましょう。

日本年金機構における個人情報流出に便乗した不審な電話等にご注意ください。
 本件に関しまして、日本年金機構や消費者庁、国民生活センター、消費生活センター、郵便局等の職員から消費者の皆様へ電話やメールで連絡したり、個人情報を聞き出したりすることはありません。十分にご注意ください。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください。
相談受付 相談直通電話 03-3389-1196
相談時間 月曜日から金曜日 午前9時半から午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民文化国際課 消費生活センター

区役所1階 24番窓口

電話番号 03-3389-1191
ファクス番号 03-3389-1199
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート