•  
  • メール
最終更新日 2014年2月12日
ページID 017312印刷

公的機関職員を名乗る還付金詐欺にご注意を!

相談事例1

 社会保険庁の職員を名乗る女性から電話があり、「昨年、病院へ支払った医療費について、医療保険の還付金5万円が発生しています。期限が過ぎているので、今日中に手続きしないとお金が戻りません。指示に従ってATMで振り込みの手続きをしてください。」と言う。信用してよいのだろうか。

相談事例2

 区役所の国民健康保険担当と名乗る男性から「国民健康保険料について、過去5年間分の過払い金が生じたので、3万円を返金します。お知らせは既に郵送済ですが、ご連絡がないので電話しました。今月中に申請しないと還付できなくなるので、代わりに書類を作成します。口座番号を教えてください。」という内容の電話があったが…。

消費生活センターからアドバイス

 これらの事例のように、区役所や社会保険事務所などの公的機関の職員を名乗り、医療費等の還付手続きのために銀行の口座番号などの個人情報を聞き出したり、現金自動預け払い機(ATM)へ誘導して送金させたりする「還付金詐欺」が多発しています。消費生活センターでも、既に5件ものご相談をお受けしています。

《特徴と問題点は》

  1. 全国各地で発生していますが、ある期間に特定の公的機関名に集中する場合が多いようです
  2. 「今日中」「1時間以内」などと言って手続きを急かすことで、冷静に考えたり、周囲に相談する余裕を与えません。
  3. 警戒が厳しい金融機関のATMではなく、操作の様子が周囲から見過ごされがちなスーパーやコンビニ、病院や役所などのATMへ誘導するケースが見られます。

《被害を未然に防ぐには》

  1. 公的機関職員がこのような電話をかけたり、直接ATMの操作をお願いすることはありません。また、書類の提出が無いのに口座番号を聞くこともありません。
  2. 相手の言った電話番号を鵜呑みにせず、ご自身で電話番号を確認し、関連機関にお問い合わせください。
  3. 急かしたり、わざわざ金融機関以外のATMを指定して携帯電話を持っていくよう誘導された場合は、怪しいと思ってください。

 少しでも不審な点があるようでしたら、最寄りの警察署や消費生活センターにご相談ください。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください
相談受付 相談直通電話  03-3389-1196
相談時間 月曜日~金曜日 午前9時半~午後4時(土・日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 区民生活課 消費生活センター

区役所1階 24番窓口

電話番号 03-3389-1191
ファクス番号 03-3389-1199
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート