•  
  • メール
最終更新日 2020年11月30日
ページID 028662印刷

区民公益活動推進基金からの助成(令和2年度)

「区民公益活動推進基金からの助成」とは、区民団体が区民を対象に自ら企画し実施する公益性のある事業で、先駆性、創造性、発展性、継続性のある事業に対して、その経費の一部を区民公益活動推進基金から助成する制度です。(令和2年度募集終了)
本助成制度は、区民公益活動推進協議会が審査し、それに基づき区が助成金を交付します。

目次

▼「区民公益活動推進基金からの助成」制度の説明 
▼申請団体一覧と公開プレゼンテーション
▼助成金交付事業・不交付事業決定について
▼(交付団体向け)実績報告書一式
▼助成事業開催日

助成事業開催日

各団体ごとの助成事業開催日は以下のとおりです。
最新情報は各団体のホームページ等をご確認いただくか、チラシに掲載されている団体問い合わせ先に直接ご連絡ください。

団体名 代表者名
事業名
事業概要
団体ホームページ等 チラシ
特定非営利活動法人ここからプロジェクト 伊藤由宏
中野つむぎ塾α不登校・ADHD・学習障害のお子様が通える無料の学習支援
不登校や発達の課題など配慮が必要な区内の中学生を対象として、経済的な事情も考慮しつつ子どもたちが安心して通える塾を実施する。オンラインを活用し、学力や個々の特性を考慮した学習プログラムを導入して学習支援を行う。
毎週土曜日18時~21時
団体ホームページ(外部のウェブサイトに移動します。よろしければクリックしてください) チラシデータ
団体名 代表者名
事業名
事業概要
事業実施日
団体ホームページ等 チラシ
特定非営利活動法人ZEROキッズ 佐々木香
ZEROキッズオンラインスクール
幼児親子から中学生までを対象に参加者を募り、オンラインを活用して、新しい学びの場、交流の場を提供する。また、これまでの活動で培ってきた文化活動・表現体験活動のノウハウを多くの子どもたちにインターネットにより提供する。
毎月曜11時~    赤ちゃんおはなし会
第2・4木曜11時~ 音の楽校
第1・3金曜11時~ ママストレッチ
不定期木曜11時~  絵本DEリトミック
毎日曜10時~    表現あそび
12/28~1/6を除く
団体ホームページ(外部のウェブサイトに移動します。よろしければクリックしてください) チラシデータ
団体名 代表者名
事業名
事業概要
団体ホームページ等 チラシ
なかの生涯学習サポーターの会 道林京子
区民が作る中野ユニバーサルデザインマップ
実際に街を歩いて、ユニバーサルデザインの視点で調査し、街を知り、地域を知り、住みやすいまちづくりにつながるユニバーサルデザインマップを作成する。観光名所や文化財なども掲載し、全ての人に役立つ情報を盛り込んだものとする。
1_2020.10.09ユニバーサルデザインについて中野区の取り組み
2_2020.10.16ユニバーサルデザインマップ作成方法と内容説明
3_2020.10~2020.12マップ掲載地区のバリアフリー状況やユニバーサル態様を実踏調査
4_2020.12.11実踏調査データを持ち寄り、調査結果を清書
5_2021.01.15地図の校正
6_2021.02.19地図最終校正
団体ホームページ(外部のウェブサイトに移動します。よろしければクリックしてください) チラシデータ
団体名 代表者名
事業名
事業概要
団体ホームページ等 チラシ
一般社団法人ねこのて 戸田由美子
わくわーく体験
子どもの想像力と感性を豊かにし、多様性を育むことをめざし、幼児・小学生とその保護者を対象として、朗読や音楽、手作り工作体験など、多様な文化を体験する機会を提供する。新型コロナウイルスの感染が拡大する状況下での子どもへの影響に配慮し、感染予防対策を講じて実施する。
10月31日ハロウィン
11月29日茶人の正月"開炉”の話
団体ホームページ(外部のウェブサイトに移動します。よろしければクリックしてください) チラシデータ
団体名 代表者名
事業名
事業概要
団体ホームページ等 チラシ
中野グリーンアソシエーション 林昌明
断熱DIY講座
自分で出来る自宅の断熱対策で家庭からのエネルギーや二酸化炭素の排出量削減を目的として断熱対策方法や断熱すべき箇所などの探し方が学べる講座を実施する。区内の工務店の協力を得るとともに、幼稚園や小学校の父の会と連携して行う。
2021年1月16日 14時~16時
団体ホームページ(外部のウェブサイトに移動します。よろしければクリックしてください) チラシデータ

助成金交付事業・不交付事業決定について

 令和2年度は5事業の応募があり、区民公益活動推進協議会による審査結果(令和2年度第1号答申)をふまえ、5事業を助成金交付事業(助成総額782,000円)としました。
助成金交付事業は以下の通りです。

助成金交付事業「5事業」

助成金交付事業 (点数順。同点の場合は団体の50音順)
No.

 団体名(各団体名をクリックすると事業概要にスライドします)

 事業名
代表者名 申請額 (円) 助成すべき額 (円) 点数
(40点満点)
1 特定非営利活動法人ここからプロジェクト
中野つむぎ塾α 不登校・ADHD・学習障害のお子様が通える無料の学習支援
伊藤由宏 74,000 74,000 32.22
評価  不登校や発達障害など配慮が必要な子どもへの支援、特に低額での学習支援については地域で支援を必要とする子どもを見守るという意味で重要な取組です。今年度はリモートや動画配信のツールを活用するといった工夫により更に活動が発展するものと期待しています。
 なお、子どもたちが在籍する学校や専門機関との連携により支援が必要な子どもたちに団体のほうからアプローチする手法の検討を進めるとともに、地域の方々との情報交換や交流を深めることで、参加を躊躇しているご家族の不安を解消し、信頼が得られるような関係づくりを進めてください。このことによって、参加者も増えていくと思われます。
2 特定非営利活動法人ZEROキッズ
ZEROキッズオンラインスクール
佐々木香 300,000 300,000 32.00
評価  実際に集まって行う交流が制限され、地域で孤立化しやすい状況の中で、乳幼児親子から中学生を対象とした文化活動や表現活動を学ぶオンラインスクールをとおし、新しい生活様式の中で地域の子どもたちの学びの場、交流の場を生み出す活動が生まれるものと大いに期待します。
 なお、実際に集まって行う活動を単にオンラインへの置き換えするだけではなく、オンラインを使うことで対面での参加が難しい子どもへの対応ができるようになるなど、新たなつながりを生み出し、地域交流の更なる活性化につなげてください。
3 なかの生涯学習サポーターの会
区民が作る中野ユニバーサルデザインマップ
道林京子 144,000 144,000 31.22
評価  中野区内のユニバーサルデザインの状況を広く地域の人たちと調査を行うことで、地域の人たちが交流し、同時に地域への更なる愛着をもって地域で活動したいという人へつながる活動です。今後、身体障害者だけでなく、LGBTや知的障害者など多様な当事者の目線に立って活動が展開されることを期待します。
 なお、当事者との実踏については高い効果があると思いますが、単に全員で集まって行うだけでなく、オンラインを活用して自宅から疑似体験ができるなど、多様な参加方法を取り入れることにより効果が高められるよう実施方法をさらに工夫してください。 
4 一般社団法人ねこのて
わくわーく体験
戸田由美子 184,000 184,000 30.33
評価  新型コロナウイルス感染症により、以前のように子ども同士の交流が活発に行い難い状況の中で、子どもの居場所づくりを通して地域の人同士の交流が進むことを期待します。
 特定の場所に子ども同士が実際に集まる活動の意義を認めつつも、今後も事業を続けていくためには、会場の広さや参加者数の制限、オンライン化など、密集・密接・密閉を防ぐ環境づくりについて、新たな視点で今一度検討したうえで事業を実施してください。また、寄付を拡げるなど、収入面についての工夫も期待しています。
5 中野グリーンアソシエーション
断熱DIY講座
林昌明 80,000 80,000 25.00
評価  環境問題の中から、まずは自分一人で自宅でできる断熱性の向上というユニークで取り組みやすいテーマの講座となっており、参加者の環境問題に対する理解の向上に加えて、地域の人たちが気軽に参加しやすく自然と交流が生まれる活動となるよう期待します。
 なお、幼稚園や小学校などの父の会との連携を予定しているとのことですが、より多くの参加が得られるよう、広く区民へ呼びかけて多くの方に関心を持ってもらえるよう工夫して開催してください。また、活動の公益性という面では、他の地域の環境団体等とも連携し、環境をテーマとした講座等の事業を共催するなど、地域の方とつながり、理解してもらえるよう工夫して活動を展開してください。

助成金不交付事業「なし」

申請団体一覧と公開プレゼンテーション(令和2年度は終了しました)

 区民公益活動推進基金からの助成に応募した区民団体が、事業内容などを説明し、助成金交付の審査をする区民公益活動推進協議会からの質問に答える公開プレゼンテーションを開催します。

日時・場所・見学

令和2年7月26日(日曜日)13時から15時

区役所7階第10会議室

見学自由。申込不要ですので、当日は直接会場にお越しください。
(ただし、新型コロナウィルス感染症対策のため、見学者多数の場合は入場を制限させていただく場合があります)

公開プレゼンテーション見学問い合わせ先

中野区 地域活動推進課 公益活動推進係まで
電話:03-3228-8093 メール:tiikikatudo@city.tokyo-nakano.lg.jp

公開プレゼンテーション当日配布資料

資料の閲覧とダウンロードはこちらをクリック

プレゼンテーション団体(申請団体)

発表順 団体名(各団体名をクリックすると審査結果にスライドします) 代表者名
事業名 申請額(円)
事業概要
1 特定非営利活動法人ここからプロジェクト 伊藤由宏
中野つむぎ塾α不登校・ADHD・学習障害のお子様が通える無料の学習支援 74,000
不登校や発達の課題など配慮が必要な区内の中学生を対象として、経済的な事情も考慮しつつ子どもたちが安心して通える塾を実施する。オンラインを活用し、学力や個々の特性を考慮した学習プログラムを導入して学習支援を行う。
2 特定非営利活動法人ZEROキッズ 佐々木香
ZEROキッズオンラインスクール 300,000
幼児親子から中学生までを対象に参加者を募り、オンラインを活用して、新しい学びの場、交流の場を提供する。また、これまでの活動で培ってきた文化活動・表現体験活動のノウハウを多くの子どもたちにインターネットにより提供する。
3 中野グリーンアソシエーション 林昌明
断熱DIY講座 80,000
自分で出来る自宅の断熱対策で家庭からのエネルギーや二酸化炭素の排出量削減を目的として断熱対策方法や断熱すべき箇所などの探し方が学べる講座を実施する。区内の工務店の協力を得るとともに、幼稚園や小学校の父の会と連携して行う。
4 なかの生涯学習サポーターの会 道林京子
区民が作る中野ユニバーサルデザインマップ 144,000
実際に街を歩いて、ユニバーサルデザインの視点で調査し、街を知り、地域を知り、住みやすいまちづくりにつながるユニバーサルデザインマップを作成する。観光名所や文化財なども掲載し、全ての人に役立つ情報を盛り込んだものとする。
5 一般社団法人ねこのて 戸田由美子
わくわーく体験 184,000
子どもの想像力と感性を豊かにし、多様性を育むことをめざし、幼児・小学生とその保護者を対象として、朗読や音楽、手作り工作体験など、多様な文化を体験する機会を提供する。新型コロナウイルスの感染が拡大する状況下での子どもへの影響に配慮し、感染予防対策を講じて実施する。
  全団体合計 782,000

新型コロナウィルス感染症対策について

当日の会場は見学者多数の場合は入場を制限させていただき、入れ替え制とさせていただきます。あらかじめご了承をお願いいたします。
会場ではマスク着用が必須となります。
また、入場前に検温とアルコールによる消毒にご協力をお願いいたします。

令和2年度基金助成の概要

対象事業

 次のすべての要件を満たす事業が対象です。1団体1事業とし、事業の分野は問いません。

  1. 不特定多数の中野区民の利益の増進に寄与する非営利の事業
  2. 令和2年度中に行い、令和3年3月末までに終了する事業(事業の実施が申請年度内であれば、申請前に実施済みの事業も対象になります)
  3. 宗教・政治・選挙活動を目的としない事業
  4. 国または地方自治体(中野区を含む)、中野区から助成を受ける団体の、いずれからも助成等を受けない事業
  5. 中野区区民公益活動推進基金からの助成を受けた実績が2回以下である事業(平成25年度以降の実績に適用します)

応募できる団体

  次の要件をすべて満たす団体が対象です。

  1. 区民が自主的に組織する非営利の団体であること(社会福祉法人等の法人を除く。区民が自主的に組織したNPO法人等は可)
  2. 主たる事務所又は連絡場所が中野区内にあること
  3. 規約及び会員名簿等を有すること
  4. 「希望者は任意に加入又は脱退ができる」等、団体の運営が民主的に行われていること
  5. 中野区民を対象とした公 益活動の実績が原則として令和2年4月1日現在1年以上あり、継続的かつ計画的に活動を行っていること
    また、上記の1から5の条件すべてを満たす一般社団法人もしくは一般財団法人のうち、さらに下記の条件を満たす団体も助成対象団体です。
  6. 非営利型の法人であること。
  7. 理事会(理事3名以上)設置の旨を定款に明記してあること。

助成額

  1団体につき1事業、30万円まで(助成対象経費総額の3分の2以内)

助成対象経費

 当該申請事業を実施するために必要な経費で以下のものです。新型コロナウイルス感染症対策に必要な経費(マスク、消毒液等)は、助成対象経費となります。なお、団体の運営に係る経費(例:事務局経費)は、助成対象外とします。

  1. 謝礼金
  2. 保険料
  3. 印刷・製本費
  4. 消耗品等購入費
  5. 施設使用料
  6. その他(区長が必要と認める経費)

  上記の経費でも、助成対象とならない経費があります。

審査基準

  • 区民生活への貢献度
  • 先駆性・創造性
  • 発展性・継続性
  • 実行可能性
  • 区民ニーズの把握
  • 経費の妥当性

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にかかる経費や対象事業について

(1) 当該申請事業を安心・安全に実施するために、新型コロナウィルス感染拡大防止対策にかかる経費については助成金の対象になります。(例:マスク、消毒液等)

(2) 「新型コロナウイルス感染拡大防止対策後の新たな地域活動を考えていく会議」等を行う事業は助成の対象です。

ただし、申請額の上限金額は30万円で変更ありません。
申請受付の際、申請事業実施における新型コロナウイルス対策についてお伺いする場合があります。

申請について

申請期間 ※令和2年度の募集は終了しました。

 令和2年6月1日(月曜日)から令和2年6月12日(金曜日) 

申請方法

 下記の提出書類を地域活動推進課公益活動推進係(5階8番窓口)に直接または郵送にてご提出ください。

提出書類

  1. 応募申請書(第1号様式)
  2. 事業実施計画書(第1号様式別紙1)
  3. 事業収支計画書(第1号様式別紙2)
  4. 規約・会則等(団体の設立年月日、設立目的、団体の運営方法等がわかるもの)
  5. 団体の会員名簿等(会員の住所、氏名が記載されているもの)
  6. 団体の活動概要のわかるもの(今後のスケジュール、機関紙等)
  7. 上部団体に属している場合は、上部団体との関係がわかるもの(組織図等)

手引き、記入上の注意

基金からの助成応募の手引き
応募申請書(第1号様式)【記入上の注意】
事業実施計画書(第1号様式別紙1)【記入上の注意】
事業収支計画書(第1号様式別紙2) 【記入上の注意】

手引き、申請書類等は5月12日(火曜日)より、公益活動推進係(区役所5階8番)で配布します。

令和2年度のスケジュール(予定) 

  • 事業募集期間(6月1日(月曜日)から6月12日(金曜日))  ← 募集終了
  • 区民公益活動推進協議会による審査[書類審査・公開プレゼンテーション](7月中旬から7月下旬)
  • 対象事業・助成金額の決定、通知(8月中旬) 
  • 事業実施(令和3年3月まで) 事業実施後、報告書の提出、精算
  • 事業実施報告会の開催(令和3年2月下旬) 

実績報告書一式、記載例

実績報告書(第6号様式)
事業実施報告書(第6号様式別紙1)
事業収支報告書(第6号様式別紙2)【計算式あり】
精算書(第6号様式別紙3)【計算式あり】
【記載例】6号様式別紙1(事業実施報告書)
【記載例】第6号様式別紙2(収支報告書)
【記載例】第6号様式別紙3(精算書)

戻る

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

地域支えあい推進部 地域活動推進課 公益活動推進係

〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-3251
ファクス番号 03-3228-5620
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート