•  
  • メール
最終更新日 2020年9月1日
ページID 028399印刷

【追加募集】「政策助成」【募集中】「ファーストステップ」

区民公益活動に関する助成[政策助成]とは

平成19年度からこれまでの区民団体の活動に対する助成制度を再構築し、助成対象や助成金総額を広げた「区民公益活動に関する助成[政策助成]」を開始しました。
この制度は、区民団体が行う公益活動の中でも、区が行う政策に合致し、区政目標の実現に貢献する活動について助成を行う制度です。 

目次

助成金の申請をお考えの方
「政策助成」追加募集中(申請期間9月1日から12月25日まで。申請の要件や方法などが変わっているため追加募集の手引きをご確認ください。)                          
「ファーストステップ」募集中

助成金事業実績をお知りになりたい方
・令和2年度「政策助成」交付決定事業・団体一覧

募集終了助成金申請情報
政策助成(申請期間4月1日から6月22日まで。募集は終了しております)

政策助成追加募集

追加募集では、申請要件や申請方法などを一部変更しています。主な変更点は次のとおりです。

  • 助成対象

令和2年度6月23日から令和3年3月31日までに実施または実施予定の事業が対象になります。
※9月1日以降に実施予定の事業は事前申請が原則です。

  • 助成額

1団体につき2事業まで、総額40万円まで。ただし、令和2年度政策助成交付決定事業と追加募集あわせて2事業までです。

  • 申請窓口

追加募集の申請窓口は、区役所5階8番窓口地域活動推進課公益活動推進係です。

追加募集の申請要件をご確認のうえ申請書を作成してください。

助成の対象(追加募集で要件の一部を変更しています)

助成の対象とする活動は、次表に掲げる10の活動領域で、区民団体が区民を対象に自ら行う公益活動で、次のすべてに該当する事業とします。
なお、当初の政策助成申請期間(令和2年4月1日から6月22日)に申請した事業は申請できません。

  1. 不特定多数の中野区民の利益の増進に寄与する、非営利の事業
  2. 令和2年度中に行う事業

    ※令和2年6月23日以降に実施または実施予定の事業が対象になります。
    ※9月1日以降に実施予定の事業は事前申請が原則です。

  3. 宗教・政治・選挙活動を目的としない事業
  4. 国または地方公共団体(中野区を含む)、中野区から運営経費を対象とした助成を受ける団体のいずれからも助成等を受けない事業 
助成対象活動一覧
領域 活動領域

相談先(追加募集の申請窓口はすべて【地域活動推進課】です)

領域1 地域のきずなにより支えあう地域づくりのための活動

地域支えあい推進部 地域活動推進課 公益活動推進係 5階8番
電話番号03-3228-8093

領域 2 産業の活性化または都市観光推進のための活動

区民部 産業観光課 管理係 9階14番
電話番号03-3228-5707

領域 3 地球環境を守るための活動

環境部 環境課 庶務係 8階10番
電話番号03-3228-5524

領域 4

子どもと子育て家庭を支援するための活動

子ども教育部 育成活動推進課 育成活動支援係 5階6番
電話番号03-3228-5648

領域 5 ユニバーサルデザイン及び男女共同参画の推進、平和・人権を守るための活動

企画部 企画課 平和・人権・男女共同参画係 4階7番
電話番号03-3228-8229

領域 6 地域の健康福祉を推進するための活動

健康福祉部 福祉推進課 健康福祉企画係 6階9番
電話番号03-3228-5421

領域 7 安全で快適なまちづくりのための活動

都市基盤部 都市計画課 庶務係 9階1番 電話番号03-3228-8840

領域 8 学習、文化・芸術の振興及び国際交流のための活動

区民部 区民文化国際課 文化国際交流係 6階2番
電話番号03-3228-8863

領域 9 スポーツ振興のための活動

健康福祉部 スポーツ振興課 スポーツ活動係 6階3番
電話番号03-3228-5586

領域 10 消費者のための活動

区民部 区民文化国際課 消費生活センター 1階24番
電話番号03-3389-1191

申請できる団体

 次の要件をすべて満たす団体が対象です。

  1. 区民が自主的に組織する非営利の団体であること(社会福祉法人等の法人は対象外。区民が自主的に組織したNPO法人等は可)
  2. 主たる事務所又は連絡場所が区内にあること
  3. 規約及び会員名簿等を有すること
  4. 希望者は、任意に加入又は脱退ができる等団体の運営が民主的に行われていること
  5. 区民を対象とした公益活動の実績が原則として1年以上あり、継続的かつ計画的に活動を行っていること 

助成額(追加募集で要件の一部を変更しています)

助成金の額は1事業につき助成対象経費総額の3分の2以内で、助成限度額は1事業につき年度内20万円までです。
1団体が複数の事業を申請する場合は2事業まで、年度内総額40万円までとなります(前記の「1.助成の対象」の活動領域の異なる場合も、助成総額40万円の範囲内であれば、申請は可能です)。
令和2年度政策助成交付決定を受けている事業と追加募集をあわせて2事業までです。(4月募集時からの変更点)

申請団体総数、申請総額によって、申請額全額が交付されない場合もあります。また、審査の過程で助成額を申請額より減額する場合もあります。

助成対象経費

当該申請事業を実施するために必要な経費で以下のものです。新型コロナウイルス感染症対策に必要な経費(マスク、消毒液など)は、助成対象となります。なお、公益活動に要する経費として不適当と認められる経費を除きます。団体の運営にかかる経費(例:事務局経費)は、助成対象外とします。

  1. 謝礼金
  2. 施設使用料
  3. 保険料 
  4. 印刷・製本費 
  5. 消耗品等購入費
  6. その他の経費で、当該申請事業を実施するために必要な経費

 上記の経費でも、助成対象とならない経費があります。詳しくは、令和2年度政策助成追加募集の手引きをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にかかる経費や対象事業について

(1) 当該申請事業を安心・安全に実施するために、新型コロナウィルス感染拡大防止対策にかかる経費については助成金の対象になります。(例:マスク、消毒液等)

(2) 「新型コロナウイルス感染拡大防止対策後の新たな地域活動を考えていく会議」等を行う事業は助成の対象です。

ただし、申請額の上限金額は20万円で変更ありません。
申請受付の際、申請事業実施における新型コロナウイルス対策についてお伺いする場合があります。

申請について

申請期間

 令和2年9月1日(火曜日)から令和2年12月25日(金曜日) 

 下記の提出書類を【地域活動推進課】区役所5階8番窓口に直接、ご提出下さい(郵送は不可とします)。

提出書類 

  1. 申請書(第1号様式)                    
  2. 事業実施計画書(第1号様式別紙1)
  3. 事業収支計画書(第1号様式別紙2)
  4. 規約・会則等(団体の設立年月日、設立目的、団体の運営方法等がわかるもの)
  5. 団体の会員名簿(会員の住所・氏名が記載されているもの)※
  6. 団体の活動概要が確認できるもの(今年度のスケジュール、過去の活動実績、機関紙等)
  7. 上部団体に属している場合は、上部団体との関係がわかるもの(組織図等)

※5について、会員名簿の作成が困難な場合、役員名簿でも可とします。

手引き、申請様式

「政策助成追加募集の手引き(令和2年度)」および「申請様式(第1号、第1号別紙1・2)」および申請様式記入例は、区役所5階8番窓口にて配布します。また、このページの関連ファイルからダウンロードできます。
申請にあたっては、必ず「令和2年度政策助成追加募集の手引き」「令和2年度政策助成の申請のポイント」をご覧ください。

政策助成追加募集の手引き
申請書(第1号様式)
事業実施計画書(第1号様式別紙1)
事業収支計画書(第1号様式別紙2)
申請書(第1号様式)記入例
事業実施計画書(第1号様式別紙1)記入例
事業収支計画書(第1号様式別紙2)記入例
令和2年度政策助成の申請のポイント

審査方法・審査基準

助成にあたっては、次の審査基準に基づき審査を行います。個別に採点の上、予算額の範囲で助成金交付対象事業を選定します。審査基準は以下のとおりです。

  1. 区政目標実現への貢献度(区が行っている政策(施策)の考え方に合致し、どの程度区政目標実現に貢献できるか)
  2. 事業の波及効果(事業への参加人員や事業実施による波及効果はどうか)
  3. 事業の実行可能性・継続性(事業の実施体制は十分か、継続性はあるか)
  4. 経費の妥当性(申請経費が妥当であるか)

スケジュール

申請期間は9月1日(火曜日)から12月25日(金曜日)

助成対象事業・助成額の決定・公表
9月・10月申請は12月中旬
11月申請は1月中旬
12月申請は2月中旬

事業実施(令和3年3月まで) 事業実施後、実績報告書等の提出、精算

この助成制度について不明な点等ございましたら、下記の公益活動推進係までお問合せください。 

戻る

事業実績の評価

今後、事業実績について、団体から提出された実績報告書に基づいて区が評価を行います。評価結果についても区のホームページ等で公表します。

令和2年度政策金交付事業の決定と助成金の交付決定

今年度は、66事業の申請がありました(申請総額は8,982,619円)。審査の結果、下表「交付決定事業一覧」のとおり、62事業について交付決定しましたのでお知らせします。交付決定された団体名、事業名、代表者名、助成申請金額、助成交付金額については、下表の各活動領域をクリックするとご覧いただけます。

 戻る

交付決定事業数・助成額一覧

 

活動領域
(区の所管)

※活動領域をクリックするとその領域の交付団体へスライドします

交付事業数
(申請事業数)
助成総額(円)
領域 1 地域のきずなにより支えあう地域づくりのための活動
(地域支えあい推進部地域活動推進課)
15(15) 2,218,300
領域 2 産業の活性化または都市観光推進のための活動
(区民部産業観光課)
0(0) 0
領域 3 地球環境を守るための活動
(環境部環境課)
2(2) 239,000
領域 4 子どもと子育て家庭を支援するための活動
(子ども教育部育成活動推進課)
24(26) 2,522,620
領域 5 ユニバーサルデザイン及び男女共同参画の推進、平和の維持並びに人権の擁護のための活動
(企画部企画課)
0(0) 0
領域 6 地域の健康福祉を推進するための活動
(健康福祉部福祉推進課)
5(5) 794,746
領域 7 安全で快適なまちづくりのための活動
(都市基盤部都市計画課/まちづくり推進部まちづくり計画課)
4(4) 570,500
領域 8 学習、文化及び芸術の振興並びに国際交流のための活動
(区民部区民文化国際課文化国際交流係)
11(13) 1,663,320
領域 9

スポーツ振興のための活動
(健康福祉部スポーツ振興課)

1(1) 200,000
領域 10 消費者のための活動
(区民部区民文化国際課消費生活センター)
0(0)

 0

交付事業一覧
領域 番号 申請団体名
申請事業名
代表者名 申請額 実施場所 開催日時
交付決定額
領域1 1 南台2丁目前原町会
前原町会夢畑(地域の児童、親、高齢者が、一緒に農作業を通じて交流し、収穫体験をする本格的畑事業)
大川 輝男 200,000 南台2-26-7(まちづくり事業用地) 4月1日~3月31日
200,000
2 中野マジッククラブ
中野マジッククラブ ボランティア育成活動
内倉 恒治 200,000 区内全域高齢者福祉施設
児童館
学校
企業
4月1日~3月31日
200,000
3 特定非営利活動法人グリーンサイエンス21
地域を守る・きず菜ちゃんプロジェクト
海賀 信好 200,000 関東バス丸山営業所
江古田の杜
江古田図書館
緑野小学校
4月1日~3月31日
200,000
4 鍋横地区まつり実行委員会
鍋横地区まつり~グランドゴルフ大会・文化祭~
高野 允雄 115,000 本五ふれあい公園
鍋横区民活動センター
9月26日グランドゴルフ大会
10月16日~17日文化祭
115,000
5 鷺宮西住宅自治会
サロン西鷺
野澤 房枝 25,300 西住宅内集会所
公園
7月こども花火大会、12月クリスマスコンサート、3月花見会
25,300
6 松ヶ丘・上高田・新井地区の環境を考える会
西武新宿線新井薬師前駅周辺の環境整備事業
高橋 宏治 200,000 西武新宿線新井薬師前駅周辺 4月1日~3月31日
(キャンペーン:6月11月)
200,000
7 特定非営利活動法人絆の会
絆の会ふれあいコンサート
二之宮 武 200,000 野方区民ホール 9月1日、11月20日、1月14日
200,000
8 南中野地区まつり実行委員会
南中野地区まつり
渡部 金雄 140,000 南中野区民活動センター
栄町公園
南台小校庭
10月1日、3日、4日、18日
140,000
9 ミニ寄合「ファミコンあつまる」
TVゲームによる異世代間交流事業
森脇 大志 140,000 江古田区民活動センター 7月12日以降毎月第1日曜
140,000
10 上高田住民フォーラム
地域の防災力を高め、地域の支え合いを強める
田中 匠 44,000
44,000
11 ママのため子連れでおけいこMOWO
地域密着型子連れ講座・ワークショップ開催事業
金井 陽子 123,000 東部区民活動センター
123,000
12 特定非営利活動法人若年認知症交流会小さな旅人たちの会
若年性認知症家族交流会事業
高橋 恵美子 200,000

マイルドハート高円寺
東中野キングスガーデン

毎月第2土曜日午後
200,000
13 特定非営利活動法人若年認知症交流会小さな旅人たちの会
若年認知症カフェ、相談会開催
高橋 恵美子 150,000 ちいたび会事務所
(大和町3-2-12)
毎月第1土曜日、第3水曜日
150,000
14 弥生町三丁目町会
そなエリア東京防災体験学習事業
遠藤 文夫 81,000 そなエリア東京
(東京臨海広域防災公園)
10月25日
81,000
15 野方北町会
海で遊ぼう
中村 晋一 200,000 10月4日
200,000
領域3 1 特定非営利活動法人 中野・環境市民の会
都市を豊かにするグリーンインフラ
伊東 明彦 129,000 中野区内を中心に周辺地域
129,000
2 特定非営利活動法人 中野・環境市民の会
エコで豊かな中野の暮らし方
伊東 明彦 110,000 中野区全域を対象
110,000
領域4 1 青少年育成上鷺宮地区委員会
文化事業(星を見る会・書と絵の書初め会・環境部講演会)
小野 未央 70,000 上鷺宮小
上鷺宮区民センター
7月~2月の間で3回事業
70,000
2 中野区立緑野中学校PTA
地域交流活動 高齢者への花鉢プレゼント
能登 祐克 95,859 緑野中学校学区内 9月18日
95,859
3 青少年育成南中野地区委員会
ミニリーダー講習会(青少年団体の活動を助成するため、育成者及び年少リーダーの養成を行う)
袰地 加代子 200,000 南中野区民活動センター
みなみの小学校
おにし青少年野外活動センター
6月~3月の間で9回事業
200,000
4 青少年育成南中野地区委員会
スポーツ交流事業(地域内13町会の住民の交流と青少年育成を目的に運動会を開催する)
袰地 加代子 61,300 南台小学校 10月18日(予備日10月25日)
61,300
5 宮里町子供と共に進む会
宮里町内子供会活動(地域の子供たち及び異世代間の交流・体力作り・伝統行事の継承)
伊藤 正信 123,000 中野本郷小学校
本郷氷川神社
宮里町町内
8~2月の間で3事業
123,000
6 桃花小学校 親・父の会
中野消防団第三分団より火の取り扱いを学ぶ花火教室
坂﨑 悠 126,666 桃花小学校 10、11月予定
126,666
7 青少年育成上高田地区委員会
スポーツ大会・合同企画事業
伊東 伸治 35,300 白桜小学校
上高田区民活動センター
10月と1月の2事業予定
35,300
8 青少年育成上高田地区委員会
ミニリーダー講習会
伊東 伸治 86,200 上高田区民活動センター
その他
7~2月の間で6回予定
86,200
9 青少年育成沼袋地区委員会
ミニ・リーダー講習会(人間関係を学ぶ場を提供し、地域でいきいき行動できる子を育てる)
砂井 静子 200,000 沼袋区民活動センター他 7~1月の間で9回予定
200,000
10 一輪車クラブ ミルキーズ
一輪車の演技披露・交流発表会
清水 周子 78,000 平和の森小学校 12月予定
78,000
11 一輪車クラブ ミルキーズ
一輪車教室
清水 周子 50,000 文園・南中野児童館 10~2月の間で3回予定
50,000
12 ドロップインほっとほっと
赤ちゃんの抱っことおんぶ
能津 恵子 120,000 産業振興センター 7~3月の間で7回
120,000
13 ドロップインほっとほっと
はじめてのバスハイク
能津 恵子 140,000 神代植物公園 3月中に2回
140,000
14 リトミック poco a poco
乳幼児のための情操音楽プログラム、プロ演奏家による情操教育促進活動
小田切 光代 76,397 文園児童館
城山ふれあいの家他
9月~2月 14回✕2
76,397
15 青少年育成大和地区委員会
妙正寺川マラソン
佐久間 利彦 50,000 第四中学校 12月初旬
50,000
16 青少年育成大和地区委員会
ミニリーダー講習会(異年令の子ども達の体験の場)
佐久間 利彦 196,000 大和区民活動センター他 夏~3月の間で5回
196,000
17 中野区青少年育成野方地区委員会
ミニリーダー講習会
矢島 義訓 126,000 野方地域
高尾山など
9~11月の間で3回
126,000
18 青少年育成桃園地区委員会
ミニリーダー講習会(活動を通して子どもたちのリーダーを養成)
内川 和久 200,000 桃園区民活動センター
那須甲子青少年自然の家
7~3月の間で5回
200,000
19 青少年育成鷺宮地区委員会
地域内の親睦を深め、かつ、子どもたちの体力づくりを目的とした小学生チームによるソフトボール大会
中田 あき子 32,782 鷺宮小
西中野小ほか
12月
32,782
20 青少年育成鷺宮地区委員会
地域内の親睦を深め、かつ、子どもたちの体力づくりを目的とした小学生チームによるサッカー大会
中田 あき子 56,116 鷺宮小
西中野小
美鳩小
2月
56,116
21 青少年育成弥生地区委員会
ミニリーダー講習会
高橋 千あき 100,000 弥生区民活動センター
中野第一小
東京工芸大学
10~3月の間で5回
100,000
22 特定非営利活動法人女性のスペース結
小中学生の居場所「寺子屋ゆい」
中村 敏子 200,000 女性のスペース結中野事務所 6月下旬~毎週金曜日
200,000
23 松が丘片山町会子ども会
人形劇(手作りの人形観劇による地域の世代間交流)
梅原 裕之 34,000 松が丘北野神社境内 2月
34,000
24 すみれの庭
すみれの庭 こどもをとりまくもの
山田 美也子 65,000 産業振興センター
区民活動センター
9~3月の各月1回
65,000
領域6 1 p.a.n.d.a研究室
ペットの適正飼養普及啓発事業
岩浪 真紀 200,000 中野サンプラザ等 9月、11月、1月、3月
200,000
2 南中野地域ねこの会
飼い主のいない猫の対策
村野 君枝 150,000 年間
150,000
3 なかっち卓球の広場実行委員会
卓球の広場
早田 百合子 200,000 中部スポーツコミュニティプラザ
東武区民活動センター
桃園区民活動センター
ふらっとなかの
6月~3月
200,000
4 中野の障害児(者)と家族の会
親子エアロビクス-障害のある人たちも地域の子供から大人、高齢者の方も一緒にエアロビクスを通じて体力増進できる
髙橋 佳子 140,000 鷺宮スポーツコミュニティプラザ
鷺宮区民活動センター
6月~
月1回程度
140,000
5 中野区失語症友の会こまどり
失語症者とそのご家族の交流事業
西川 昇 104,746 中野区障害者福祉会館
沼袋区民活動センター
7月~
月1回程度
104,746
領域7 1 さぎ草友の会
第14回さぎ草植え付け講習会
第9回さぎ草植え替え講習会
大野 道高 120,000 鷺宮高齢者会館
双鷺公園
2月28日
120,000
2 新井薬師前駅周辺地区まちづくり協議会
新井薬師前駅周辺地区まちづくりの提案
高橋 宏治 150,000 新井
上高田
松ヶ丘地域
上高田区民活動センター
上期、下期
150,000
3 森の学級
江古田の森公園を中心として中野区及び周辺地域の自然観察会
須藤 悦子 200,000 江古田の森公園を中心として中野区及び周辺地域 月1回程度(年13回)
200,000
4 特定非営利活動法人中野すまいの相談会
連続市民講座「地域の防災・安全なまちづくりを考える」
吉村 正和 100,500 未定
100,500
領域8 1 鷺宮将棋サロン
中野区 将棋初段免状獲得戦
松本 光生 88,500 鷺宮区民活動センター 10月25日
88,500
2 中野講談会
日本講話塾
岡﨑 征男 200,000 野方区民ホール
なかのZERO視聴覚室
8月23日、12月27日
200,000
3 中野キャンプ・レクリエーション協会
キャンプ・インストラクター養成講習会
福田 豊 140,000 桃園区民活動センター
国立オリンピック記念青少年総合センター
1月31日、2月7日、2月14日
140,000
4 中野キャンプ・レクリエーション協会
第23回 レクリエーション講座~遊んで、学んで、GO!~
福田 豊 137,000 桃園区民活動センター 7月5日、8月23日、9月6日、
9月26日、12月26日、1月9日、1月23日
137,000
5 平和の森吹奏楽団
ふれあいコンサート
芹田 聖子 42,000 中野区立平和の森小学校体育館 3月6日
42,000
6 NakanoBorderless実行委員会
NakanoBorderless~やさしい日本語市場~(地域住民の持続的な関係構築に向けた国際交流事業)
江藤 梨乃 200,000 中野セントラルパーク 11月8日
200,000
7 特定非営利活動法人らふと
くつろぎの朗読会
難波義明 173,400 RAFT 8月5日、10月、12月、1月
173,400
8 特定非営利活動法人らふと
自閉症のヴァイオリン・フルート・ピアノデュオノブタクコンサート
難波義明 200,000 RAFT 10月、3月
200,000
9 中野区民謡連盟
第8回中野駅前大盆踊り大会
佐藤 更司 200,000 中野セントラルパークアヴェニュー 8月14日~16日
200,000
10 鷺宮将棋サロン
中野区人気棋士と本田女流三段による女性将棋ファンフェスティバル
松本 光生 82,420 鷺宮区民活動センター 11月15日
82,420
11 アンサンブルグリーン音楽文化振興会
野方WIZ「オリンピック開幕コンサート」(第2回ふれあい交流コンサート)
可知 日出男 200,000 野方WIZ区民ホール 2月21日
200,000
領域9 1 中野区鍼灸按マッサージ師会
第二回なかのボッチャ大会
松村 和輝

200,000

南部スポーツコミュニティプラザ 3月14日
200,000

政策助成について(申請期間4月1日から6月22日まで。募集は終了しております)

令和2年度は新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため申請期間を延長しております。

助成の対象

 助成の対象とする活動は、次表に掲げる10の活動領域で、区民団体が区民を対象に自ら行う公益活動で、次のすべてに該当する事業とします。

  1. 不特定多数の中野区民の利益の増進に寄与する、非営利の事業
  2. 令和2年度中に行う事業(事業の実施が申請年度内であれば、申請前に実施済みの事業も対象になります)
  3. 宗教・政治・選挙活動を目的としない事業
  4. 国または地方公共団体(中野区を含む)、中野区から運営経費を対象とした助成を受ける団体のいずれからも助成等を受けない事業

ファーストステップ  

助成対象活動一覧
領域 活動領域(事業例)

申請・問合せ先
4月以降、窓口番号や電話番号が変更になる場合があります。

領域1 地域のきずなにより支えあう地域づくりのための活動

地域支えあい推進部 地域活動推進課 公益活動推進係 5階8番
電話番号03-3228-8093

領域 2 産業の活性化または都市観光推進のための活動

区民部 産業観光課 管理係 9階14番
電話番号03-3228-5707

領域 3 地球環境を守るための活動

環境部 環境課 庶務係 8階10番
電話番号03-3228-5524

領域 4

子どもと子育て家庭を支援するための活動

子ども教育部 育成活動推進課 育成活動支援係 5階6番
電話番号03-3228-5648

領域 5 ユニバーサルデザイン及び男女共同参画の推進、平和・人権を守るための活動

企画部 企画課 平和・人権・男女共同参画係 4階7番
電話番号03-3228-8229

領域 6 地域の健康福祉を推進するための活動

健康福祉部 福祉推進課 健康福祉企画係 6階9番
電話番号03-3228-5421

領域 7 安全で快適なまちづくりのための活動

都市基盤部 都市計画課 庶務係 9階1番
電話番号03-3228-8840

領域 8 学習、文化・芸術の振興及び国際交流のための活動

区民部 区民文化国際課 文化国際交流係 6階2番
電話番号03-3228-8863

領域 9 スポーツ振興のための活動

健康福祉部 スポーツ振興課 スポーツ活動係 6階3番
電話番号03-3228-5586

領域 10 消費者のための活動

区民部 区民文化国際課 消費生活センター 1階24番
電話番号03-3389-1191

申請できる団体

次の要件をすべて満たす団体が対象です。

  1. 区民が自主的に組織する非営利の団体であること(社会福祉法人等の法人は対象外。区民が自主的に組織したNPO法人等は可)
  2. 主たる事務所又は連絡場所が区内にあること
  3. 規約及び会員名簿等を有すること
  4. 希望者は、任意に加入又は脱退ができる等団体の運営が民主的に行われていること
  5. 区民を対象とした公益活動の実績が原則として1年以上あり、継続的かつ計画的に活動を行っていること 

ファーストステップ

助成額

助成金の額は1事業につき助成対象経費総額の3分の2以内で、助成限度額は1事業につき年度内20万円までです。
1団体が複数の事業を申請する場合は2事業まで、年度内総額40万円までとなります(前記の「1.助成の対象」の活動領域の異なる場合も、助成総額40万円の範囲内であれば、申請は可能です)。

申請団体総数、申請総額によって、申請額全額が交付されない場合もあります。また、審査の過程で助成額を申請額より減額する場合もあります。

助成対象経費

当該申請事業を実施するために必要な経費で以下のものです。新型コロナウイルス感染症対策に必要な経費(マスク、消毒液など)は、助成対象となります。なお、公益活動に要する経費として不適当と認められる経費を除きます。団体の運営にかかる経費(例:事務局経費)は、助成対象外とします。

  1. 謝礼金
  2. 施設使用料
  3. 保険料 
  4. 印刷・製本費 
  5. 消耗品等購入費
  6. その他の経費で、当該申請事業を実施するために必要な経費

 上記の経費でも、助成対象とならない経費があります。詳しくは、「令和2年度政策助成の手引き」をご覧ください。

ファーストステップ 

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にかかる経費や対象事業について

(1) 当該申請事業を安心・安全に実施するために、新型コロナウィルス感染拡大防止対策にかかる経費については助成金の対象になります。(例:マスク、消毒液等)

(2) 「新型コロナウイルス感染拡大防止対策後の新たな地域活動を考えていく会議」等を行う事業は助成の対象です。

ただし、申請額の上限金額は20万円で変更ありません。
申請受付の際、申請事業実施における新型コロナウイルス対策についてお伺いする場合があります。

申請について

申請期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和2年6月22日(月曜日) 

※令和2年度政策助成スケジュールの変更について

  • 政策助成申請期間の延長について
    申請期間を延長し、申請締め切り日を4月20日から6月22日に変更します。
    (変更前)4月1日から4月20日
    (変更後)4月1日から6月22日
  • 政策助成対象事業・助成額の決定時期の延長について
    申請期間の延長により、助成金の交付決定時期を8月中旬に変更します。
    (変更前)6月中旬
    (変更後)8月中旬

    申請方法

     下記の提出書類を区の各担当(上表「助成対象活動一覧」にある申請・問合せ先)に直接、ご提出下さい(郵送は不可とします)。

    提出書類 

    1. 申請書(第1号様式)                    
    2. 事業実施計画書(第1号様式別紙1)
    3. 事業収支計画書(第1号様式別紙2)
    4. 規約・会則等(団体の設立年月日、設立目的、団体の運営方法等がわかるもの)
    5. 団体の会員名簿(会員の住所・氏名が記載されているもの) ※
    6. 団体の活動概要が確認できるもの(今年度のスケジュール、過去の活動実績、機関紙等)
    7. 上部団体に属している場合は、上部団体との関係がわかるもの(組織図等)

    ※5について、会員名簿の作成が困難な場合、役員名簿でも可とします。

    手引き、申請様式

    政策助成の手引き(令和2年度)」および「申請様式(第1号第1号別紙12)」および申請様式記入例は、3月12日(木曜日)以降、区役所5階9番窓口にて配布します。また、このページの関連ファイルからダウンロードできます。

    政策助成の手引き
    申請書(第1号様式)
    事業実施計画書(第1号様式別紙1)
    事業収支計画書(第1号様式別紙2)
    申請書(第1号様式)記入例
    事業実施計画書(第1号様式別紙1)記入例
    事業収支計画書(第1号様式別紙2)記入例
    令和2年度政策助成の申請のポイント

    審査方法・審査基準

    助成にあたっては、次の審査基準に基づき、活動領域ごとに審査を行います。個別に採点の上、予算額の範囲内で、助成金交付対象事業を選定します。

    1. 区政目標実現への貢献度(区が行っている政策(施策)の考え方に合致し、どの程度区政目標実現に貢献できるか)
    2. 事業の波及効果(事業への参加人員や事業実施による波及効果はどうか)
    3. 事業の実行可能性・継続性(事業の実施体制は十分か、継続性はあるか)
    4. 経費の妥当性(申請経費が適当であるか)

    スケジュール

    申請期間は4月1日(水曜日)から6月22日(月曜日)
    助成対象事業・助成額の決定・公表(8月中旬)
    助成金の請求(8月中旬から)
    事業実施(令和3年3月まで) 事業実施後、実績報告書等の提出、精算

    この助成制度について不明な点等ございましたら、下記の公益活動推進係までお問合せください。 

    戻る

    事業実績の評価

    今後、事業実績について、団体から提出された実績報告書に基づいて区が評価を行います。評価結果についても区のホームページ等で公表します。

    ファーストステップとは 
    (年度中に活動実績が1年になる団体が行う事業のみ対象です。)

    「ファーストステップ」は、制度に対する考え方、基準、事務手続き等については、政策助成に準じます。以下は、「ファーストステップ」に適応するものです。政策助成に申請を考えている場合は、内容が異なりますのでご注意ください。

    1. 申請期間
      令和2年6月23日(火曜日)から令和2年12月25日(水曜日)まで
    2. 助成の対象事業・対象経費
      要件は、政策助成(対象事業対象経費)と同じです。ただし、すでに終了した事業について助成金を申請することはできません。
    3. 活動領域及び申請先
      申請受付、請求、報告書提出などの事務手続きは、地域支えあい推進部地域活動推進課公益活動推進係で行います。(ファーストステップに申請する場合も、申請事業が該当する活動領域を選んでいただきます。)
      審査は、申請事業が該当する活動領域と地域活動推進課が行います。
    4. 申請できる団体
      要件は、政策助成と同じです。ただし、以下の要件が追加になります。
      「政策助成申請終了日(令和2年6月22日)を過ぎて活動実績が1年になる団体。」
    5. 助成事業数・助成額
      1団体あたり1事業申請できます。
      1事業あたりの助成限度額は(申請限度額)は20万円です。
      交付額は、政策助成で決定した交付率をもって決定します。
      令和2年度のファーストステップ助成総額は50万円を予定していますが、年度中に助成総額に達した場合は、申請期間中であっても受付を締め切ります。

    戻る

    ご注意ください

    ファーストステップに申請する際は、以下の点にご注意ください。

    1. 令和2年6月22日までに政策助成に申請できる要件を満たしている団体は、ファーストステップに申請することはできません。
    2. 政策助成申請期間(令和2年4月1日から6月22日)に政策助成へ申請し不交付となった事業、また、申請漏れ、申請忘れをした団体や事業の申請はできません。

    実績報告書等の提出

    助成事業が完了したときは、事業終了後3週間以内に報告書類を提出してください。
    ただし、3月10日以降に事業が終了する団体は、令和3年3月31日までに提出してください。なお、助成金請求前に実施した事業については、助成金請求後3週間以内に書類を提出してください。

    提出書類

    1. 実績報告書(第6号様式)
    2.  事業実施報告書(第6号様式別紙1)
    3. 事業収支報告書(第6号様式別紙2)
    4. 事業収支報告に基づく精算書(第6号様式別紙3)
    5. 支出した助成対象経費の領収書の写し
    6. その他事業の内容及び成果を表わす資料 

    報告書類記入例・留意点

    1. 内容や金額を訂正する場合
      記入内容の修正には、修正液や修正テープは使えません。訂正する箇所に二本線を引いてその上に訂正印(代表者印)を押し、正しい事項をその上の余白に書いてください。
    2. 収支報告書の記載について
      収支報告書には、申請事業のすべての収支内訳を記入してください。収支内訳には、それぞれの項目ごとに、支出した品目をすべて記入してください。記入しきれない場合は、内訳欄に「別添参照」と記入し、その細目を別紙に記入し添付してください。
    3. 添付する領収書、レシート形式領収書(写し)について
      領収書は必ず「申請書の表面に記入されている団体名称」あてで発行してもらってください。なお、レシートについても領収書の例に記載の内容に沿い、発行してもらうようにしてください。請求書や納品書は会計の証拠書類としては認められません。
       

    実績報告書(第6号様式)記入例(62KB)
    事業事績報告書(第6号様式別紙1)記入例(124KB)
    事業収支報告書(第6号様式別紙2)記入例(86KB)
    事業収支報告に基づく精算書(第6号様式別紙3)記入例(64KB)
    領収書の例(41KB) 

  • 関連ファイル

    PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

    このページについてのお問い合わせ先

    地域支えあい推進部 地域活動推進課 公益活動推進係

    〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号

    電話番号 03-3228-5597
    ファクス番号 03-3228-5620
    メールフォーム
    受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

    このページを評価する

    ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
    より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

    簡易アンケート