•  
  • メール
最終更新日 2019年9月13日
ページID 027598印刷

中野区における再犯防止推進計画の策定について

見守り・支えあいの地域づくりと安全安心の暮らしをさらに進展させるために

  全国の刑法犯認知件数は、平成15年以降年々減少していますが、一方で検挙者に占める再犯者の割合(再犯者率)は増大傾向を示し、おおよそ5割を占めています。
 このような現状を踏まえ、国会においては平成28年12月、再犯の防止等の推進に関する法律(以下、再犯防止推進法)が全会一致で成立し、翌年12月には国としての再犯防止推進計画が閣議決定されました。
 再犯防止推進法では、地方公共団体にも再犯防止に関する施策の実施責任があるものとし、また、地方再犯防止推進計画の策定に関する努力義務を課しています。こうした経過のもと、今年7月、東京都再犯防止推進計画が策定されました。
 中野区においては、これまでも支援を必要とする方を孤立させない見守り・支えあいの地域づくりを進めています。今後、区民みなさんの安全安心の暮らしをさらに進展させていくためには、各種支援サービスの充実や犯罪そのものの発生防止の取組の強化が必要であることから、区としても再犯防止推進に係る計画を策定することとしました。

計画の位置付けと目的

 再犯防止推進法第8条第1項に基づく地方再犯防止推進計画として、国の再犯防止推進計画及び東京都再犯防止推進計画を勘案し、中野区における取組を明らかにします。

計画に盛り込む主な事項

1 重点課題
 国及び東京都の再犯防止推進計画における重点課題は以下のとおりです。これらを踏まえ、区としての重点課題を設定します。

東京都

就労・住居の確保等

就労・住居の確保等

保健医療・福祉サービスの利用の促進等

保健医療・福祉サービスの利用の促進等

学校等と連携した修学支援の実施等

非行の防止・学校と連携した修学支援等

犯罪をした者等の特性に応じた効果的な指導の実施等

犯罪をした者等の特性に応じた効果的な指導・支援等

民間協力者の活動の促進等、広報・啓発活動の推進等

民間協力者の活動の促進、広報・啓発活動の推進等

地方公共団体との連携強化等

 

関係機関の人的・物的体制の整備等

再犯防止のための連携体制の整備等

2 取組の目標と方向性
 重点課題ごとの主な取組の目標と方向性を明らかにします。
3 推進体制の確保
 区をはじめとする関係機関の中で再犯防止推進に関する認識を共有するとともに、関係機関や地域団体との連携強化による再犯防止の推進体制を整えます。
4 計画期間
 令和2年度(2020年度)から令和6年度(2024年度)までの5年間とし、区を取り巻く地域社会の状況変化等に応じて改定します。

 検討の体制

 庁内に関係部長会及び課長会を設置し、全庁的な検討体制を構築するとともに、関係機関及び関係団体との情報交換等を行い、現状や課題を共有しつつ策定を進めます。

 今後の予定

令和元年

11月下旬

計画素案策定

令和2年

1月

意見交換会実施
2月

計画案策定

3月 パブリック・コメント手続きの実施
5月 計画策定

このページについてのお問い合わせ先

地域支えあい推進部 地域活動推進課 

〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8822
ファクス番号 03-3228-5620
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート