•  
  • メール
最終更新日 2021年4月2日
ページID 030259印刷

令和3年春の全国交通安全運動について

~世界一の交通安全都市TOKYOを目指して~

実施期間

令和3年4月6日(火曜日)から4月15日(木曜日)まで

運動重点

重点1:子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

 子供の交通事故は、14~18時の時間帯に多く発生しています。信号が青でも、右・左の安全を確かめさせましょう。
 飛び出しや路上遊戯の危険性を具体的に教えるとともに、正しいルールについて大人が手本を示しましょう。
 高齢者の交通事故死者数は全死者数の約4割を占め、そのうちの約6割は歩行者です(令和2年中)。歩き慣れた道でも、信号無視や横断禁止場所横断などのルール違反はやめましょう。 

重点2:自転車の安全利用の推進

 自転車は身近な交通手段ですが、自転車側の法令違反による事故が後を絶ちません。昨年、区内で発生した交通事故のうち、55.7%が自転車の関与する事故でした。これは、都内平均の40.6%を大きく上回り、都内で3番目の高さです。

自転車を利用する皆さんへ

「自転車安全利用五則」を守りましょう。
 夕暮れ時や夜間は、相手側に自分の位置を知らせることで、交通事故を防ぐことができます。 暗くなったら、自転車のライトを点灯し、反射材用品を身につけて。「自分の存在をアピール」し、交通事故を防ぎましょう。
 自転車を利用する際は、大人も子供もヘルメットをかぶりましょう。
 
東京都では、条例(※1)が改正され、令和2年4月1日から、自転車を利用する皆さんの保険(※2)加入が義務化されました。万が一の交通事故に備えて保険に加入しましょう。

(※1)東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例
(※2)自転車の利用によって生じた他人の生命又は身体の損害を賠償するための保険又は共済

重点3:歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

 自動車対歩行者の死亡事故の多くが道路横断中に発生しています。また、75歳以上の運転者による死亡事故件数が多くなっています。

高齢ドライバーの方へ
 体調の優れないときは運転を控えるなど、安全運転を心がけましょう。
 自動ブレーキに加えて、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置等を搭載したセーフティ・サポートカーSの利用をご検討ください。 (東京都では、ペダル踏み間違い時の急加速を抑制する装置の購入・設置の補助を行っています。)
 運転に自信がなくなった方、家族から運転が心配と言われた方は、運転免許の自主返納をお考えください。
 運転経歴証明書の交付を受けると、「高齢者運転免許自主返納サポート協議会」の加盟店で様々な特典が得られます。

自分や家族の身を守るため、シートベルト等を必ず使用しましょう
 シートベルトは、すべての座席で、必ず正しく着用しましょう。 
 後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、車外放出や前席同乗者への加害の危険性があります。
 6歳未満の子供はチャイルドシートの使用が義務付けられています。

 飲酒運転は絶対にやめましょう
 飲酒運転は犯罪です。
 飲酒運転をするおそれのある人に対して車やお酒を提供したり、酒気を帯びている人の運転する車に同乗したりする行為も罰せられます。
 自転車も飲酒運転は禁止です。  

重点4:二輪車の交通事故防止(地域重点)

 交差点を通過する際には、安全確認をしっかり行いましょう。
 カーブの手前では、十分に速度を落としましょう。
 ヘルメットのあごひもをしっかりと締めて、胸部・腹部を守るプロテクターを着用しましょう。
 身体露出が少なくなるよう長袖・長ズボンを着用しましょう。

自転車安全利用五則を守りましょう!

自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外 
  2. 自転車は、車道の左側通行(罰則は、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
  3.  歩道は歩行者優先で、車道よりを徐行(罰則は、2万円以下の罰金又は科料) 
  4. 安全ルールを守る

 飲酒運転禁止(罰則は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
 二人乗り禁止(罰則は、2万円以下の罰金又は科料)
 並進禁止(罰則は、2万円以下の罰金又は科料)
 無灯火運転禁止(罰則は、5万円以下の罰金)
 信号無視(罰則は、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
 一時不停止(罰則は、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
 乗車中の携帯電話等使用禁止(罰則は、5万円以下の罰金)
 傘さし運転禁止(罰則は、5万円以下の罰金)

5.子どもはヘルメットを着用
 児童と幼児(13歳未満の者)の保護責任者は、児童と幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。 

交通事故死ゼロを目指す日

 記録の残る昭和43年以降、毎日国内のどこかで交通死亡事故が発生しています。
 平成20年から、新たな国民運動として「交通事故死ゼロを目指す日」を設けました。
 みなさん一人ひとりが交通ルールを遵守し、正しいマナーを実践することで、交通事故の発生を防止していきましょう。

実施日 

令和3年4月10日(土曜日)

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

開催日カレンダー

開催日情報をカレンダー形式で掲載しています。カレンダーの終了位置へ
  開催日
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

このページについてのお問い合わせ先

総務部 防災危機管理課 生活・交通安全係

区役所8階 15番窓口

電話番号 03-3228-8736
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート