•  
  • メール
最終更新日 2016年6月27日
ページID 022688印刷

2016年度(平成28年度)第6回庁議(6月14日)

報告されたテーマ 

新しい区役所整備基本計画(素案)について(経営室)

 このことについて、次のとおり報告があった。

 新しい区役所の規模や求められる機能、性能などについて定めた「新しい区役所整備基本計画」の素案を作成したので、報告する。
素案については意見交換会を実施し、広く区民から意見を伺うこととする。

新しい区役所整備基本計画(素案)の内容

  1. 新しい区役所整備の必要性
    (1)現区役所の概要
    (2)現区役所の課題と新しい区役所整備の必要性
  2. 新しい区役所整備における基本的な条件
    (1)敷地の概要
    (2)都市計画の条件等
  3. 新しい区役所整備のありかた
    (1)建物配置
    (2)空間構成
    (3)新しい区役所の規模
    (4)新しい区役所整備の基本的な考え方
    【機能実現1】区民サービスの向上
    【機能実現2】区民活動の推進
    【機能実現3】行政機能の強化
    【機能実現4】開かれた議会機能
    【性能実現1】環境配慮型区役所の実現
    【性能実現2】安全・安心の拠点
    【性能実現3】施設の長寿命化
    (5)計画のイメージ
  4. 新しい区役所整備の進め方
    (1)整備手法
    (2)発注方式
    (3)整備費
    (4)整備スケジュール

意見交換会の開催

  • 日程
    (1)平成28年8月7日(日曜日) 午後2時から4時
    (2)平成28年8月8日(月曜日) 午後7時から9時
  • 会場
    区役所9階 第11・12・13会議室
    両日とも同じ内容

新しい区役所整備基本計画の策定までのスケジュール(予定)

平成28(2016)年6月 新しい区役所整備基本計画(素案)の議会への報告
平成28(2016)年8月 新しい区役所整備基本計画(案)の議会への報告
平成28(2016)年9月~10月 パブリック・コメント手続の実施
平成28(2016)年11月 新しい区役所整備基本計画の策定

中野区グローバル都市戦略の策定について(都市政策推進室)

 このことについて、次のとおり報告があった。

 中野区グローバル都市戦略について、中野区グローバル戦略推進協議会における議論を踏まえ、平成28年5月に策定した。あわせて今後の取り組みについて報告する。

中野区グローバル都市戦略の構成及び案からの主な変更点

  • 第1章 中野区グローバル都市戦略の策定
    (変更点) 「戦略策定の視点」を追加。
  • 第2章 中野区グローバル都市戦略の背景
    (変更点) 「今後の人口構造」に交流人口と外国人人口の記載を追加。
  • 第3章 グローバル都市づくりの方向性
  • 第4章 グローバル都市戦略
  • 第5章 グローバル都市NAKANOの創造

(変更点) 「グローバル都市戦略の展開」に東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機とした遺産(レガシー)の観点の内容を追加。「グローバル都市戦略の推進体制」に産学公金各主体の役割を追加。また、推進体制の構築については事業コンソーシアムの組成を視野に入れた内容に変更。

推進体制の構築について

 東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機として、訪日外国人旅行客(インバウンド)の誘客に向けた情報発信を強化するとともに、受け入れ環境整備や交流の機会づくりに取り組んでいくことが不可欠である。
 こうした取り組みを推進するにあたって、産学公金それぞれが経営資源を持ち寄り、連携しながら事業を構築して実施する、事業コンソーシアムの組成が期待されることから、中野区グローバル戦略推進協議会においてワーキンググループを設置し、訪日外国人旅行客(インバウンド)の獲得を目指した事業コンソーシアムを組成していく。

  • ワーキンググループ設置期間 平成28年6月~平成29年2月

中野駅西側南北通路・橋上駅舎の整備について(都市政策推進室)

 このことについて、次のとおり報告があった。

 中野駅西側南北通路・橋上駅舎の整備について、中野区と東日本旅客鉄道(株)(以下「JR」という。)とで締結した基本協定に基づき平成26、27年度に基本設計を実施した。
 基本設計の内容を踏まえた今後の整備の方向性について報告する。

基本設計の成果について

  • 道路一体建物(南北通路・橋上駅舎・駅ビル)について、様々な施工条件(軟弱地盤、夜間作業となる時間的制約など)から、工程が長期となり、工事費が増えることが明らかとなった。
  • JRは、基本設計作業の結果、全体工事費が上昇したため、工事費の縮減と工程の短縮をめざし駅ビル計画内容の見直しを検討している。

今後の予定

  • 道路一体建物(南北通路・橋上駅舎・駅ビル)整備に係る工期短縮協議
    基本設計内容・工事工程を検証するとともに、JRの駅ビル計画内容見直しの検討を踏まえ、JRと工期短縮に向けた協議を行う。
  • 公共基盤整備の再検討及び関係機関協議
    道路一体建物と密接に関係する新北口駅前広場・地下駐車場等の公共基盤整備について、区役所・サンプラザ地区再整備実施方針に掲げる施設機能を踏まえながら再検討し、関係機関と協議を行う。
  • 実施設計着手に向けた協議
    上述の検討・協議を通じ新北口駅前広場及び地下駐車場の形状・配置を定め、南北通路・橋上駅舎の実施設計着手に向けたJRとの協議を進める。

中野駅西側南北通路・橋上駅舎に係る基本設計の概要

  1. 道路一体建物(南北通路・橋上駅舎・駅ビル)の計画概要
    道路一体建物(南北通路・橋上駅舎・駅ビル)の計画概要

    建築面積

    6,253平方メートル

    延べ面積

    20,712平方メートル

    構造

    S造

    階数

    地下1階、地上5階

    建物高さ

    29.03メートル

    建物用途

    2階 駅舎及び駅ビル店舗

    3~5階 駅ビル店舗など

  2. 工程について
    工事着手後 駅・自由通路の開業まで 10年6か月
    工事着手後 駅ビルの開業まで 12年5か月
  3. 工事費について
    中野区負担額 約119億円
費用負担の考え方
  • 中野駅西側南北通路、橋上駅舎については、中野区の負担
  • 駅ビル事業については、鉄道事業者が負担
  • 共通部分については、事業区分の考え方に基づき按分により負担
中野区負担分に対する国庫補助金等の想定
  • 南北通路
    社会資本整備総合交付金(基幹事業 交通結節点改善事業)55%
    都市計画交付金(都市計画道路)対象事業費から国庫補助金を除く25%
    他は財調対象
  • 橋上駅舎
    社会資本整備総合交付金(都市・地域総合交通戦略推進事業)3分の1
    他は財調対象

このページについてのお問い合わせ先

総務部 総務課 総務係

区役所4階 4-1窓口

電話番号 03-3228-8811
ファクス番号 03-3228-5647
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く。)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート