•  
  • メール
最終更新日 2009年9月16日
ページID 005487印刷

2006(平成18)年度第22回庁議(9月26日)

報告されたテーマ

第11期中野区情報公開審査会及び第9期中野区個人情報保護審査会委員の委嘱について(総務部)

 このことについて、次のとおり報告があった。
 区長の附属機関である、標記審査会の委員について、以下のとおり委嘱する。

委員の氏名等

兼子 仁 東京都立大学名誉教授
堀部 政男 中央大学法科大学院教授、一橋大学名誉教授
桝潟 俊子 淑徳大学教授
稲垣 隆一 弁護士
敬称略

任期

2年

主な職務

  1. 情報公開審査会
    中野区区政情報の公開に関する条例の公正な運営を確保するため、主に実施機関から諮問のあった事項について、審査又は審議する。
  2. 個人情報保護審査会
    自己情報の開示等の請求における実施機関の処分に対する不服申立てについて審査する。

子どもの防犯対策(冬期放送時刻の繰り上げ)について(総務部)

 このことについて、次のとおり報告があった。

経過

 本年2月10日から4月28日の期間に行った午後2時の「下校児童の見守り放送」の試みは、好評の反面、音声が聞き取りにくいことや、1日に2度吹鳴することの疑義が多く寄せられた。
 この結果を踏まえ、音声による放送は取り止め、午後5時に吹鳴しているチャイムについて、校庭開放の冬期(11月~2月)時間に合せ、冬期の間は午後4時に繰り上げることとする。

目的

 冬期の日没時間を考慮し、暗くなる前の帰宅を促すことをもって、子どもを狙った犯罪の発生を防止することを目的とする。

内容

 午後5時のチャイム(ウエストミンスターの鐘)を子ども向けに「遠き山に日は落ちて」のメロディに変更し、冬期は午後4時に吹鳴する。

周知

  1. 区報掲載 10月22日号
  2. 議会報告 10月17日の関係常任委員会(総務、区民、厚生、文教)・10月18日の防災対策特別委員会
  3. 学校・児童館等関係団体への連絡 議会報告後、各分野から別途連絡

平成18年度年間徴収計画及び債権放棄の概要について(総務部)

 このことについて、次のとおり報告があった。

平成18年度年間徴収計画の概要について

  1. 中野区の債権の管理に関する条例及び同施行規則に基づき、各部及び教育委員会(以下「所管部」という。)が策定した年間徴収計画について、債権管理対策会議において所管部の取り組み方針を確認した。
  2. 年間徴収計画は、区の債権(47債権)について、収入額・収入率の目標値や具体的な収納対策などを明らかにしたものであり、平成18年度の区全体での収入目標率は、85.2%(現年度分94.7%、滞納繰越分18.9%)となった。
  3. 年間徴収計画による債権の計画的な徴収を進めるため、今後の債権管理対策会議において、定期的に進捗状況を把握し、進行管理を図ることとする。

債権放棄の実施について

 消滅時効が完成した債権のうち、69件、196万円余について、中野区の債権の管理に関する条例第5条第1号の規定に基づき、債権管理対策会議の審議を経て、平成18年9月末を目途に債権放棄を実施する。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 総務課 総務係

区役所4階 4-1窓口

電話番号 03-3228-8811
ファクス番号 03-3228-5647
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く。)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート