•  
  • メール
最終更新日 2009年9月15日
ページID 005430印刷

2006(平成18)年度第3回庁議(4月18日)

報告されたテーマ

中野区環境基本計画の改定及び中野区環境審議会の設置について(区民生活部)

 このことについて、次のとおり報告があった。

基本計画の改定について

 中野区環境基本計画(以下「基本計画」という。)は、平成13(2001)年度の基本計画策定から、概ね10年間の計画期間の半ばが経過した。その間の緑の減少、大気汚染や廃棄物問題などの引き続く課題や、さらに地球温暖化防止に向けた京都議定書の発効や、ヒートアイランド現象の進行、アスベストによる健康被害などの新たな課題に対応するとともに、新たに制定した基本構想に定める中野のまちの基本理念と将来像、10年後に実現するまちの姿、そしてそれらを実現するための10か年計画の目標達成に向けて、基本計画の改定を行う。
 なお、改定後の基本計画を踏まえ、地域での地球温暖化防止などの取組を進めるため、区民・事業者・区それぞれの具体的な取組や、連携・協働による取組をまとめる、(仮称)地球温暖化防止ビジョン(地球温暖化対策地域推進計画)の策定を予定している。

第2期中野区環境審議会について

根拠等
中野区環境基本条例(以下「条例」という。)第15条及び第16条
諮問事項
「中野区環境基本計画の改定に当たっての基本的考え方と、同計画に盛り込むべき事項等について」
委員 

 委員は20人とし、条例第16条に定める区分により次の構成により委嘱。任期は2年。会長及び副会長を各1人置く。

  • 学識経験者4人
  • 区民9人(団体推薦6人、公募委員3人)
  • 事業者7人(商工団体推薦3人、環境・エネルギー関係事業者4人) 
委員委嘱者

委嘱日は平成18(2006)年4月28日を予定。 

会議の開催

会議は今年度6回開催予定。第1回審議会は、4月28日に開催する。 

小委員会の設置

点の整理、答申文案の検討等を行うため、必要に応じ会長が招集する。 

幹事及び幹事会の設置

 審議会への情報提供等、審議会の審議を円滑に進めるため、下記職員を幹事とし、当該職員による幹事会を設置する。

  • 区民生活部長(幹事長)
  • 区長室政策分野統括管理者
  • 総務部営繕分野統括管理者
  • 区民生活部産業振興担分野統括管理者
  • 区民生活部環境と暮らし分野統括管理者(副幹事長)
  • 区民生活部ごみ減量分野統括管理者
  • 都市整備部都市計画分野統括管理者
  • 都市整備部公園・道路分野統括管理者
  • 教育委員会事務局指導室長 

今後の主な予定 

  • 平成18年4月 審議会委員の委嘱、諮問(28日)
  • 平成18年12月 「中間のまとめ」公表
  • 平成19年1月 区民意見募集
  • 平成19年5月 「最終答申」基本計画素案検討
  • 平成19年6月 基本計画素案公表、意見交換会、区民意見募集
  • 平成19年7月 基本計画案公表、パブリックコメント実施
  • 平成19年8月 基本計画決定

住吉、東中野、桃が丘保育園における民営化の事業者募集について(子ども家庭部)

 このことについて、次のとおり報告があった。

事業者募集の概要

応募資格

平成18年4月現在、既に認可保育所を運営している事業者 

新園の規模等 園名(仮称)、場所、定員、開設予定日

東中野五丁目保育園 東中野五丁目17番の1部、123人、平成20年4月1日
桃が丘保育園 中野三丁目19番13号、110人、平成21年4月1日
敷地については、30年間無償貸与する。

主な応募条件
法令等の遵守
  • 保育所の構造及び設備は、建築基準法の定めるところに従うほか、東京都の「保育所設置認可等事務取扱要綱」を遵守すること。
  • 児童福祉法等関係法令を遵守し、安定した質の高い保育サービスが提供できること。
特別保育事業等の実施
  • 生後57日からの0歳児保育
  • 11時間開所後の時間において、0歳児からの2時間の延長保育(定員40人程度。1時間、2時間、日々利用)
  • 障害児保育
  • 在宅の乳幼児親子への子育て支援事業
  • その他(一時保育事業、年末保育事業)

引継ぎ

 在園児の保育について新園への移行を円滑に進めるため、区と協力して、在園児や保護者が安心できる方法で、事業者決定後から開設までの間、現園の保育内容についての引継ぎが行えること。特に、概ね開設前4か月間は、現園で保育に従事し、引継ぎが行えること。

区からの補助
建設費補助

 次世代育成支援対策施設整備交付金(ハード交付金)の対象事業となることを条件に、建設費総額の2分の1を上限とする建設費補助を行う(ただし、補助額はハード交付金交付基礎点数に2000を乗じた額と比べて少ないほうの額とする。)。

入所児童処遇改善費補助

 開設当初の運営が円滑に進められ、入所児童の適切な処遇が図られることを目的として、開設後の3年間、入所児童処遇改善費補助(入所定員1人あたり初年度10万円、2・3年目5万円)を行う

運営費補助

 新園の運営費は、「中野区保育所事業扶助要綱」に基づき支払う。

提案内容

建設計画
運営理念
保育計画
職員配置
特別保育事業の実施
延長保育料
家庭、医療機関との連携
事故防止、安全対策
虐待等への対応
給食への対応
苦情対応の体制
地域における子育て支援及び地域との交流 
職員の研修

運営事業者の選定方法

 事業者は、事業者選定委員会の審査結果を踏まえ区長が決定する。審査方法は、運営主体及び事業計画にかかる書類審査と、応募事業者が運営する既存保育所の運営内容についての審査とする。審査の結果、適切な事業者がないときは、再募集等による。

事業者の公表等

 提出された書類については、事業者選定以外の目的には使用しない。選定した事業者の名称及び提案の概要について公表する。選定されなかった事業者の名称、提出書類等は公開しない。 

保護者説明会の開催状況及び今後のスケジュール

  • 平成17年12月以降 保護者説明会開催(住吉7回、東中野5回、桃が丘4回)
  • 平成18年4月下旬 事業者募集、事業者説明会の開催
  • 平成18年7月 募集締切
  • 平成18年9月 事業者の決定

その他

戦略会議の設置について(区長室)

 「新しい中野をつくる10か年計画」の着実な推進のため、庁内に戦略会議を設置することについての情報提供があった。

平成18年度管理職選考実施要綱について(総務部)

 4月14日付で特別区人事委員会から実施要綱が発表されたことについての情報提供があった。

東京23区における廃プラスチック等のサーマルリサイクルの実施について(区民生活部)

 平成20年度から廃プラスチック等を可燃ごみとして焼却することにより熱エネルギー回収する「サーマルリサイクル」を本格実施するとした、平成17年10月の23区の確認に沿って、このたび実施スケジュールの概要等が決定した旨の情報提供があった。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 総務課 総務係

区役所4階 4-1窓口

電話番号 03-3228-8811
ファクス番号 03-3228-5647
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く。)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート