•  
  • メール
最終更新日 2020年6月16日
ページID 029037印刷

新型コロナウイルス感染症に係る医療・生活・経済支援対策について(2020年6月16日発表)

中野区では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたより一層の取組みとともに、ひっ迫する医療・生活・経済を支援する対策を、局面に合わせて段階的に講じています。
本日(6月16日)開会された中野区議会第2回定例会において、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急対策に関する補正予算案が成立されました。その中から主なものをお知らせします。

報道発表資料は、2020年6月16日報道発表資料 新型コロナウイルス感染症に係る医療・生活・経済支援について(PDF形式:259KB)をご覧ください。

1、介護サービス事業所特別補助金 補正予算額 6,416万8千円

事業の概要

区内の介護サービス事業者(施設を含む)が実施する感染症対策にかかる費用を補助する。

対象事業者・補助金額

対象事業者数 402(想定)

  1. 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院 1施設あたり50万円
  2. 特定施設・グループホーム 1事業所あたり30万円
  3. 通所系事業者(通所介護・通所リハビリテーション・認知症対応デイサービス)
  • 10人まで 1事業所あたり10万円
  • 11から20人まで 1事業所あたり20万円
  • 21から40人まで 1事業所あたり30万円
  • 41人以上 1事業所あたり40万円
  1. その他施設等(居宅介護支援事業、訪問系事業者、居宅介護・地域密着型事業者)1事業所あたり10万円

2、PCR検査等実施医療機関への支援 補正予算額 470万円

事業の概要

区民が必要な時に遅滞なくPCR検査を受けられる体制を維持するために、PCR検査等を実施する区内医療機関へ支援金を交付する。

要件

  1. 区内の医療機関であること
  2. 支援実施期間内に区保健所の要請によりPCR検査、新型コロナウイルス感染に関する診察及び診断を行ったこと
  3. 帰国者・接触者外来の指定を受けていないこと

支援内容

区内の医療機関がPCR検査等を実施した場合、1日あたり1万円を交付する。

支援実施期間

2020年4月1日から2020年10月31日

3、子どもと子育て家庭の相談・支援の充実(子ども配食事業) 補正予算額 123万6千円

事業の概要

子ども家庭相談における支援策として、配食による食の支援が必要であると認めた子育て家庭に対し、食事を個別に宅配するとともに、配達時に家庭の状況等の確認を行う。

対象

子ども家庭支援センターが支援している家庭のうち、食の支援が必要であると認めた18歳未満の子どもがいる家庭

自己負担金

1食あたり子ども100円、保護者300円

事業開始時期(予定)

2020年7月下旬頃

4、すこやか福祉センター等のオンライン相談の実施 補正予算額 761万7千円

事業の概要

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、来所による相談の一部が制約されている。
そのため、すこやか福祉センター等で実施している妊産婦や子育て、高齢者や障害者などの様々な相談業務について、来所や訪問に準じて相談や支援ができるように、顔の見えるオンライン相談を開始する。

対象者

すこやか福祉センター・地域包括支援センター・すこやか障害者相談支援事業所の利用者

利用想定場面

  • 窓口における子育て・高齢・障害に関する各種申請・相談時
  • 妊娠出産トータルケア支援事業及び養育発達支援事業実施時
  • 保健・福祉に関する相談

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 報道担当

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート