•  
  • メール
最終更新日 2020年6月4日
ページID 029003印刷

新型コロナウイルス感染症に係る医療・生活・経済支援対策について(2020年6月4日発表)

中野区では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたより一層の取組みとともに、ひっ迫する医療・生活・経済を支援する対策を、局面に合わせて段階的に講じています。
既に最優先に取り組む対策事業として、緊急応援資金融資斡旋や特別定額給付金などを実施したところです。
本日開催された中野区議会第2回定例会において、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急対策に関する補正予算案が成立されました。
その中から、「生活困窮者住居確保給付金事業」や「傷病手当金の支給」、また、6月1日に創設した「新型コロナウイルス感染症対策生活応援寄附金」についてお知らせします。

報道発表資料は、新型コロナウイルス感染症に係る医療・生活・経済支援対策について(PDF形式:382KB)をご覧ください。
この内容に関する区長からの説明動画は、こちら(新しいウィンドウで開きます。)をご覧ください

1、生活困窮者住居確保給付金の支給 4億7,888万2千円

事業の概要

生活困窮者自立支援法に基づき、経済的に困窮し、住居を喪失した者又は住居を喪失するおそれのある者に対し、家賃相当分の住居確保給付金を支給する。

対象者

  • 離職や自営業を廃業した者
  • 本人の責又は都合によらないで休業となり、経済的に困窮し、住居を喪失している、またはそのおそれがある者

支給額

  • 単身世帯は53,700円、2人世帯は64,000円、3人以上世帯は69,800円
  • 支給期間は、原則3か月(最長9か月)

2、傷病手当金の支給 2,599万3千円

事業の概要

給与等の支給を受けている被保険者が新型コロナウイルス感染症の感染等により、労務に服することができない場合に、傷病手当金を支給する。

支給対象

  • 対象者

中野区国民健康保険に加入中の被用者のうち、新型コロナウイルス感染症に感染した者、又は発熱等の症状があり感染が疑われる者。 320人(見込み)

  • 対象期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間

支給金額

(直近の継続した3月間の給与収入の合計額÷就労日数)×3分の2×療養のために休んだ日数

適用期間

令和2年1月1日から令和2年9月30日
ただし、入院が継続する場合等は、最長1年6ヶ月まで

3、新型コロナウイルス感染症対策生活応援寄附金の創設

事業の概要

区における新型コロナウイルス感染症対策の取組に対する寄附金を創設し、寄附金は対策事業に活用する。

寄附の方法

  • 窓口、電話、電子申請等による受付
  • ふるさと納税サイトにおける受付

 ふるさと納税の使い道に「新型コロナウイルス感染症対策」を追加
 上記とは別にガバメントクラウドファンディングを新規実施

周知及び実施状況の公表

区報、区公式ホームページ等において、寄附金募集を周知するとともに、寄附金額や使い方など実施状況を公表する。区ホームページは、こちらからご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 報道担当

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート