•  
  • メール
最終更新日 2019年6月5日
ページID 027217印刷

なかの区報2019年6月5日号 みらい・まち・なかの

 梅雨を彩る紫陽花(あじさい)の季節。紫陽花はさまざまな色があり、また、咲き始めてから終わるまでに色が変化します。それは紫陽花自身と育つ環境によるそうですが、美しさだけでなく、違いや変化を味わえるのも紫陽花の良さだと思います。

 先日、中野区と明治大学との連携講座「ダイバーシティ都市・中野をつくる」で、国際日本学部の学生に、区の現状や課題についてお話ししました。鋭い質問が次から次へと。また、自らの実体験に基づいた具体案を示す学生に思わずうならされる場面も。中野の未来を共に考えるパートナーにまた出会えたと嬉しくなりました。今後は、学生に区職員が加わってグループでディスカッションを重ねるとのこと。学生たちによる提案が楽しみです。

 また、今月2日には中野区の将来像を描く、新しい基本構想の策定に向けて、区民と区職員によるワークショップが開催されました。無作為で抽出させていただいた区民の方々と職員がテーマごとにグループで話し合う新たな試みです。8日には2回目のワークショップが開かれますが、どういった議論が交わされるのか、非常に楽しみにしています。区職員にとっても、このワークショップが気づきの場となり、これを機に一層現場へ出て、実際の状況を肌で感じることに努めてほしいと思います。

 中野区は、あらゆる個性を受け入れるまち。紫陽花のように、さまざまな色があり、違いや変化のある、そして、愛着と誇りの持てるまちにしていきたいと考えています。区は多くの皆さんが区政に関わり、それぞれが力を発揮しやすい環境づくりに努めます。みんなで将来を見据えながら、中野のまちづくりを進めていきましょう。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 区報担当

区役所4階 4-6窓口

電話番号 03-3228-8805
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート