•  
  • メール
最終更新日 2018年10月26日
ページID 026351印刷

2018年10月19日 区長定例記者会見を行いました

10月区長定例記者会見

10月19日(金曜日)に、中野区長の定例記者会見を行いました。
配付した資料は、こちら(PDF形式4,013キロバイト)をご覧下さい。会見の動画は、こちらの中野区公式ユーチューブからご覧いただけます。(新しいウィンドウで開きます。)

定例記者会見の内容

  • 「中野区を子育て先進区へ」

地域の子育て支援拠点としての児童館のあり方について

  • 哲学堂公園再生整備の見直しについて

~文化財としての価値を高めるための整備へ~

会見の概要

記者会見の概要は以下のとおりです。質疑応答は主なものを掲載しています。

「中野区を子育て先進区へ」 地域の子育て支援拠点としての児童館のあり方について

少子高齢化が進み、生産人口の減少、高齢者人口の増加が進行する状況にあるが、中野区が子育て世代に選ばれる区、「子育て先進区」となるよう、取り組みを進めていきたい。
区では、これまで、小学生の遊びの拠点をキッズ・プラザとして小学校内に整備を進めており、平成31年度には、9か所目のキッズ・プラザ江原を開設する。
また、子育て家庭への支援、子育ての仲間づくりの場として子育てひろば(地域子育て支援拠点事業)の地域展開を進めていく。
今後は、これらの整備・展開とあわせて、子ども子育て世代に対する地域包括ケアの地域づくりを進めるために、児童館を地域の子育て活動支援拠点として位置付け、その役割や機能を整理し適正な配置を行っていく。

質疑応答

  • 児童館は「一定数残す」とのことだが、いつ決まるのか。

平成31年度の新たな児童館施設等の配置計画策定時までには決まる。次世代育成委員の活動区域などに配慮する。

  • 前区長は「児童館を全て廃止してキッズ・プラザにする」との考えだったようだが、今回の児童館存続の考えとの整理はどのようになるのか。

キッズ・プラザは今後も計画的に整備していく。児童館は居場所づくりなどに必要であり、両施設で役割分担すべきものと考えている。配置検討の中で、各機能も考えていく。

  • 現在の児童館18館についてはどのように考えているか。

施設は老朽化もしており、18館全てを維持することは難しい。数を減らす可能性はある。

  • キッズ・プラザと児童館、それぞれの役割について、現在はどうとらえているか。

小学校内にあるキッズ・プラザは規模が小さい。中高学年には利用しづらく、地域の子育て団体等の活動においても地域とのネットワークが築きにくいと考えている。そのため、児童館は地域の中で子育て支援の拠点として役割があると考えている。

哲学堂公園再生整備の見直しについて 文化財としての価値を高めるための整備へ

区は哲学堂公園再生整備について、インバウンドを目指した周辺エリアの整備と施設整備を優先とした考え方を改め『歴史文化を守り、区民や来街者が憩いを楽しむ利活用』を目指し、文化財としての本来的価値を高めるための整備を行うこととした。
現行の「哲学堂公園再生整備基本計画」を見直し、再生整備の目標を「哲学堂公園の歴史・背景を汲んだ、哲学堂が持つ文化財としての本来的価値を高めるための整備」とし、井上円了没後100年となる平成31年(2019年)の国の名勝指定を目指す。
学習展示施設の整備は、規模の縮小を前提とし、施設の配置や整備時期を変更する。整備工事の着手は、名勝指定の完了後とする。

質疑応答

  • ヒマラヤ杉など、樹木の伐採はどのようになるのか。

樹木など緑については極力減らさない。伐採しても補植などで緑の確保に努めたい。

  • 学習展示施設などの竣工はいつか。

2022年度頃となる見込みである。

  • 整備全般への考えは。

テーマが「哲学」であり「マニアックな」公園と言える。インバウンド等に関しては、大勢がバスで来て見学するような公園ではなく、街歩き、散策をしながら訪ねてくる場所ととらえている。文化財など、現在公園にある魅力を維持する。

  • 学習展示施設の規模や位置は。どの機能を縮小するのか。

規模や位置はこれから議論する。セミナー室でのスライドによる説明などでなく、VRやAR技術などの工夫により、面積は減らせるのではと考えている。

その他の質疑応答

  • 中野サンプラザの新たな機能は、いつ方針等が示されるのか。

規模などを含め、今年度中を考えている。今後の区民会議でも数回に分けて議論する。

  • 旧中野刑務所の正門について、どのように考えているのか。

現在、区民の皆さんの声を丁寧に聴いている。近隣にチラシを配り、平和の森小学校PTA、保育園・幼稚園関係者などからも意見を聴いている。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 報道担当

区役所4階 4-5窓口

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート