•  
  • メール
最終更新日 2018年10月5日
ページID 026260印刷

2018年度 区報読者アンケートに関する集計結果

 「なかの区報」8月5日号で実施した「なかの区報読者アンケート」では、239人の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、今後の編集に生かしていきます。
 アンケート集計結果は次のとおりです。(以下、円グラフでは各項目の小数点第2位を、本文では同第1位を四捨五入)

調査の概要

アンケート調査期間

2018年8月2日から2018年8月31日まで

回答人数

239人

回収方法別の内訳

 全体の25%が、ホームページからの回答でした。

回収方法別内訳
項目 人数
声のポスト・アンケート回収ボックス 87人

郵送

10人
ファクス 83人
ホームページ 59人

回答方法

調査の結果

回答者の年代

 最多は70代で約4分の1、次に60代、50代、80代が続き、回答者のおよそ4人に3人は50代以上でした。

回答者年代別内訳
年代 人数
10代 0人
20代 11人
30代 25人
40代 28人
50代 36人
60代 40人
70代 57人
80代 29人
90代 3人
無回答 10人

年代別内訳

設問1 区の情報を何から得ていますか(複数回答)

 これまでと同様に、紙媒体が大勢を占めました。

区の情報の主な入手先
項目 回答人数
区報 231人
区ホームページ 95人
区生涯学習スポーツ情報紙「ないせす」 81人
掲示板(ポスター) 76人
家族や知人との会話 55人
区民活動センター広報紙 28人
区役所フェイスブック・ツイッター 14人
区発信のメールマガジン 12人
区都市観光ホームページ「まるっと中野」 12人

区映像広報番組「ピックアップなかの」

8人

「マチイロ」 1人
「マチマチ」 0人
その他 29人

 区の情報の主な入手先

設問2 区の情報をインターネットから得る場合に、利用している機器は何ですか(複数回答)

 パソコン、スマートフォンの普及が感じられる一方で、まだまだ電子媒体にはなじみのない方も一定程度存在することをうかがわせる結果でした。

利用機器
項目 回答人数
パソコン 100 人
多機能携帯電話(スマートフォン) 83人
多機能携帯端末(タブレット) 16人
携帯電話 11人
分からない(利用していない) 42人
無回答 47人

利用機器

設問3 区の広報媒体についての意見(自由意見から抽出)

  • 自分が参加できるイベント情報を増やして欲しい
  • ホームページの情報が探しづらい(分かりにくい)
  • 区の計画や方向性が分かる情報を知りたい
  • インターネットで情報を得るのが難しい世代も多いので、紙媒体の区報がなくなると困る 
  • サークル活動の情報、文化情報などを知りたい(ポスティングして欲しい)
  • 他自治体の広報媒体も参考に工夫を  など

設問4 なかの区報を毎号読みますか

  毎号読むという方が80%でした。

区報からの情報入手状況
項目 回答人数
毎号読む 190人
だいたい読む 38人
読まないことが多い 4人
ほとんど読まない 2人
無回答 5人

読む頻度

設問5 1号当たり、どのくらい読んでいますか

「すみずみまで」が半数を超え、次は「興味のある記事だけ」でした。

区報からの情報入手状況
項目 回答人数
すみずみまで読む

130人

半分程度読む 29人
興味のある記事だけ読む

72人

ほとんど読んでいない 1人
無回答 7人

1号当たりの読み方

設問6   なかの区報からの必要な情報の入手状況

 「入手できている」「どちらかといえば入手できている」が合わせて82%、「入手できていない」「どちらかといえば入手できていない」が6%でした。

区報からの情報入手状況
項目 回答人数
入手できている 79人
どちらかといえば入手できている 117人
どちらでもない 25人
どちらかといえば入手できていない 12人
入手できていない 3人
無回答 3人

区報からの情報入手状況

設問7 区報の発行回数は 

 ちょうど良いが76%となっています。

区報の発行頻度
項目 回答人数
多い(月1回以下で良い) 42人
ちょうど良い(月2回のままで良い) 182人
少ない(月3回以上が良い) 10人
無回答 5人

発行頻度

設問8 区報の紙面をリニューアルするなら(複数回答)

 このままで良いが最多で、多数を占めました。一方で、その他の具体的な意見には、「写真や強調したい部分だけでもカラーに」「高齢者でも読みやすいよう文字を大きく」「思わず手に取るようなデザインに」などの要望も寄せられています。

区報リニューアル

設問9 区報の満足度

 「満足」「どちらかといえば満足」が合わせて64%、「不満」「どちらかといえば不満」は11%でした。「文字が小さくて読みづらい」「幅広い年齢層が読みたくなる記事が欲しい」「新鮮さが欲しい」などが不満の理由に挙げられています。

区報の満足度
項目 回答人数
満足 57人
どちらかといえば満足 97人
普通 56人
どちらかといえば不満 21人
不満 4人
無回答 4人

満足度

設問10 なかの区報で、今後何を充実させて欲しいですか(複数回答) 

 区からのお知らせ情報や各種手続き情報など上位3位は変動せず、区民のみなさんに広く関わる情報が上位となりました。また、区の計画、施策情報への関心が高くなりました。

区報で今後充実させて欲しいこと
項目 回答人数
区からのお知らせ情報 149人
各種手続き情報 102人
地域のお祭り、イベント情報 99人
区の計画、施策情報 97人
防災・防犯情報 94人
健康情報 77人
福祉情報 73人
文化・スポーツ情報 68人
観光、区の魅力 54人
その他(区民の意見コーナーや文化活動の情報) 54人
子育て・教育情報 40人
区で活躍する人、出来事の紹介 26人
無回答

7人

区報で今後充実させて欲しいこと

設問11 区報を読んだ感想(自由意見から抽出)

  • いつも楽しみに読んで役立てている。
  • 区の情報が簡潔に載っているので続けて欲しい
  • 税金や健康保険の手続きなどが網羅されていてありがたい
  • 休日当番医、当番薬局の表をいつも冷蔵庫に貼って役立てている 
  • 堅苦しくてつまらない。中野の魅力や文化をもっと発信して欲しい
  • 他の区と比べてイベント情報が少ない。実施後の反響も知りたい
  • 子どもと高齢者に役立つ記事が多い。他の年代に役立つ記事も欲しい など

限られた紙面や経費を有効に使い、引き続き工夫します

 紙面内容について、さまざまなご意見をいただきました。
 区報は紙媒体として「じっくりと、繰り返し、好きな時に読める」利点があります。電子媒体の普及や技術進化の状況などを更に考慮の上、みなさんに必要な情報を効果的に届けられるよう引き続き工夫していきます。
  なお、区報読者アンケートの結果は、なかの区報2018年10月5日号紙面でも紹介しています。アンケート紙面については、なかの区報2018年8月5日号でご覧になれます。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 区報担当

区役所4階 4-6窓口

電話番号 03-3228-8805
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート