•  
  • メール
最終更新日 2016年5月16日
ページID 022531印刷

2016年5月16日 熊本地震の被災地へ新たに職員を派遣します

新たに職員を派遣

熊本地震で被災した、宇土市、熊本市に5月16日及び17日より、区職員各2人を新たに派遣します。16日からの職員派遣は、5月2日までに職員が行った各被災自治体の調査時に、宇土市から中野区に要請があったもので、8月上旬まで常時2名(1名は約二週間で交替)が、宇土市内で仮設住宅等の事務に従事することとしています。宇土市は本庁舎の使用が出来ず、現在は市民体育館を仮庁舎としています(写真は4月末現在のもの)。

宇土市の仮庁舎の様子(4月末時点)
宇土市の仮庁舎の様子(4月末時点)

17日からの派遣

一方、17日からの職員は東京都と特別区が合同で派遣するもので、熊本市内において24日まで、り災証明の発行を行います。これらの派遣について、5月13日に職員壮行会が行われました(宇土市への第3グループ、6月12日までの派遣職員を含む)。田中区長からは「職員派遣について、区民の皆さんからも『被災地の支援は大事なこと。ぜひ頑張ってほしい』と励ましの言葉をいただいている。慣れない土地であるが、体調を崩さないよう、そして中野の名に恥じないよう、頑張って来てほしい」と、激励の言葉があり、宇土市及び熊本市派遣職員の代表からは「現地の皆さんの役に立てるよう、また、派遣経験を中野区に還元できるよう、全力を尽くしてきます」などの挨拶がありました。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート