•  
  • メール
最終更新日 2015年5月14日
ページID 020897印刷

2015年5月13日 トラヴィス・ファイン監督が区長を訪問しました

 みなさん「チョコレートドーナツ」という映画をご存じですか。2012年に公開され、「シアトル映画祭」や「シカゴ国際映画祭」、「トライベッカ映画祭」など10以上の映画祭で観客賞や最優秀作品賞などを受賞したアメリカのハリウッド映画です。日本国内でも、全国130か所以上の映画館で上映されて人気を博しました。この映画の、監督・脚本・製作を手掛けるトラヴィス・ファイン監督が5月13日(水曜日)に、中野区長を表敬訪問してくださいました。なぜハリウッドの映画監督が中野区長を訪問するかというと、ファイン監督は次回作の舞台として中野を中心に考えていて、今回の来日に合わせて、中野区長への訪問が実現しました。
 握手を交わす区長とファイン監督

(上の写真は、握手を交わす田中区長とファイン監督)

 ファイン監督は「中野はニューヨークなどと比べると非常に小さな都市だが、その分いろいろなことが凝縮されている。ふとしたささいな出来事など、中野の日常をポストカードのように切り取る感覚で映画を作りたい」と区長に意気込みを伝えました。
 区長は「中野という小さな部分をよく見つめてもらうことで、日本文化や日本人が持っていたり思っていたりする意識が見えてくるはず。撮影の際はできる限り協力したい。」とエールを送りました。
 ファイン監督は、中野駅北口の商店街や中野ブロードウェイ、哲学堂公園、などを既に視察していて、5月24日に帰国するそうです。スムーズに行けば来年の春頃には日本に来て、次回作の撮影が始まる予定。中野を世界に発信できる、すばらしいハリウッド映画が出来上がるように、中野区役所も協力します。

撮影の意気込みを伝えるファイン監督

(上の写真は、撮影への意気込みを区長に伝えるファイン監督)

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート