•  
  • メール
最終更新日 2011年1月25日
ページID 012087印刷

2011年1月20日 がん検診受診率向上を目指して民間企業と協定を締結しました。

 中野区は、1月20日(木曜日)にがん検診率向上を目指して、西武信用金庫(中野区中野2丁目29番10号)及びアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社 新宿区西新宿2丁目1番1号)と「がん検診普及啓発及び受診率向上に関する協定」を締結しました。

 この協定締結は、区民の死因の第1位であり、約3割を占めているがんによる死を減少させるためには、がん検診の受診率を向上させ、がんの早期発見・早期治療につなげることが重要であることから、区民と接する機会を多く持つ企業と連携して、がん検診の受診率向上に向けた取組みを推進することを目的としています。

 がん検診受診率向上を目指して自治体と民間企業が協定を締結する例は、関東近県では埼玉県・千葉県・神奈川県、都内では調布市などで行われていますが、23区では初めてのケースとなります。

 20日に区役所で行われた協定締結式には、田中大輔中野区長、落合寛司西武信用金庫理事長、新貝寿行アフラック上席常務執行役員が出席して調印を行いました。

 調印を終えた田中区長は「既に他の自治体と協定を結んで事業を展開しているアフラック様のノウハウや、西武信用金庫様の支店や顧客訪問の機会等を区としても活用させていただいて、がん検診の受診率の向上を目指したい。」と話しました。

締結式記念撮影
締結式後の記念撮影

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 報道担当

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート