•  
  • メール
最終更新日 2011年1月7日
ページID 012008印刷

2011年1月5日 柔道メダリスト古賀氏が区長と歓談を行いました

 1月5日(水曜日)、柔道メダリストの古賀稔彦氏は、区職員向けの講演会前に、田中区長を訪問しました。
 古賀氏は2003年4月に、柔道の底辺の強化と人間育成を目的として、幼児から大人までを対象とした町道場「古賀塾」を開塾しました。オリンピック選手のコーチや講演、大学での講義など多忙を極めている同氏ですが、「塾ではボランティア的に協力してくれるスタッフの力で、指導を続けています。ただし、完全なボランティアになってはならないために、社員に給料を支払っています。」「教え方にも一貫性を持たせ、単に柔道の技術を教えるのではなく、特に子どもたちの人間育成に力を入れて指導を行っています。この塾での指導が教育者としても評価され、それが自信につながりました。」と語り、田中区長も興味深く話を聞いていました。

歓談の様子 古賀氏と田中区長

古賀氏の経歴

 1967年佐賀県出身。小学校1年より柔道を始め、中学1年より東京の「講道学舎」へ柔道入門。中学、高校時代から数々の大会を制覇。92年バルセロナ五輪で金メダル、96年アトランタ五輪で銀メダルを獲得。その豪快な勝ちぶりから「平成の三四郎」と呼ばれる。2000年4月に現役引退後は、全日本女子柔道チーム強化コーチを務めるかたわら、子どもの人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾。2007年4月より、IPU環太平洋大学体育学部体育学科教授、柔道部総監督に就任。2008年、日本健康医療専門学校校長に就任。4月より、弘前大学大学院医学研究科博士課程を習得中。

 

このページについてのお問い合わせ先

企画部 広聴・広報課 報道担当

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート