•  
  • メール
最終更新日 2020年6月22日
ページID 028947印刷

「新型コロナウイルス感染症対策生活応援寄付金」の募集について

TOP

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、皆様の生活に大きな影響を与えています。
中野区では、ひっ迫する医療、区民生活、経済活動を支援していくため、緊急経済対策等により、事業活動を守り抜くための様々な対策に全力を挙げて取組んでいるところです。
区のこれらの取組みを着実に推進していくため「新型コロナウイルス感染症対策生活応援寄付金」を募集いたします。

皆様の厚く、幅広いご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

寄付の申込み受付方法

※新型コロナウイルスに便乗した詐欺にご注意ください!
電話やメール、自宅への訪問などにより、区への寄付金をお願いすることはありません。

1窓口・電話による寄付

中野区役所企画部財政課予算係(区役所5階 5番窓口。電話番号03-3228-8813)にて受付いたします。
詳細はこちらをご覧ください(中野区ホームページ「寄付金の申込み」へ)

2ガバメントクラウドファンディング(インターネットによる寄付)

ガバメントクラウドファンディング(GCF)は区が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄付金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。
インターネットからクレジットカード等で簡単に寄付ができ、寄付額のうち2,000円を越える部分については、一定の上限額まで所得税と個人住民税の控除対象となります。

中野区は令和2年8月29日まで、GCFプロジェクト『日常をとりもどし、明るい未来のために』中野区が取り組む新型コロナウイルス対策事業をご支援ください!を実施しています。プロジェクトの詳細、お申し込みはこちらをご覧ください(新しいウィンドウで開きます。)

GCF

3ファッションアイテムによる寄付(断チャリプロジェクト)

使わなくなったファッションアイテムで寄付(ふるさと納税)が可能な「断チャリプロジェクト」(断捨離+チャリティー)に第1弾自治体として参加しています。寄付金の使い道は「新型コロナウイルス感染症対策事業」 になります。
プロジェクトの詳細、お申し込みはふるさとチョイス「断チャリプロジェクト」特集ページ(新しいウィンドウで開きます。)をご確認ください。

断チャリプロジェクト

4ふるさと納税による寄付

ふるさと納税の使い道として「新型コロナウイルス感染症対策事業」を追加しました。
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」*中野区(新しいウィンドウで開きます。)よりお申込みいただけます。

ふるさとチョイス

中野区内にお住まいの方は、お礼の品贈呈の対象外ですので、ご了承ください。
詳細はこちらをご覧ください(中野区公式ホームページ『「ふるさと納税」は中野区へ』へ)

これまでの区の主な取組み

PCR検査センターの設置

感染拡大防止とその防止への対応として、4月29日に中野区PCR検査センターを設置しました。
検査結果を区と医師会が共有することにより、陽性者への対応に加え、陰性判定が出た方へ通常の医療への速やかな実施が可能となり、医療機関への負担軽減を図り、診療と検査体制の安定的な運用を図っています。

協定事業者との連携による感染症対応と拡大防止

中野区では、中野区と協定を締結している事業者等との連携により、感染症への対応と拡大防止に取り組んでいます。

PCR検査センター業務に係る移送手段の確保

中野区PCR検査センターの運用に併せ、陽性患者(軽症者)の移送にあたって、包括連携協定を締結しているトヨタモビリティ東京株式会社より、車両の無償提供を受けました。陽性患者自宅とPCR検査センターとの移送を中心に運行しています。

自宅療養陽性者緊急支援

陽性患者のうち軽症者(無症状含む)で自宅待機をしている方のうち、家族等の支援が受けられず食料品等の調達が困難な方や、宿泊療養が困難な方に、包括連携協定を締結するセブン‐イレブン・ジャパン他、区内事業者等の協力により、食料品等の「自宅療養セット」を調達して配布する取組みを行っています。

寄付の活用について

いただいた寄付金は、新型コロナウイルス感染症に係る支援対策における区の事業全般へ幅広く活用させていただきます。
区の新型コロナウイルス感染症に係る支援対策は、3つの柱に基づいた視点により、「医療」・「生活」・「経済」支援へ活用いたします。
区では、区民の皆様の生命や生活に関わる対策を最優先に実施し、今後、国や東京都による緊急経済対策とあわせ、迅速かつ効果的な対策に取組んでまいります。

寄付金の活用方法や結果について

寄付を活用して実施した対策・取組みについては、随時お知らせいたします。

「ふるさと納税」寄付金控除の適用を受けるには

ふるさと納税を行い、税金の控除を受けるためには、原則として確定申告を行う必要があります。確定申告が不要な給与所得者等で、ふるさと納税を行う自治体が5団体以内の場合は、寄付先の自治体に申請することにより確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が利用できます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度のご利用について

ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付した翌年の1月10日までに、以下の書類を寄付先の自治体へご提出ください。
なお、中野区への寄付については、ふるさとチョイスでお申込みの際に、ワンストップ特例利用を「希望する」にチェックをしてください。制度のご案内と申告特例申請書をお送りいたします。

提出書類
申告特例申請書(個人番号確認及び本人確認のための書類を添付)

申告特例申請書提出後に引っ越しや婚姻等により氏名や住所などが変更となった場合の提出書類
申告特例事項変更届出書(変更内容が分かる書類を添付)

上記書類の提出先
〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号 中野区役所 企画課(ふるさと納税担当)宛

このページについてのお問い合わせ先

企画部 企画課 

〒164-8501 東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8987
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート