•  
  • メール
最終更新日 2021年4月16日
ページID 028781印刷

新型コロナウイルス感染症に関連する人権侵害をなくしましょう

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別がSNS等で広がっているとの報道があります。
新型コロナウイルス感染症を理由とした、不当な偏見、差別、いじめ等は人権侵害であり、あってはなりません。公的機関等が提供する正確な情報をもとに、冷静な行動をお願いします。


法務省の人権擁護機関、東京都では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方の人権相談を受け付けています。

「新型コロナウイルス感染症に係る人権問題」の東京都人権局ホームページへのリンク(新しいウィンドウで開きます。)

法務省が行う人権相談窓口

リンク先をクリックすると、新しいウィンドウで開きます。

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

子どもの人権110番

0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

女性の人権ホットライン

0570-070-810(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

外国語人権相談ダイヤル(がいこくご じんけんそうだん だいやる)

0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

インターネット人権相談窓口

人権相談をインターネットでも受け付けています。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 企画課 平和・人権・男女共同参画係

区役所4階9番窓口

電話番号 03-3228-8229
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート