中野区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程

昭和50年4月1日

訓令第20号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第57条に規定する単純な労務に雇用される職員(以下「職員」という。)の勤務時間、休日、休暇等について定めるものとする。

(正規の勤務時間)

第2条 正規の勤務時間は、休憩時間を除き、1週間について38時間45分とする。ただし、中野区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成10年中野区条例第1号。以下「条例」という。)第2条第2項に規定する職員(以下「再任用短時間勤務職員」という。)については、休憩時間を除き、1週間について31時間とし、条例第2条第3項に規定する職員(以下「任期付短時間勤務職員」という。)については、休憩時間を除き、1週間について31時間までの範囲内とする。

(週休日)

第2条の2 日曜日及び土曜日は、週休日とする。ただし、再任用短時間勤務職員及び任期付短時間勤務職員(以下「短時間勤務職員」という。)については、日曜日及び土曜日のほか、月曜日から金曜日までの5日間のうち1日から3日までの範囲内で週休日として定めることができる。

(正規の勤務時間の割り振り)

第3条 職員の正規の勤務時間の割り振りは、月曜日から金曜日まで(短時間勤務職員については、前条ただし書の規定により定めた週休日を除く。)のそれぞれにおいて、次条に規定する休憩時間を除き、午前8時30分から午後5時15分までとする。

(休憩時間)

第4条 職員の休憩時間は、正午から午後1時までとする。

2 前条の正規の勤務時間を超えて勤務する職員の休憩時間は、勤務時間が正規の勤務時間を含み6時間を超える場合は1時間、継続して1昼夜にわたる場合は1時間30分とし、その時限は、命令権者が定める。

第5条 削除

(兼務職員の勤務時間)

第6条 2以上の職を兼ねる職員の勤務時間、休憩時間等は、任命権者が定めることができる。

(特例)

第7条 職務の性質により第2条から第4条までの規定によることができない職員並びにその職員の正規の勤務時間の割り振り、週休日及び休憩時間は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

2 前項の場合において、職員の正規の勤務時間は、1週間当たり38時間45分(再任用短時間勤務職員の正規の勤務時間は、1週間当たり31時間、任期付短時間勤務職員の正規の勤務時間は、1週間当たり31時間までの範囲内)とする。

3 第3条の規定にかかわらず、任命権者は、別に定める期間に限り、指定する職員に対して、第4条に規定する休憩時間を除き、次の各号のいずれかの時間を正規の勤務時間として割り振ることができる。

(1) 午前7時30分から午後4時15分まで

(2) 午前8時から午後4時45分まで

(3) 午前9時から午後5時45分まで

(4) 午前9時30分から午後6時15分まで

4 任命権者は、職務の遂行上特に必要があるときは、第2条から前条まで、第1項及び前項に規定する勤務時間、休憩時間等を臨時に変更することができる。

5 任命権者は、第1項の規定により職員の週休日及び正規の勤務時間の割り振りについて定める場合には、4週間を超えない期間ごとにこれを定めなければならない。

(特例による勤務時間等の報告)

第8条 統括管理者(すこやか福祉センターにあっては、すこやか福祉センター所長。以下この条及び次条において同じ。)は、別表第1及び別表第2において統括管理者が定めることとされた事項並びに前条第1項ただし書の規定により別に定めることとされた事項について、その定めた日の属する月の末日までに内容を文書により、区長に報告しなければならない。その内容を変更したときも同様とする。

(統括管理者の報告等)

第9条 区長は、統括管理者に対して、勤務時間、休憩時間等に関して必要な報告を求め、又は指示することができる。

(準用)

第10条 この規程に定めるもののほか、職員の勤務時間、休日、休暇等については、条例の適用を受ける者の例による。

(臨時職員)

第11条 職員で臨時に雇用する者の勤務時間、休日、休暇等については、第2条から第8条までの規定にかかわらず、条例第19条に定める者の例による。

附 則(昭和52年7月1日訓令第19号)

この規程は、昭和52年7月1日から施行し、昭和52年5月1日より適用する。

附 則(昭和53年9月30日訓令第17号)

この規程は、昭和53年10月1日から施行する。

附 則(昭和54年4月24日訓令第7号)

この規程は、昭和54年5月1日から適用する。

附 則(昭和54年9月27日訓令第18号)

この規程は、昭和54年10月1日から施行する。

附 則(昭和55年2月28日訓令第4号抄)

1 この規程は、昭和55年3月1日から施行する。

附 則(昭和58年3月24日訓令第5号)

この規程は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年8月30日訓令第21号)

この規程は、昭和59年9月1日から施行する。

附 則(昭和60年3月15日訓令第3号)

この規程は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年11月7日訓令第18号)

1 この規程は、昭和60年11月15日から施行する。

2 改正後の別表第2運動施設事務所の項中平和の森公園少年のスポーツ広場事務所に係る部分は、昭和60年10月1日から、改正後の別表第2図書館の項中江古田図書館に係る部分は、昭和60年11月1日から適用する。

附 則(昭和62年12月10日訓令第10号)

この規程は、昭和63年1月3日から施行する。

附 則(平成2年3月31日訓令第7号)

この訓令は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成3年3月28日訓令第12号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年9月8日訓令第24号)

この訓令は、平成4年9月12日から施行し、改正後の別表第2健康学園の項勤務を要しない日の欄中ただし書の規定は、同年7月1日以後の職員の勤務について適用する。

附 則(平成5年3月29日訓令第3号)

この訓令は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成5年9月3日訓令第19号)

この訓令は、平成5年9月5日から施行する。

附 則(平成6年10月28日訓令第17号)

この訓令は、平成6年11月1日から施行する。

附 則(平成7年3月27日訓令第7号)

この訓令は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年4月1日訓令第7号)

この訓令の施行の際現にこの訓令による改正前の中野区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程の規定に基づき定められている職員の正規の勤務時間、休憩時間等は、中野区職員の勤務時間、休憩時間等に関する規程の一部改正(平成10年中野区訓令第6号)附則各項の規定に基づく正規の勤務時間、休憩時間等の例による。

附 則(平成17年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第6号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年10月9日訓令第21号)

この訓令は、平成21年10月11日から施行する。

附 則(平成30年3月30日訓令第13号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第7条、第8条関係)

所属

種別

正規の勤務時間

休憩時間

週休日

経営室

庁舎の宿日直業務に従事する職員

1週間について38時間45分勤務するものとし、その割り振りは、経営室の施設に係る分野の統括管理者が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間、継続して1昼夜にわたる場合は1時間30分とし、その時限は、経営室の施設に係る分野の統括管理者が定める。

4週間を通じ経営室の施設に係る分野の統括管理者が定める4日以上の日

すこやか福祉センター

すこやか福祉センターに勤務する職員

午前8時30分から午後7時15分までの間において7時間45分勤務するものとし、その割り振りは、すこやか福祉センター所長が定める。

1時間とし、その時限は、すこやか福祉センター所長が定める。

日曜日及び4週間を通じすこやか福祉センター所長が定める4の月曜日又は土曜日

児童館、ふれあいの家、キッズ・プラザ及び学童クラブ

児童館、ふれあいの家、キッズ・プラザ及び学童クラブに勤務する職員(高齢者集会室の用務業務に従事する職員及び任期付短時間勤務職員を除く。)

午前8時30分から午後8時までの間において7時間45分勤務するものとし、その割り振りは、すこやか福祉センターの地域支援に係る分野の統括管理者が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、すこやか福祉センターの地域支援に係る分野の統括管理者が定める。

日曜日及び4週間を通じすこやか福祉センターの地域支援に係る分野の統括管理者が定める4の月曜日又は土曜日

高齢者集会室の用務業務に従事する職員

午前8時30分から午後5時15分まで

日曜日及び月曜日

任期付短時間勤務職員

正午から午後6時までの間において5時間勤務するものとし、その割り振りは、すこやか福祉センターの地域支援に係る分野の統括管理者が定める。

週5日勤務の者にあつては日曜日及び別に定める1日、週6日勤務の者にあつては日曜日

区民サービス管理部

中野区介護認定審査会の夜間開催に係る業務に従事する職員

交替勤務

(1) 午前8時30分から午後5時15分まで

(2) 正午から午後8時45分まで

1時間とし、その時限は、区民サービス管理部の介護保険に係る分野の統括管理者が定める。

日曜日及び土曜日

保育所

保育所に勤務する職員(調理業務に従事する職員及び任期付短時間勤務職員を除く。)

午前7時15分から午後7時30分までの間において7時間45分勤務するものとし、その割り振りは、子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める。

日曜日及び土曜日

調理業務に従事する職員

日曜日並びに12週間を通じ子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める4の平日(月曜日から金曜日までの日をいう。以下同じ。)及び8の土曜日(子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める職員にあつては、日曜日並びに4週間を通じ子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める2の平日及び2の土曜日)

任期付短時間勤務職員

次のいずれかの時間について勤務するものとし、その割り振りは、子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める。

(1) 午前7時15分から午前10時45分までの間のうちの2時間

(2) 午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの2時間

(3) 午前7時15分から午前10時45分までの間のうちの2時間及び午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの2時間

(4) 午前7時15分から午前10時45分までの間のうちの2時間及び午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの3時間

(5) 午前7時15分から午前11時30分までの間のうちの3時間及び午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの2時間

(6) 午前7時15分から午前11時30分までの間のうちの3時間及び午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの3時間

日曜日及び土曜日

次のいずれかの時間について勤務するものとし、その割り振りは、子ども教育部の保育園・幼稚園に係る分野の統括管理者が定める。

(1) 午前7時15分から午前11時30分までの間のうちの3時間

(2) 午後3時30分から午後7時30分までの間のうちの3時間

週5日勤務の者にあつては日曜日及び土曜日、週6日勤務の者にあつては日曜日

清掃事務所

清掃事務所に勤務する職員

午前7時10分から午後4時25分までの間において、1週間について38時間45分勤務するものとし、その割り振りは、清掃事務所長が定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、清掃事務所長が定める。

日曜日及び当該日曜日の属する週の他の曜日のうち清掃事務所長が定める1日

別表第2(第7条、第8条関係)

所属

種別

正規の勤務時間

休憩時間

週休日

学校(幼稚園を除く。)

学校(幼稚園を除く。)に勤務する職員(任期付短時間勤務職員を除く。)

1週間について38時間45分勤務するものとし、その割り振りは、別に定める。

勤務時間が6時間を超える場合は1時間とし、その時限は、別に定める。

日曜日及び土曜日

任期付短時間勤務職員

午前8時から午後5時15分までの間において6時間又は7時間45分勤務するものとし、その割り振りは、別に定める。

日曜日及び土曜日並びに週4日勤務の者にあつては別に定める1日、週3日勤務の者にあつては別に定める2日及び週2日勤務の者にあつては別に定める3日

幼稚園

任期付短時間勤務職員

午前8時15分から午後2時30分までの間において6時間勤務するものとし、その割り振りは、別に定める。

1時間とし、その時限は、別に定める。

日曜日及び土曜日

中野区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規程

昭和50年4月1日 訓令第20号

(平成30年8月1日施行)

体系情報
第4編 員/第3章
沿革情報
昭和50年1月1日 訓令第55号
昭和50年1月1日 訓令第57号
昭和50年4月1日 訓令第20号
昭和52年1月1日 訓令第13号
昭和52年7月1日 訓令第19号
昭和53年1月1日 訓令第7号
昭和53年9月30日 訓令第17号
昭和54年4月24日 訓令第7号
昭和54年9月27日 訓令第18号
昭和55年2月28日 訓令第4号
昭和56年1月1日 訓令第14号
昭和57年1月1日 訓令第3号
昭和57年1月1日 訓令第17号
昭和58年3月24日 訓令第5号
昭和59年1月1日 訓令第11号
昭和59年8月30日 訓令第21号
昭和60年3月15日 訓令第3号
昭和60年11月7日 訓令第18号
昭和61年1月1日 訓令第5号
昭和62年12月10日 訓令第10号
昭和63年1月1日 訓令第3号
昭和63年1月1日 訓令第8号
昭和64年1月1日 訓令第6号
平成2年3月31日 訓令第7号
平成3年1月1日 訓令第3号
平成3年3月28日 訓令第12号
平成4年1月1日 訓令第6号
平成4年1月1日 訓令第20号
平成4年9月8日 訓令第24号
平成5年1月1日 訓令第16号
平成5年3月29日 訓令第3号
平成5年9月3日 訓令第19号
平成6年10月28日 訓令第17号
平成7年1月1日 訓令第3号
平成7年3月27日 訓令第7号
平成8年1月1日 訓令第7号
平成9年1月1日 訓令第8号
平成10年4月1日 訓令第7号
平成11年1月1日 訓令第24号
平成12年1月1日 訓令第8号
平成13年4月1日 訓令第25号
平成14年4月1日 訓令第8号
平成15年4月1日 訓令第12号
平成16年4月1日 訓令第14号
平成17年3月31日 訓令第2号
平成18年3月31日 訓令第6号
平成19年4月1日 訓令第20号
平成19年6月1日 訓令第26号
平成19年10月1日 訓令第30号
平成20年4月1日 訓令第5号
平成20年10月1日 訓令第18号
平成21年4月1日 訓令第10号
平成21年10月9日 訓令第21号
平成21年10月23日 訓令第23号
平成22年4月1日 訓令第6号
平成22年4月28日 訓令第15号
平成22年7月26日 訓令第28号
平成23年4月1日 訓令第8号
平成25年4月1日 訓令第5号
平成26年4月1日 訓令第11号
平成28年4月1日 訓令第10号
平成30年3月30日 訓令第13号
平成30年8月1日 訓令第20号