•  
  • メール
最終更新日 2018年4月2日
ページID 023504印刷

児童手当はいつ、どのように手続きをするのですか?

質問

児童手当はいつ、どのように手続きをするのですか?

回答

 出生や転入等により新たに受給資格が生じた場合は、児童手当の申請が必要です。

申請に必要なもの

  • 認定請求書(用紙は窓口にあります。関連ファイルよりダウンロードができます。)  
  • 個人番号がわかるもの(通知カード等)+ 本人確認書類(運転免許証・保険証等)
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 口座(請求者名義のもの)

申請者本人の健康保険証の写し(お子さんのものは不要)、もしくは年金加入証明
ただし、請求者が国民年金に加入している、もしくは年金未加入の場合は不要

  • 国民健康保険組合加入者(全国土木建築国民健康保険組合は除く)で、厚生年金に加入の方は、年金加入証明書が必要です。
  • 転入された請求者・配偶者の所得情報はマイナンバーによる情報連携で旧住所地に情報照会します。
  • 請求者と児童が別居している場合等、状況によって他に提出書類が必要な場合があります。
  • 認定請求書以外の必要書類は申請後の提出が可能です。
  • 額改定請求(子どもが増えた場合等)の場合は、健康保険証の写し、年金加入証明、口座の指定は不要です。
     

申請期限 

児童手当の申請は児童の出生日または、前市区町村の転出予定日の翌日から15日以内にお早めに申請してください。申請が遅れた場合、手当をさかのぼって支給することはできません。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

関連情報

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子ども家庭支援センター(子) 子育て窓口

区役所3階 11番窓口

電話番号 03-3228-5484
ファクス番号 03-3228-5657
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート