•  
  • メール
最終更新日 2017年9月15日
ページID 024667印刷

児童指導要録の誤廃棄について

 中野区立美鳩小学校(*)において児童の個人情報が記載された児童指導要録の一部を誤廃棄する事故が発生しました。この事故は、2017年8月24日に同校の教員が文書の確認をしていたところ、保存されているべき児童指導要録の一部(平成19年度から平成22年度までのもの)がないことに気付き、発覚したものです。
 ただちに校内各所を捜索し、作業に関わった全教員への聴き取りなどの調査を行った結果、同指導要録については、旧大和小学校において、既に同年3月18日に誤廃棄(溶解処分)していたことが分かりました。
 なお、児童指導要録は、氏名・住所等の記載されている様式1(20年保存)と、評定などが記載されている様式2(5年保存)で構成され、今回誤廃棄したのは、様式1です。

(*)中野区立美鳩小学校…旧大和小学校と旧若宮小学校の統合校として2017年4月に開校

事故発生の経過

  2017年3月15日に、当時の大和小学校で教員が文書整理のため、文書保存年限を確認しながら廃棄の仕分けの作業を行っていました。作業では、児童指導要録を束ねたファイルに記載された年度を中心にチェックしていましたが、ファイルに何が綴じ込まれているのか十分に確かめなかったため、本来保存されるべき年度の児童指導要録(様式1)を廃棄文書に分別しました。
 同年3月18日に、廃棄文書のうち、個人情報を含む文書については、全てを溶解処分しました。
 校内では、4月の学校統合後も誤廃棄に気付かず、同年8月24日に現在の美鳩小学校で文書を確認していた際に発覚しました。
 児童指導要録は、保管場所から移動する際には、必ず記録に残すことにしており、誤廃棄された指導要録は、校外への持ち出しの記録などはないことから、情報流出の可能性はありません。
 以上の内容について、区教育委員会は2017年9月14日、対象者全員に謝罪文を送付しました。

誤廃棄した情報の内容

  平成19年度から平成22年度までの旧大和小学校卒業生の児童指導要録(様式1)253人分
    ※記載内容:氏名、生年月日、現住所、保護者名、入学・卒業年月日、進学先学校名
          入学前の経歴(出身幼稚園、保育所等)、各学年における校長名及び担任名

今後の対応について

  2017年9月14日に対象者全員に謝罪文を送付するとともに、2017年9月16日に、美鳩小学校において保護者会を開催し、本件の説明と改めての謝罪を行います。
 なお、誤廃棄した児童指導要録は、速やかに学校において再作成するとともに、こうしたことが再び起こることのないよう、個人情報の保護と文書の管理について、監督者による管理の徹底等を図ったところであり、再発防止に向け、早急に実施してまいります。

教育長コメント

 今回の児童指導要録の誤廃棄につきまして、対象の卒業生及びその保護者をはじめ、区民の皆さまに多大なご迷惑、ご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 教育委員会として、個人情報の取扱いについては日頃から教員に対して指導しているところですが、再発防止に向けて早急に対策を講じ、区民の皆さまの信頼を回復できるよう努力してまいります。       

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 学校教育分野 教育指導担当

区役所5階 16番窓口

電話番号 03-3228-5589
ファクス番号 03-3228-5682
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート