•  
  • メール
最終更新日 2012年5月9日
ページID 013400印刷

中野区学校支援ボランティア制度

中野区教育委員会では、地域の人材を学校支援ボランティアとして活用することにより中野区立小学校・中学校及び幼稚園の教育活動の充実を図り、家庭、地域及び学校が一体となり地域ぐるみで子どもたちの生きる力を育むとともに、地域に開かれた特色ある学校づくりを推進することを目的に平成23年9月に「学校支援ボランティア制度」を創設しました。

制度の仕組み

ボランティアの活動内容

  • 学校教育活動の支援(学校外で行うものを含む)
  • 学校環境整備の支援 

コーディネーターの配置

学校と地域や学校とボランティアとの連携を図り、ボランティアの活動を推進するため、コーディネーター(次世代育成委員)を各学校ごとに配置します。
コーディネーター(次世代育成委員)は、学校のニーズに応じたボランティア情報を提供するとともに、学校とボランティアとの調整を図り、実際の活動につなげます。

学校支援会議の設置

ボランティア制度の安定的な推進及び学校と地域の連携を図るため、中学校区ごとに学校、次世代育成委員、PTA他、学校運営に関わる方で構成される「学校支援会議」を設け、区域内におけるボランティア活動状況に関する情報交換、学校が必要とする人材に関する情報共有を行います。 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども・教育政策課 学校再編・地域連携係

区役所5階 3番窓口

電話番号 03-3228-5548
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート