•  
  • メール
最終更新日 2010年2月26日
ページID 010958印刷

各学校の取り組み(平成22年6月)

   このページでは、中野区立学校の特色ある教育活動や、児童・生徒たちの活動を掲載しています。
 青字のリンクをクリック していただくと、動画をご覧いただけます。
 (再生が始まります。音が出ますのでご注意ください。)

沼袋小学校児童の野方小学校たんけん(6月22日、23日)

 沼袋小学校の児童が、野方小学校を訪問し、校舎探検をしました。野方小学校の児童とも自己紹介や色々なゲームで仲良く遊び、交流を深めました。帰るときには、野方小学校の児童が窓から手を振ってくれて、思わず涙ぐむ児童もいました。丸山小とも9月下旬に交流事業を企画中です。
 来春、沼袋小学校と野方小学校、丸山小学校は統合を控えています。お互いに仲良くなって統合新校での活動も楽しみにしています。

みんなで仲良く遊び、交流を深めました
みんなで仲良く遊び、交流を深めました
野方小学校について説明を受けています
野方小学校について説明を受けています

第九中学校 理科講演会(6月11日)

動画で見る理科講演会の様子 (第九中学校体育館)動画提供 JCN中野

  宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉教授であり、NPO法人「子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)」の会長 的川 泰宣(まとがわ やすのり)先生をお招きし「宇宙と私たちの未来」という題で講演をして頂きました。ロケットやスペースシャトルの話、宇宙飛行士の方の話など、画像を交えた講演に生徒たちも興味深く聞きいっていました。

 講演の中で的川先生は、人類が宇宙の謎を解き明かしてきた歩みの中で、3つのキーワード「好奇心」「冒険の心」「匠の心」が大切であり、私たち一人ひとりの「いのち」は、この宇宙の進化の過程で生まれてきたものと話されていました。そして、私たちが「宇宙と私たちの未来」を探求していくうえで、「いのち」というものをしっかりと捉えていかなければならないと繰り返し話されていました。講演の最後に、生徒たちに対し、みんなに大切にしてほしい3つの心「好奇心」「冒険の心」「匠の心」を支えているのは「いのち」であり、人類の未来を築いていく上でこの「いのちのトライアングル」を大切にしてほしいというメッセージを送られました。

  

理科講演会の様子
理科講演会の様子
理科講演会の様子2

的川先生と直接話す機会に、生徒も緊張気味です

新山小学校

  地域の『虹の会』という老人会の方々による読み聞かせをしていただいています。1~3年生に向けて、月に1・2回程度行っています。

本の朗読を聞く子どもたち
本の朗読を聞く子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

 1~6年生の縦割り班をつくり、異学年の交流を年間を通して行っています。遊びや給食、掃除といろいろな場面で交流ができるようにしています。

学年を超えて たてわり活動をしています
学年を超えて、みんなで楽しく活動しています

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども教育経営分野(教) 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8857
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート