•  
  • メール
最終更新日 2015年11月1日
ページID 002981印刷

洪水ハザードマップを公開しています。

平成13年11月に東京都は、神田川流域をモデルとして、2000(平成12)年9月の東海豪雨(総雨量:589ミリ、時間最大雨量:114ミリ)並みの雨が降った場合の浸水状況を表した「神田川流域浸水予想区域図」を作成・公表しました。
中野区は、この「神田川流域浸水予想区域図」をもとに神田川流域で大規模な洪水があった場合に、区民の皆さんに安全・迅速に避難していただくことにより、洪水による被害を最小限にするため「中野区洪水ハザードマップ」を作成し、公開しています。
マップは、シミュレーションに基づく浸水予想区域及び浸水の深さなどを示し、避難所などを地図・表を中心にまとめたものです。
中野区洪水ハザードマップは、防災・都市安全分野・各区民活動センターで受け取ることができます。
 

PDFファイルでご覧になれます。

下記の関連ファイルをご覧ください。

なかの便利地図でご確認いただけます。

なかの便利地図(新しいウィンドウで開きます。)」で洪水ハザードマップをご確認いただけます。
なお、地図の凡例は以下のとおりです。
 

なかの便利地図 防災情報 凡例
内容 アイコン
地域防災図 避難所
広域避難場所
備蓄倉庫
土のう配備図 神田川・土のう配備か所
妙正寺川・江古田川・土のう配備か所
洪水ハザードマップ 想定浸水深 0.2~0.5メートル
0.5~1.0メートル
1.0~2.0メートル
2.0~5.0メートル
災害時帰宅支援ステーション ガソリンスタンド
都立学校
災害時帰宅支援ステーション

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 防災・都市安全分野 災害対策担当

区役所8階 13番窓口

電話番号 03-3228-8933
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート