•  
  • メール
最終更新日 2017年11月7日
ページID 021534印刷

認定長期優良住宅の維持保全状況等に関する報告について

認定を受けた長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査を実施します

 長期優良住宅は「長く住み続けられる住宅」として、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、建物の性能や維持保全に関する計画について審査を受け、認定を受けた住宅です。
 長期優良住宅に長く住み続け、その価値を維持していくためには、お住まいの皆さま方が定期的に点検や補修を行うことが不可欠となります。そのため、長期優良住宅の認定を受けた住宅の建築主(「認定計画実施者」といいます。)は、認定を受ける際に提出された維持保全計画に基づき点検や補修を行い、その状況に関する記録等を作成・保存することが法律によって義務付けられています。
 中野区では、長期優良住宅の適正な維持保全を確認するために、これまでに長期優良住宅の認定を受けた住宅を対象に、以下のとおり維持保全状況に関する調査を実施することとしましたのでお知らせいたします。

1 調査概要

 これまでに長期優良住宅の認定を受けた住宅の建築主(認定計画実施者)を対象に、以下の内容についてご報告いただき、その維持保全状況について確認します。
1 住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録等の保存状況
2 住宅の維持保全状況

2 調査対象

 認定を受けた長期優良住宅のうち、建築後5年、10年、20年及び30年経過したもの
(調査時点において、認定申請書の工事完了予定日から5年、10年、20年及び30年経過したもの)

3 調査方法

 毎年度、上記「2 調査対象」に該当する長期優良住宅の建築主(認定計画実施者)あてに、報告依頼書を郵送し、建築主から維持保全状況を報告していただきます。なお、対象の建築主から無作為に抽出して調査を行いますので、報告依頼書が届かない場合は報告の必要はありません。

4 報告方法

提出していただくもの

  • 報告書(報告依頼書に同封しています)1部

提出方法

持参又は郵送

提出先

中野区都市基盤部建築分野建築行政担当(中野区役所9階7番)
〒164-8501 中野区中野4丁目8番1号

5 報告書の様式

報告依頼書に同封されていますが、以下からもダウンロードできます。
認定長期優良住宅状況報告書
認定長期優良住宅状況報告書(記入例)

6 報告期限

平成30年度の報告期限は、平成30年11月28日(水曜日)です。

7 参考

住宅長持ちガイド(長期優良住宅普及促進コンソーシアムホームページ)(新しいウィンドウで開きます。)
長期優良住宅の建築主(認定計画実施者)の責務(国土交通省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます。)
 

関連ファイル

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 建築分野 

東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 担当一覧参照
ファクス番号 03-3228-5672
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後12時、午後1時から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート