•  
  • メール
最終更新日 2016年4月1日
ページID 002230印刷

長期優良住宅の認定

長期優良住宅の認定

長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のことをいいます。
長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする人は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁(中野区長、ただし一棟の建築物の延べ面積が1万平方メートルを超えるものは東京都知事)の認定を申請することができます。
 
長期優良住宅の認定を受けることにより、所得税、登録免許税、不動産取得税及び固産資産税の減額が受けられます。(認定制度の概要については、「国土交通省ホームページ」をご覧ください。 )

認定手続きについて

認定の流れ

1 新築住宅を建築する場合

登録住宅性能評価機関へ技術的審査を依頼し、登録住宅性能評価機関から交付された「適合証」を認定申請書に添付して中野区(※1)に認定申請してください。
また、認定申請は必ず工事の着工前までに行ってください。

平成27年4月1日から、従来の「適合証」に代えて、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「設計住宅性能評価書(※2)」を認定申請書に添付することでも認定申請ができます。

1 新築住宅を建築する場合の認定の流れ
1 技術的審査を依頼し、「適合証」を添付して認定申請する場合 2 設計住宅性能評価を受け、「設計住宅性能評価書(※2)」を添付して認定申請する場合(平成27年4月1日受付から)
認定申請方法1 認定申請方法2

※1 一棟の建築物の延べ面積が1万平方メートルを超える場合、所管行政庁は東京都知事になります。詳しくは東京都都市整備局市街地建築部建築指導課へお問い合わせください。
※2 長期優良住宅の認定基準に対応した等級を満たしているものであって、構造の安定に関することについて、限界耐力計算以外の方法により評価されたものに限ります。詳しくは「設計住宅性能評価書を長期優良住宅の認定申請に活用する場合の留意点」をご覧ください。


技術的審査または設計住宅性能評価を行う登録住宅性能評価機関は、「一般社団法人住宅性能評価・表示協会のホームページ」で検索できます。

2 既存住宅を増改築する場合(平成28年4月1日受付から)

登録住宅性能評価機関へ技術的審査を依頼し、登録住宅性能評価機関から交付された「適合証」を認定申請書に添付して中野区(※1)に認定申請してください。
また、認定申請は必ず増改築工事の着工前までに行ってください。
 

2 既存住宅を増改築する場合の認定の流れ
1 技術的審査を依頼し、「適合証」を添付して認定申請する場合
認定申請方法1

※1 一棟の建築物の延べ面積が1万平方メートルを超える場合、所管行政庁は東京都知事になります。詳しくは東京都都市整備局市街地建築部建築指導課へお問い合わせください。

技術的審査または設計住宅性能評価を行う登録住宅性能評価機関は、「一般社団法人住宅性能評価・表示協会のホームページ」で検索できます。

認定基準

認定基準は以下の通りです。

劣化対策

長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示第209号)

国土交通省ホームページ

耐震性
維持管理・更新の容易性
可変性
バリアフリー性
省エネルギー性
維持保全計画
住戸面積 【一戸建ての住宅】
・75平方メートル以上
・少なくとも1つの階において、階段部分の面積を除いた床面積が40平方メートル以上
【共同住宅等】
・55平方メートル以上
・少なくとも1つの階において、階段部分の面積を除いた床面積が40平方メートル以上(共同住宅のメゾネット住戸にも適用されます。)
居住環境 居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準

認定に必要な書類

申請書等はこちらからダウンロードできます。
長期優良住宅の認定に係る申請・届出様式

認定手数料

1.長期優良住宅建築等計画の認定申請(法第5条第1項~第3項)

新築住宅 既存住宅
1.事前に登録住宅性能評価機関の技術的審査を受け、適合証が発行されている場合 2.事前に設計住宅性能評価を受け、設計住宅性能評価書が発行されている場合 1.事前に登録住宅性能評価機関の技術的審査を受け、適合証が発行されている場合
一戸建ての住宅 7,200円 16,000円 10,000円
共同住宅等 一戸当たりの手数料
認定申請を行う住宅が属している一棟の建築物全体の床面積に応じ、下に掲げる額を、認定申請戸数で除した額(百円未満の端数は切り捨て)
手数料の総額
(一戸当たりの手数料×認定申請対象の全戸数)
一棟の建築物全体の面積 100平方メートル以内 7,200円 16,000円 10,000円

100平方メートル超~

500平方メートル以内

13,000円 57,000円 19,000円

500平方メートル超~

1,000平方メートル以内

23,000円 92,000円 33,000円

1,000平方メートル超~

2,500平方メートル以内

32,000円 172,000円 47,000円

2,500平方メートル超~

5,000平方メートル以内

61,000円 295,000円 88,000円

5,000平方メートル超~

10,000平方メートル以内

104,000円 455,000円 151,000円

2.長期優良住宅建築等計画の変更認定申請(法第8条第1項)

新築住宅 既存住宅
1.事前に登録住宅性能評価機関の技術的審査を受け、適合証が発行されている場合 2.事前に設計住宅性能評価を受け、設計住宅性能評価書が発行されている場合 1.事前に登録住宅性能評価機関の技術的審査を受け、適合証が発行されている場合
一戸建ての住宅 7,200円 16,000円 10,000円
共同住宅等 一戸当たりの手数料
計画の変更に係る部分の床面積に2分の1を乗じた面積に応じて、「1.長期優良住宅建築等計画の認定申請(法第5条第1項~第3項)」の表中の額を、変更認定申請戸数で除した額(百円未満の端数は切り捨て)
手数料の総額
(一戸当たりの手数料×変更認定申請対象の全戸数)

3.計画の変更認定申請(譲受人の決定)(法第9条第1項)

一戸当たり 2,100円

4.地位の継承の承認申請(法第10条)

一戸当たり 2,100円
 

認定を受けた後の手続きについて

認定内容に変更が生じたとき

認定を受けた計画に変更(軽微な変更は除く)が生じた場合、変更認定申請をする必要があります。(認定の流れは、新規の認定申請の場合と同じです。)軽微な変更については、状況報告書の提出をお願いする場合がありますので、あらかじめご相談ください。

申請書等の様式は、こちらからダウンロードできます。
長期優良住宅の認定に係る申請・届出様式

工事が完了したとき

認定を受けた建築物の工事が完了した際には、工事完了報告書を提出してください。
詳しくは「工事完了報告書の提出について」をご覧ください。

工事完了報告書の様式は、こちらからダウンロードできます。
長期優良住宅の認定に係る申請・届出様式

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 建築分野 建築行政担当

区役所9階 7番窓口

電話番号 03-3228-5596
ファクス番号 03-3228-5471
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後12時、午後1時から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート