•  
  • メール
最終更新日 2018年12月14日
ページID 024390印刷

中野四季の森公園のイベント利用について

メール

北側(イベントエリア)について

 中野四季の森公園の北側部分(以下「イベントエリア」という。)は、平成29年5月に一般開放されました。
 イベントエリアでは、公園という公共空間のポテンシャルを最大限に活かした民間活力の導入により、情報発信力や集客力の高い効果的な公園活用を図っていくため、このたび、運営試行期間における利用条件をまとめたので公表します。

イベントエリア 利用条件(運営試行期間)(PDF形式:283KB)

 イベントエリアのイベント活用は、次の視点で選定を行います。(利用条件より抜粋)

  • 中野四季の森公園の魅力と公園利用者の利便を高め、公園満足度の向上に資するものであること。
  • 中野駅周辺のまちの賑わいに寄与するものであること。
  • 「中野区ブランドの発信」、「区内産業・観光振興に資する連携」、「民間メディアの情報発信力による中野区の知名度向上とイメージアップ」など、中野区にとって付帯効果が期待できるものであること。
  • 啓発活動等の公的イベントであること。
  • イベント活用日数が会場設営期間等を含み、年間の半分を超えていないこと。

イベントエリアの東側部分では、平成29年10月から平成31年1月(予定)にかけて地下自転車駐車場整備が行われるため、当該区域は使用できません。工事期間中は約半面の利用空間となるため、全面開園までの期間を「運営試行期間」として扱います。

南側(芝生エリア)について

 中野四季の森公園南側(以下「芝生エリア」という。)は、現在「中野区立中野四季の森公園管理運営要綱」に基づいた利用としていますが、イベントエリアとともに「東京の新たな活動の拠点のひとつ」として、にぎわい・憩いと環境が調和した空間を創出することを目的に、性格の異なる2つの空間を連携させた一体的な公園活用方針を図っていきます。
 このため、芝生エリアについてもイベントエリアの全面開園までを運営試行期間とし、この期間において、これまで明確に定めていなった許可方針をまとめたので公表します。

中野区立中野四季の森公園管理運営要綱(PDF形式:166KB)
芝生エリア 許可方針(運営試行期間)(PDF形式:139KB)

 今後、運営試行期間中のイベント利用状況等を踏まえ、芝生エリア及びイベントエリアを合わせた管理運営に関する規定を策定していきます。

申込み方法・選定委員会による判断

 イベントによる占用をご検討される方は、下記の問い合わせ先まで一度ご連絡いただき、選定委員会用の事業計画案(ページ下段「関連ファイル」参照)及び収支計画書の提出をお願いします。独自に作成した事業計画案等を提出する場合、必要事項が記載されている場合に限り、受け付けるものとします。
 選定委員会では、企画書等によりイベント内容を確認し、利用可否を判断いたします。選定委員会はイベントに伴う占用初日の属する月の6か月前に開催し、以降、原則月1回開催します。
(ただし、公園及び周辺環境への影響が極小である、公的機関が主催している等、選定委員会の判断に至らないことが明確な場合や、利用申し込みがない場合は開催しません。)

申込み時期の考え方(PDF形式:125KB)

選定委員会の開催

開催日 平成31年1月28日(月曜日)
対象占用時期 平成31年7月末までのイベント
提出期限 平成31年1月21日(月曜日)必着
提出方法 持参、郵送、メールのいずれか
(メールの場合は、専用の送受信システムをご案内しますので一度ご連絡ください。)
利用可否の通知 平成31年1月29日(火曜日)以降に電話及びメールにて通知

なお、今回の選定委員会に間に合わない場合は、次回の選定委員会で判断致しますので、計画承認が1か月程度遅れることをご了承ください。

利用可能日

 利用可能日については、下記をご確認ください。(平成30年12月11日最終更新)
 平成30年度及び平成31年度スケジュール

 隣接する中学校行事及び中野区行事等との調整があるため、適宜更新いたします。

料金について

  • 物販を伴わないイベント
    占用料(34円/平方メートル・日)

  • 物販を伴うイベント
    設営・撤去期間を除く開催期間について、占用料のほかに管理協力金(30円/平方メートル・日)を受け付けています(管理協力金は物販及びその利用のために人が滞留する一定の空間を対象とします。)

 問い合わせ・事前協議

 中野区都市基盤部 公園分野 公園マネジメント担当
 電話番号 03₋3228₋8849
 メール koen@city.tokyo-nakano.lg.jp

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。