•  
  • メール
最終更新日 2018年7月3日
ページID 025873印刷

保健所からのお知らせ

保健所からのお知らせ

こんにちは、中野区保健所です。

今回は食中毒を起こさないための6つのポイントを紹介します。
6つのポイントを実践して、食中毒を予防しましょう。

  1. 「食品の購入」
    野菜、魚、肉などは新鮮なものを購入しましょう。
    生鮮食品は買い物の最後に購入し、寄り道せずに家へすぐに帰りましょう

  2. 「家庭での保存」
    生鮮食品などの冷凍冷蔵の必要なものは、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫、冷凍庫に入れましょう。
    冷蔵庫の中は入れすぎないように注意しましょう。冷蔵庫内の物の目安は7割程度です。

  3. 「下準備」
    生肉、生魚、卵を取り扱った後は、その都度石鹸で手を洗いましょう。トイレや鼻をかんだ後の手洗いも重要です。
    解凍する場合は、自然解凍を避け、冷蔵庫や電子レンジで行いましょう。

  4. 「調理」
    加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。
    調理を途中でやめる時は食品を冷蔵庫に入れましょう。

  5. 「食事」
    食べる前に必ず石鹸で手を洗いましょう。
    食品を室温に長時間放置することは避けましょう。

  6. 「残った食品」
    変な臭い、変な色、変な味など、怪しいと感じた場合はすぐに処分しましょう。
    温め直すときは十分に加熱しましょう。

夏は食中毒が発生しやすい時期です。これらの6つのポイントをしっかり守り、食中毒を予防しましょう。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 生活環境分野 

中野区中野二丁目17番4号 中野区保健所2階

電話番号 03-3382-6661
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート