•  
  • メール
最終更新日 2014年6月1日
ページID 017801印刷

大気汚染防止法などの一部改正(建設工事に係るアスベスト対策関係)について

 建設工事による石綿(アスベスト)の飛散を防止する対策強化のため、 平成26年6月1日から改正大気汚染防止法や改正大気汚染防止法施行規則等が施行されました。
 おもな改正内容は以下のとおりです。

1 特定粉じん排出等作業を伴う建設工事の実施の届出義務者の変更

  特定粉じん排出等作業(吹付けアスベストやアスベストを含有する保温材等が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業)の実施の届出義務者が、工事の施工者から、工事の発注者又は自主施工者に変更されました。

  発注者に関する改正点等については、こちらのリンク先をご覧ください。

2 解体等工事の事前調査および説明の義務付け

  •  解体等工事(建築物やその他の工作物を解体、改造、補修する作業を伴う建設工事) の受注者は、特定建築材料(吹付けアスベストやアスベストを含有する保温材等)の使用の有無について事前に調査をし、発注者へ調査結果等を書面で説明することが義務付けられました。
     なお、特定粉じん排出等作業実施届が必要な場合は、 届出事項の説明も必要です。
  •  解体等工事の受注者は、事前調査の結果等を工事の現場において、公衆に見やすいように掲示することが義務付けられました。

   詳しくは、こちらのリンク先をご覧ください。

3 報告及び検査の対象拡大

  大気汚染防止法の規定に基づく行政機関による報告徴収及び立入検査の対象が、解体等工事の発注者・受注者又は自主施工者に拡大されました。

4 特定粉じん排出等作業における作業基準の改正

 大気汚染防止法施行規則別表第7が改正され、前室の設置及び集じん・排気装置の使用が義務付けられている作業について、遵守事項が追加され、下記のようになりました。

  • 作業場及び前室を負圧に保つこと
  • 隔離後初めての除去作業の開始前に、集じん・排気装置が正常稼働を確認し、異常が認められた場合は、集じん・排気装置の補修その他の必要な措置を講じること
  • 除去作業を行う日の作業開始前に、作業場及び全室が負圧に保たれていることを確認し、異常が認められた場合は、集じん・排気装置の補修その他の必要な措置を講じること
  • 隔離後初めての除去作業の開始後速やかに、集じん・排気装置の排気口で粉じん濃度を測定し、異常が認められた場合は、直ちに当該除去作業を中止し、集じん・排気装置の補修その他の必要な措置を講じること
  • これらの確認をした年月日、確認方法、確認結果、確認した者の氏名及び確認の結果に基づいて補修等の措置を講じた場合は、当該措置の内容を記録し、その記録を特定工事が終了するまでの間保管すること
    [注意] 上記記録の保管期間は、東京都においては都知事の告示により特定工事の終了後3年間になります。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 生活環境分野 

中野区中野二丁目17番4号 中野区保健所2階

電話番号 03-3382-6661
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート