•  
  • メール
最終更新日 2014年4月1日
ページID 017567印刷

「雑がみ」は資源です

「雑がみ」ってなに

古紙といえば、新聞、雑誌、段ボールの3つと思われがちですが、実はもう一つ、身近で貴重な紙資源があります。
それが「雑がみ」です。
「雑がみ」とは、家庭から出される新聞(織り込みちらしを含む)、雑誌(書籍を含む)、段ボール以外のリサイクルできる紙類のことです。
具体的には、家庭でいらなくなった投げ込みちらし、パンフレット、包装紙、紙箱、紙袋などの紙全般です。雑がみのイラスト 

「ごみ」ではなく「古紙回収」へ

燃やすごみの中には、「雑がみ」がたくさん含まれています。
ふだん何気なく捨てているメモ用紙や封筒、トイレットペーパーの芯などは、実はリサイクルできるのです。
これらをごみとしてではなく地域の古紙回収(集団回収)に出していただけると、燃やすごみが減り、さらに、資源を有効に再利用することができます。
お住まいの地域の古紙回収(集団回収)日については、「集団回収に資源を出したい方へ」のページでご確認ください。

雑がみを分別しているイラスト

「雑がみ」として出せるもの

  • お菓子や食品、文房具などの箱
  • ティッシュの箱(ビニール部分を取り除く)
  • パンフレット
  • ちらし
  • 紙袋(取っ手が紙製以外のものは取っ手部分を取り除く)
  • 封筒(窓開き封筒は窓の部分を取り除く)
  • 包装紙
  • コピー用紙
  • トイレットペーパーの芯 など

プラスチックフィルム、クリップやとめ具などの金属、粘着テープやシールなどがついている場合は、これらを取り除いて出してください。
プリント類などについたホチキスの針は、外さなくても大丈夫です。

雑がみを写真で紹介

こんなものは出せません

一見リサイクルできそうな紙類の中には、紙を再生する際の妨げになるものがあります。
次にあげるものは、紙を再生する際の色むらやしみ・においの原因になったり、機械を故障させる原因になったりします。
これらの紙類は燃やすごみに出してください。

  • 感熱紙(レシート、ファクス用紙など)
  • 防水加工紙(紙コップ、ヨーグルトのカップなど)
  • ビニールコート紙(開いて中面を見るタイプのはがきなど)
  • 写真
  • 金紙、銀紙(折り紙の金紙と金紙、ガムやたばこの銀紙など)
  • 裏カーボン紙、ノーカーボン紙(複写伝票、領収書など)
  • においのついた紙(洗剤やせっけん、お線香の箱など)
  • 粘着物のついた紙(シール、圧着はがきなど)
  • 油や汚れのついた紙(ピザの箱、紙おむつ、ティッシュなど)
  • 捺染紙(なっせんし)(アイロンプリント紙、靴やかばんの詰め物など) など

古紙に混ざると困るものを写真で紹介

「雑がみ」の出し方と注意

「雑がみ」の出し方は3種類あります。家庭から出る「雑がみ」の量に応じて、まとめやすい方法で出してください。

「雑がみ」の出し方

  • 紙袋に「雑がみ」だけを入れ、たまったら袋ごと出す
  • 「雑がみ」だけを束ねて、ひもで十字にしばり、出す
  • 少量であれば雑誌にはさんで出す

「雑がみ」を含めた古紙は、夜出されると放火の危険性がありますので、回収日当日の朝、8時までに出していただくようお願いします。

雑がみの出し方を写真で紹介

お住まいの地域の古紙回収(集団回収)日をご確認ください

お住まいの地域の古紙回収(集団回収)日
お住まいの地域の古紙回収(集団回収)日については、「集団回収に資源を出したい方へ」のページでご確認ください。

出す時間、出す場所
原則として、回収日の午前8時までに、集団回収集積場所に出してください。
集団回収集積場所は、回収日当日の朝にオレンジ色の旗が出ている場所です。 必ずしも、ごみ集積所、びん缶集積所と同じではありませんので、ご注意ください。
お住まいの地域の集団回収集積場所がわからない場合は、ごみゼロ推進分野資源回収担当(電話03-3228-5555)へお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 ごみゼロ推進分野 

中野区中野四丁目9番4号

電話番号 03-3228-5563
ファクス番号 03-3228-5634
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート