•  
  • メール
最終更新日 2016年1月26日
ページID 013009印刷

地球温暖化をストップしよう 中野区地球温暖化防止条例を施行しています

私たちの生活と地球温暖化の関係

 エネルギーの大半は石油や石炭などの化石燃料を燃焼することで得られますが、これに伴い大気中にCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスが排出されます。
 エアコンなどの家電製品や自動車の利用が増えることは、便利な生活を実現する反面、エネルギーの大量消費により温室効果ガスが増えすぎ、宇宙に放出するはずの熱が大気中に封じ込められ、地球が温暖化します。
 地球温暖化が進むと、異常気象の増加や生態系への悪影響など、私たちの生活に深刻な影響を及ぼします。
 区では、地球温暖化防止対策を推進するため、平成23年7月から「中野区地球温暖化防止条例(以下「条例」という。)」を施行しています。

地球温暖化を防止する4つの対策

 区民や事業者のみなさんには、次の4つの取り組みをお願いします。

対策1 住宅や事務所などの断熱性を高めましょう(条例第6条)

  • 新築では、断熱性の高い、省エネ法の「平成25年基準」を満たす住宅や事務所などを建てましょう
  • リフォームでは、窓を交換するときは省エネ建材等級ラベルの星の数が多いものを選びましょう

 また、建築物の断熱性を向上するための措置を講じたと認められる当該建築物について、高断熱建築物として認証する制度を平成23年10月から開始しています。
 詳しい内容は、「中野区高断熱建築物の認証制度のご案内」をご覧ください。

対策2 再生可能エネルギーを利用した設備や省エネルギー性能の高い家電製品などを選びましょう(条例第7条)

  • 家庭用では、再生可能エネルギーを利用した設備や省エネルギーラベルの省エネ基準達成率が100%以上のものを選びましょう
  • 業務用では、東京都の「中小企業者向け省エネ促進税制」指定設備である省エネルギー設備や再生可能エネルギー設備を導入しましょう

対策3 環境に配慮した製品やサービスを選びましょう(条例第8条)

  • 日常生活で利用する製品やサービスについては、環境物品等(グリーン購入法に定められた物品等)を選びましょう

対策4 自動車の利用に配慮し、購入時はCO2排出量が少ないものを選びましょう(条例第9条)

  • できるだけ自動車の使用を控えるとともに、エコドライブを心がけましょう
  • CO2排出量が少ない自動車を選びましょう

区民、事業者、区の役割

 区民、事業者、区は相互に協力して地球温暖化防止対策を実施するよう努めましょう(条例第3条~第5条)

区民、事業者

 区民や事業者のみなさんは、地球温暖化の防止の必要性に対する理解を深め、個人や地域単位で環境活動(省エネの取り組みなど)やごみの減量、リサイクル、緑化などによりCO2排出量の削減に取り組みましょう。

中野区

 区は、なかのエコポイントや省エネ診断などにより、区民や事業者のみなさんを支援します。また、環境マネジメントシステムなどにより、自らCO2排出量の削減に取り組みます。

環境基金の設置

 区が実施する地球温暖化防止対策に要する財源を確保するため、中野区環境基金を設置します。(条例第10条~第14条)

地球温暖化防止対策審議会の設置

 区内における地球温暖化防止対策の効果的な実施を図るため、区長の附属機関として中野区地球温暖化防止対策審議会を設置します。(条例第15条、第16条)

表彰

 区長は、地球温暖化防止対策を積極的に実施する区民等や事業者の表彰に努めます。(条例第17条)

パンフレット「ストップ!地球温暖化」をご覧ください

 条例の内容を紹介したパンフレット「ストップ!地球温暖化」をご覧ください。

 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 地球温暖化対策分野 地球温暖化対策担当

区役所9階 9-18番窓口

電話番号 03-3228-6584
ファクス番号 03-3228-5673
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート